ジャラル・タラバニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャラール・タラバーニー
جەلال تاڵەباني
Jalal Talabani.jpg

イラクの旗 イラク共和国
第四共和政初代大統領
任期 2006年4月22日2014年7月24日
副大統領 アーデル・アブドゥル=マフディー

ターリク・アル=ハーシミー


任期 2005年4月7日2006年4月22日

出生 1933年11月12日
イラク王国の旗 イラクスレイマニヤ県
死去 (2017-10-03) 2017年10月3日(83歳没)
ドイツの旗 ドイツベルリン
政党 クルド愛国同盟
配偶者 Hero Ibrahim Ahmed (en)

ジャラール・タラバーニー (クルド語:ソラニー:جەلال تاڵەبانی / Celal Talebanî アラビア語:جلال طالباني, Jalāl Tālabānī、1933年11月12日 - 2017年10月3日)は、イラククルド人政党のクルド愛国同盟議長、2005年にイラク共和国大統領に就任。

活発な政治活動を続け、旧サッダーム・フセイン政権の弾圧にさらされながらクルド民族主義運動を率いてきた「英雄」の一人。

毛沢東選集をクルド語に訳したこともある。

1933年イラク北部スレイマニヤ県の中流家庭に生まれる。青年時代から政治活動を始め、バグダード大学法学部の学生時代、仲間と「クルド学生同盟」を結成。クルド民族運動の本流であるクルド民主党(KDP)に加わり、1951年には中央委員に選ばれている。

イラク軍での軍役経験も持つ一方、1961年、クルド民主党現指導者であるマスウード・バルザーニー英語版の父親で、クルド民主党創始者であるムッラームスタファ・バルザーニー英語版が指導した反政府蜂起(第一次クルド・イラク戦争英語版第二次クルド・イラク戦争英語版)にも参加した。

1975年、クルド民主党から離反しシリアクルド愛国同盟を設立。

政治、武装闘争の双方に練達したスタイルは「クルド政界のキツネ」といわれクルド人からはジャラルおじといわれている。

2005年クルド人初のイラク大統領に就任。

2007年2月25日、病を得てヨルダンのキング・フセイン病院に緊急搬送された。イラク当局は過労によるものと発表している。

2017年10月3日にドイツのベルリンにて死去[1]

死刑廃止論者でもある。

脚注[編集]

  1. ^ “イラク・タラバニ前大統領死去 クルド民族自決に尽力”. 産経新聞. (2017年10月4日). http://www.sankei.com/world/news/171004/wor1710040003-n1.html 2017年10月4日閲覧。 
公職
先代:
ガーズィー・ヤーワル
(暫定政府)
イラクの旗 イラク共和国大統領
移行政府:2005 - 2006
第四共和政初代:2006 - 2014
次代:
フアード・マアスーム
党職
先代:
(創設)
クルディスタン愛国同盟議長
初代:1975 - 2017
次代:
コスラット・ラスル・アリ英語版
(暫定)