バルハム・サリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バルハム・サリフ
Barham Salih portrait.jpg
第10代 イラク共和国大統領
就任
2018年10月2日
首相 アーディル・アブドゥルマフディー
前任者 フアード・マアスーム
クルド自治政府第2代首相
任期
2009年10月28日 – 2012年4月5日
大統領 マスード・バルザニ
前任者 ネチルバン・バルザニ
後任者 ネチルバン・バルザニ
イラク共和国副首相
任期
2006年5月20日[1] – 2009年8月20日[2]
大統領 ジャラル・タラバニ
首相 ヌーリー・マーリキー
前任者 ロウシュ・シャウェイズ
後任者 ロウシュ・シャウェイズ
任期
2004年6月28日 – 2005年5月3日
首相 イヤード・アッラーウィー
前任者 連合国暫定当局
後任者 ロウシュ・シャウェイズ
クルド自治区第3代首相
任期
2001年1月21日 – 2004年7月20日
大統領 ジャラル・タラバニ
前任者 コスラート・ラスール・アリー
後任者 オマル・ファッターフ・フセイン(代行)
イラク・アメリカン大学スレイマニヤ校理事長
任期
2007年 – 2017年
前任者 (新設)
後任者 ジル・ダービー
個人情報
生誕 バルハム・アハマド・サリフ
(1960-07-12) 1960年7月12日(59歳)
イラクスレイマニヤ
国籍 イラク
政党 クルディスタン愛国同盟 (1976年 – 2017年、2018年 – )
協力政党 民主正義連合 (2018年 – )
配偶者 サルバフ・サリフ
住居 バグダードのラドワニーヤ邸
出身校 カーディフ大学
リヴァプール大学

バルハム・アハマド・サリフクルド語: بەرھەم ئەحمەد ساڵح‎アラビア語: برهم أحمد صالح‎、1960年7月12日 - )は、イラクの政治家。現大統領(第10代)[3]

クルディスタン地域(クルド自治区)首相やイラク連邦政府副首相などを歴任したのち、2018年10月2日に大統領に就任した。氏名はバルハム・サーレハとも表記される[4]

経歴[編集]

スレイマニヤ出身。バアス党政権時代の1979年、スレイマニヤ市内で抗議デモの写真を撮ったことがクルド民族主義運動への関与にあたるとして逮捕され、43日間拘留された。拘留先はキルクークの特別捜査委員会附属監獄で、拷問も受けた。釈放された後、高校を卒業し、絶え間ない迫害から逃れるためイギリスに渡った。

2009年のクルド自治区議会選挙で、サリフは選挙連合「クルディスタン・リスト」の候補者名簿筆頭に名を連ねた。クルディスタン・リストは111議席中59議席を獲得し、サリフはネチルバン・バルザニに代わってクルド自治政府の首相に就任した。首相在任中のクルド政治は、野党の変革運動が急速に力をつけ政府に対峙する一方、与党は牙城のスレイマニヤ市を失って現状維持に汲々とするという困難な状況にあった。2011年にはクルド人の抗議行動を受けて不信任決議案が提出されたが、否決された。その一方で、新たな原油法を起草・制定し、エクソン・モービルと初の大規模な契約を取り交わすなどした[5]クルディスタン民主党 (KDP) とクルディスタン愛国同盟 (PUK) との間で政治協約が成立すると、サリフは2012年4月5日に首相を退任した。後任には再びバルザニがついた[6]

2017年9月、サリフはPUKからの離党と新党「民主正義連合」の結成を表明し、来たるクルド自治区議会選挙に新党から臨むと述べた。PUK党首のジャラル・タラバニと変革運動党首のナウシルワン・ムスタファが相次いで亡くなった時期だったため、民主正義連合はクルド政局を一変させる可能性があるとみられた。サリフはKDPとPUKの連立政権に対抗するため、ゴラン運動やコマルといった他の野党にも結集を呼びかけた[7]

2018年9月19日、サリフがイラク大統領選にPUKから立候補することが発表された。その直前までサリフはPUKやKDPの汚職を追及するキャンペーンを展開していたため、ソーシャルメディアではサリフを日和見主義者と非難する書き込みが多くみられた[8][9][10]。一方で、その国際的な知名度と経験から、イラクの指導者にふさわしいと期待する向きもあった。10月2日に実施された投票で、サリフは219票を得票し、大統領に選出された[11]。対抗馬だったフアード・フセインは22票に留まった[12]

人物[編集]

妻のサルバフ・サリフはクルディスタン植物財団の創設者および代表で、女性人権活動家でもある。2人の子どもがいる[13]

脚注[編集]

  1. ^ The CIA World Factbook 2010, Book 2010. CIA. (2010). p. 331. ISBN 9781602397279. https://books.google.com/?id=pqanFyF6nI0C&pg=PA331#v=onepage&f=false. 
  2. ^ Dabbagh: Iraqi PM approves resignation of Barham Salih”. クルディスタン愛国同盟 (2009年4月10日). 2009年8月20日閲覧。
  3. ^ “Iraq elects Kurdish Barham Salih as president”. The National. (2018年10月2日). https://www.thenational.ae/world/mena/iraq-elects-kurdish-barham-salih-as-president-1.776522 
  4. ^ イラク共和国基礎データ 外務省、2019年6月7日閲覧。
  5. ^ “Iraqi Kurdistan confirms Exxon oil deal-minister”. Reuters. (2011年11月13日). https://www.reuters.com/article/2011/11/13/exxon-kurdistan-idUSL5E7MD04G20111113 2012年2月18日閲覧。 
  6. ^ Razzouk, Nayla (2012年3月5日). “Nechirvan Barzani to Take Over as Iraq Kurd Premier on March 7”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/2012-03-05/nechirvan-barzani-to-take-over-as-iraq-kurd-premier-on-march-7.html 
  7. ^ Rasheed, Honar Hama. “Kurdish Political Heavyweight Announces Plan To Shake Up Local Voters” (英語). Niqash. http://www.niqash.org/en/articles/politics/5750/Kurdish-Political-Heavyweight-Announces-Plan-To-Shake-Up-Local-Voters.htm 2018年1月6日閲覧。 
  8. ^ Twittersphere reacts with anger, hope, humour to Barham Salih news”. Rudaw. 2019年6月7日閲覧。
  9. ^ Barham Salih holds talks to rejoin PUK before Kurdistan election” (英語). Kurdistan24. 2019年6月7日閲覧。
  10. ^ CDJ to continue political, civil work after departure of Barham Salih”. www.nrttv.com. 2019年6月7日閲覧。
  11. ^ New Iraq President Barham Saleh names Adel Abdul Mahdi as PM”. BBC. 2018年10月4日閲覧。
  12. ^ Moderate Saleh wins Iraq presidency”. The Australian. 2018年10月4日閲覧。
  13. ^ من هو الرئيس العراقي الجديد” (アラビア語). 2019年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
コスラート・ラスール・アリー
クルド自治区の首相
(クルディスタン愛国同盟派)

2001年1月 - 2004年7月
次代:
オマル・ファッターフ・フセイン(代行)
先代:
(新設)
国家安全保障担当副首相
2004年6月 - 2005年5月
次代:
アハマド・チャラビ
ルズ・ヌーリー・シャウィース
アビード・ムトラーク・アル=ジュブーリー
先代:
マフディー・アル=ハーフィズ
企画・開発調整相
2005年5月 - 2006年5月
次代:
アリー・バーダーン
先代:
アハマド・チャラビ
ルズ・ヌーリー・シャウィース
アビード・ムトラーク・アル=ジュブーリー
国家安全保障担当副首相
2006年5月 - 2009年8月
次代:
ラフィー・アル=イサウィー
先代:
ネチルバン・イドリス・バルザニ
クルド自治区の首相
2009年8月 - 2012年1月
次代:
ネチルバン・イドリス・バルザニ
先代:
フアード・マアスーム
イラクの大統領
2018年 – 現職
次代:
現職