イドリブ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イドリブ県
オリーブの林。イドリブ県の典型的な風景

イドリブ県(イドリーブ県、Idlib Governorate, アラビア語: مُحافظة إدلب, Muḥafaẓat Idlib)は、シリアの14あるの一つ。面積は5,933平方km[1]という資料や6,097平方km[2]という資料もある。人口は 1,359,000人(2007年推計)。県都はイドリブである。

地理[編集]

シリア北西部にあり、北はトルコに、東はアレッポ県に、南はハマー県に、西はラタキア県に接する。

経済[編集]

小麦綿花果実などを栽培する農業地帯である。

織物産業も見られていたが、後述するシリア内戦の激化に伴い閉鎖を余儀なくされている[3]

歴史[編集]

古くからシリアでも有数の肥沃な穀倉地帯であり、古代都市の建物などが崩れた跡はテルと呼ばれる丘(遺丘)となっている。特にエブラオリエントを解明する上でも重要な遺跡である。またヘレニズム期やローマ帝国時代の町や村の廃墟も散在する(シリアの世界遺産シリア北部の古村落群を参照)。

シリア内戦[編集]

2011年から始まったシリア内戦では、政府側と反体制側の支配地域が入り乱れる状況になった。治安も悪化し、2013年10月14日には、赤十字国際委員会とシリア・アラブ赤新月社のスタッフが武装集団に拉致されたほか、翌日には自動車爆弾の爆発により27人が死亡するテロも発生した[4]

2016年、県都近くのシーア派の町カフリーヤ英語版アル=フーア英語版を除いたほぼ全域が反政府軍支配下となる。

2018年、県内の大部分はタハリール・アル=シャーム(HTS)が掌握しているほか、国民解放戦線(NFL)も拠点を置く。県内に大きな影響力を持つトルコ(反政府側勢力を支援)とロシア(政府側を支援)は、HTSとNFLを引き離すことに合意し、県内に非武装地帯の設置が進められた[5]

2019年1月、タハリール・アル=シャームが県全域を完全掌握。同年5月にかけて県土がシリア政府軍とロシア軍からの激しい爆撃を受けることとなり、避難民の数は隣県のアレッポ県と合わせて15万2000人に達した[6]

2019年8月、主要地域からHTSとその協力団体が撤退する[7]

2019年10月26日、ハーレム郡バリシャ村近郊にて、アメリカ軍特殊部隊がISILの指導者アブー・バクル・アル=バグダーディーの居場所を特定して襲撃(カイラ・ミューラー作戦)。死亡させた[8]。襲撃には、ロシア軍が管轄するシリア領の上空をアメリカ軍のヘリコプターが移動するという、イドリブ県の複雑な状況の中で行われた[9]

行政区分[編集]

イドリブ県には5郡が属する。

[編集]

  1. アリーハー郡英語版(Arihah District)
  2. ハーレム郡英語版(Harem District)
  3. イドリブ郡英語版(Idlib District) - イドリブ
  4. ジスル・アッ=シュグール郡英語版(Jisr ash-Shugur District)
  5. マアッラト・アン=ヌウマーン郡英語版(Ma'arrat al-Numan District) - マアッラト・アン=ヌウマーン

主要都市[編集]

県内にはイドリブマアッラト・アン=ヌウマーンなどの街がある。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.statoids.com/usy.html
  2. ^ Syria - City Population - Cities, Towns & Provinces - Statistics & Map [1]
  3. ^ 閉鎖強いられるシリアの織物工房、紛争で糸入手困難にAFP通信(2016年12月21日)2016年12月25日閲覧
  4. ^ “赤十字メンバーら7人拉致される、シリア”. AFP (フランス通信社). (2013年10月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/3001400 2013年10月19日閲覧。 
  5. ^ シリア反体制派、イドリブ非武装地帯から重火器撤去開始”. AFP (2018年10月7日). 2018年10月12日閲覧。
  6. ^ シリア北西部、1週間で15万人超が避難 政権側が攻勢強化”. AFP. 2019年5月7日閲覧。
  7. ^ 動画:シリア反体制派、イドリブ県の主要地域から撤退 救助活動続く”. AFP. 2019年8月22日閲覧。
  8. ^ 米軍急襲のIS指導者、側近が居場所特定の鍵に”. ロイター (2019年10月28日). 2019年10月28日閲覧。
  9. ^ トランプ大統領 バグダディの殲滅を宣言 作戦の詳細をつまびらかに”. スプートニク通信社 (2019年10月28日). 2019年10月28日閲覧。