東トルキスタンイスラム運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東トルキスタンイスラム運動
東突厥斯坦伊斯蘭運動
حركة شرق تركستان الإسلامية
東トルキスタン独立運動シリア内戦に参加
Flag of Turkistan Islamic Party.svg
東トルキスタン・イスラム運動の旗
活動期間 1997年 - 現在
活動目的 ウイグル族の民族自決
イスラーム原理主義
氏族 / 部族 ウイグル
指導者 ハッサン・マフスーム
アブドゥカディル・ヤプケン
本部  パキスタン
活動地域 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
 パキスタン
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
シリアの旗 シリア
関連勢力 アルカーイダの旗 アルカーイダ
Flag of the Islamic State of Iraq and the Levant2.svgISIL
Flag of the Al-Nusra Front.svgアル=ヌスラ戦線
Flag of Tehrik-i-Taliban.svgパキスタン・ターリバーン運動
敵対勢力 Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国
Flag of Pakistan.svg パキスタン[1][2]
Flag of Syria.svg アサド政権
InfoboxHez.PNG ヒズボラ[3]
イランの旗 イラン イスラム革命防衛隊[3]
Flag of Afghanistan.svg アフガニスタン[4]
Flag of Kazakhstan.svg カザフスタン
Flag of Uzbekistan.svg ウズベキスタン
Flag of Kyrgyzstan.svg キルギス[5]
テンプレートを表示

東トルキスタン・イスラム運動(ひがしトルキスタン・イスラムうんどう、Eastern Turkistan Islamic Movement、略称ETIM)は、新疆ウイグル自治区東トルキスタンとして中華人民共和国から分離独立させることを目標してイスラーム過激派組織である。中国当局に逮捕された後に国外へ逃亡した最高指導者ハッサン・マフスームが、アブドゥカディル・ヤプケンとともに1997年に「トルキスタン・イスラム党」(TIP)として設立された。

2002年8月アメリカ合衆国の駐キルギス大使館に対するテロ計画が発覚し、同年9月11日国際連合によって「テロ組織」とされた[6]

中国政府は2003年12月にTIPをETIMとしてテロ組織に指定した[7]欧州連合[8]、キルギス[9]カザフスタン[10]ロシア[11]アラブ首長国連邦[12][13]イギリス[14][15]、米国[16]パキスタン[17]などもテロ組織に指定した。

トルキスタン・イスラム党は2008年5月21日イスラム主義者のフォーラムであるAl-Ikhlasで、党報道部発行として党の綱領を掲載した。それによると、「党はアッラーのためジハードを推進する集団であり、異教徒共産主義中国から、ムスリム東トルキスタンを解放することを目的とする。イスラム世界の全ムスリムムジャヒデンと協力し、イスラムカリフを回復し全世界にシャリーアを施行する」とされている。

綱領の中の行動目標や行動指針には、ジハード敢行の為のムスリムトルキスタン人青年への訓練実施や、ジハード対象として軍人、役人、政治家、経済人の如何を問わず、ジハードの攻撃対象であると定められている[18]。同じイスラム教を信仰する回族イフワーン派英語版ムスリム同胞団と同じ名前だが、別の集団)に対しても中国政府に従順であるとして敵対している[19][20]

マフスームは2003年10月2日パキスタン領内のアフガニスタン国境近くでアルカーイダ掃討作戦中のパキスタン軍によって殺害された[21]

近年の動向[編集]

2005年7月、トルコでの集会で北京オリンピック上海国際博覧会の阻止を表明。同年9月、天山獅子隊が戦闘宣言を発する。

2007年1月5日、中国公安当局がETIMの訓練キャンプを攻撃。18名を殺害し17名を拘束と発表(同月8日)。

2008年7月21日雲南省昆明市内で複数のバスを爆破し、乗客2人が死亡した「テロ事件」の実行犯である「トルキスタン・イスラーム党」と名乗る組織はETIMと同一の組織であると見られており[22][23]、日本の外務省もETIMの別名であるとしている。

2011年7月30日から31日にかけてカシュガル市で発生した連続殺傷事件について、中国治安当局は犯人グループをETIMのキャンプで訓練を受けたイスラム教過激派集団であると断定しており、同年8月末頃にトルキスタン・イスラーム党を名乗る組織も自ら犯行声明を出している[24]

2012年8月24日、指導者のアブドゥッシャクール・アッ=トゥルキスターニー英語版CIA無人機にパキスタンで殺害された[25]

2013年10月28日天安門前に自動車が侵入し、群集を巻き込んだ後炎上した。この事件で男性観光客1人を含む五人が死亡、日本人を含む38人が重軽傷を負う事件が発生した[26]。中国当局は車内で死亡した3人のほか容疑者のウイグル族5人を拘束した[27]

また、中国当局は、トルキスタンイスラム運動がこの事件を「聖戦」と評価し、今後も新たな標的として、人民大会堂を含む中国国内の複数の地点で襲撃活動を行うとする声明を出した事や、過去の類似の事件への同組織の関与から、この事件が東トルキスタン・イスラム運動の指示があったと判断し、摘発を強化すると発表した[28][29]

2014年7月に中国最大の清真寺モスク)であるエイティガール寺院で起きたイマームジュメ・タヒール英語版師殺害事件を支持した[30]

シリア内戦に反政府勢力として参加しアル=ヌスラ戦線などと共闘している[31][32]。また2014年12月15日、環球時報が報じたところによると、東トルキスタンイスラム運動に加盟しているイスラム過激思想を持つ中国出身のウイグル人約300人が、過激派組織ISILに参加しているとされる。[33][34]。2017年1月、東トルキスタンイスラム運動シリア支部の司令官であるアブ・オマール・アル=トゥルキスターニー英語版が米軍の無人機によってシリアで殺害されたことを環球時報は歓迎した[35]

脚注[編集]

  1. ^ http://tribune.com.pk/story/791954/zarb-e-azb-army-says-90-of-north-waziristan-cleared/
  2. ^ http://tribune.com.pk/story/722202/army-launches-operation-in-north-waziristan/
  3. ^ a b Syrian rebels pour men and missiles into frontlines”. The Fiscal Times. 2015年10月17日閲覧。
  4. ^ http://afghanistan24h.appspot.com/mps-question-ansf-effectiveness-amid-growing-threats.html
  5. ^ “Kyrgyzstan says kills 11 Uighur militants near Chinese border”. Reuters. (Fri Jan 24, 2014 11:05am EST). http://www.reuters.com/article/2014/01/24/us-kyrgyzstan-uighurs-idUSBREA0N16J20140124 
  6. ^ Designation of the Eastern Turkistan Islamic Movement Under UNSC Resolutions 1267 and 1390”. アメリカ合衆国国務省 (2002年9月11日). 2019年7月4日閲覧。
  7. ^ 公安調査庁『国際テロリズム要覧』(要約版)「東トルキスタン・イスラム運動」2014年3月2日閲覧
  8. ^ Consolidated TEXT: 32002R0881 — EN — 10.10.2015”. eur-lex.europa.eu. 2016年8月25日閲覧。
  9. ^ Tom Lansford (24 March 2015). Political Handbook of the World 2015. SAGE Publications. pp. 818–. ISBN 978-1-4833-7158-0. https://books.google.com/books?id=PdWTBwAAQBAJ&pg=PA818&dq=list+uzbekistan+organizations+turkestan&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwillomIypPMAhXFMj4KHcwdDcs4ChDoAQg7MAY#v=onepage&q=list%20uzbekistan%20organizations%20turkestan&f=false 
  10. ^ Mariya Y. Omelicheva (13 September 2010). Counterterrorism Policies in Central Asia. Routledge. pp. 131–. ISBN 978-1-136-92372-2. https://books.google.com/books?id=ycYtCgAAQBAJ&pg=PA131&dq=kazakhstan+designated+organizations+islamic+party&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwimoorrxpPMAhWikIMKHbqeC3sQ6AEIHTAA#v=onepage&q=kazakhstan%20designated%20organizations%20islamic%20party&f=false American Foreign Policy Council (30 January 2014). The World Almanac of Islamism: 2014. Rowman & Littlefield Publishers. pp. 673–. ISBN 978-1-4422-3144-3. https://books.google.com/books?id=9fQ3AwAAQBAJ&pg=PA673&dq=kazakhstan+designated+organizations+islamic+party&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwimoorrxpPMAhWikIMKHbqeC3sQ6AEIKTAC#v=onepage&q=kazakhstan%20designated%20organizations%20islamic%20party&f=false J. Todd Reed; Diana Raschke (2010). The ETIM: China's Islamic Militants and the Global Terrorist Threat. ABC-CLIO. pp. 206–. ISBN 978-0-313-36540-9. https://books.google.com/books?id=5I2b_hrJO8sC&pg=PA206&dq=kazakhstan+designated+organizations+islamic+party&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwimoorrxpPMAhWikIMKHbqeC3sQ6AEILzAD#v=onepage&q=kazakhstan%20designated%20organizations%20islamic%20party&f=false  Terrorism Documents of International and Local Control: Volumes 90 and 91. Oxford University Press. (29 July 2008). pp. 168–. ISBN 978-0-19-538101-6. https://books.google.com/books?id=K3LnCwAAQBAJ&pg=PA168&dq=kazakhstan+designated+organizations+islamic+party&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwimoorrxpPMAhWikIMKHbqeC3sQ6AEIPjAG#v=onepage&q=kazakhstan%20designated%20organizations%20islamic%20party&f=false 
  11. ^ هؤلاء انغماسيو أردوغان الذين يستوردهم من الصين - عربي أونلاين”. 3arabionline.com (2017年1月31日). 2017年8月29日閲覧。
  12. ^ List of groups designated terrorist organisations by the UAE”. The National (Abu Dhabi). 2015年5月19日閲覧。“مجلس الوزراء يعتمد قائمة التنظيمات الإرهابية.”. Emirates News Agency (WAM) وكالة أنباء الإمارات. (2014年11月15日). オリジナルの2014年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141117230142/http://www.wam.ae/ar/news/emirates-arab-international/1395272465559.html 2014年11月16日閲覧。 “UAE cabinet endorses new list of terrorist groups”. Kuwait News Agency (KUNA) وكالة الأنباء الكويتية. (2014年11月15日). オリジナルの2014年11月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141129034608/https://www.kuna.net.kw/ArticleDetails.aspx?id=2408700&Language=en 2014年11月16日閲覧。 “UAE blacklists 5 Pakistani groups among 83 as 'militant organisations”. The Express Tribune. (2014年11月15日). http://tribune.com.pk/story/791818/uae-blacklists-6-pakistani-groups-among-80-as-militant-organisations/ 2014年11月16日閲覧。 
  13. ^ Archived copy”. 2016年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月10日閲覧。
  14. ^ Martina, Michael; Blanchard, Ben; Spring, Jake (2016年7月20日). “Britain adds Chinese militant group to terror list”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-china-britain-security-idUSKCN1000PT 
  15. ^ https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/538297/20160715-Proscription-website-update.pdf
  16. ^ "U.S.Department of State Terrorist Exclusion List" (Retrieved on 29 July 2014).
  17. ^ Three groups active in Xinjiang banned - Pakistan”. Dawn.Com (2013年10月24日). 2017年8月29日閲覧。
  18. ^ 東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)イスラム党中国にジハードの宣戦布告 MEMRI 中東報道研究機関 (2008年6月3日) 2017年2月20日閲覧。
  19. ^ Zenn, Jacob (March 17, 2011). “Jihad in China? Marketing the Turkistan Islamic Party”. Terrorism Monitor (The Jamestown Foundation) 9 (11). https://jamestown.org/program/jihad-in-china-marketing-the-turkistan-islamic-party/ 2019年7月9日閲覧。. 
  20. ^ Zenn, Jacob (February 2013). Terrorism and Islamic Radicalization in Central Asia A Compendium of Recent Jamestown Analysis. p. 57. http://www.jamestown.org/uploads/media/Jamestown_articles_-_Terrorism_in_Central_Asia_February_2013.pdf 2019年7月9日閲覧。. 
  21. ^ “Chinese militant 'shot dead'” (英語). BBC NEWS (英国放送協会). (2003年12月23日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3343241.stm 2011年9月8日閲覧。 
  22. ^ The National Terror Alert: Terror Attacks Threatened During Beijing Olympics - Turkestan Islamic Party ‘ETIM’
  23. ^ GlobalVoice Online: Unheard of ‘Turkestan Islamic Party' claims recent bombings
  24. ^ “「中国へ復讐」…ウイグル独立派がテロ犯行声明”. 読売新聞. (2011年9月8日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110908-OYT1T00860.htm?from=main5 2011年9月8日閲覧。 
  25. ^ Declan Walsh & Eric Schmitt (24 August 2012). "Militant Leader Believed Dead in Pakistan Drone Strike". NY Times.
  26. ^ 天安門前で車突入、5人死亡 故意の可能性-日本経済新聞2013年11月4日閲覧
  27. ^ ウイグル族5人を拘束=「テロ」断定、死亡3人は家族-天安門突入炎上事件・中国-時事通信2013年11月4日閲覧
  28. ^ 「東トルキスタン運動」が指示=天安門突入-国家指導部が初言及・中国-時事通信2013年11月4日閲覧
  29. ^ イスラム武装組織、「天安門広場の車突入は聖戦」 追加攻撃も予告 AFP通信 (2013年11月24日)2017年2月20日閲覧
  30. ^ Zenn, Jacob (10 October 2014). "An Overview of Chinese Fighters and Anti-Chinese Militant Groups in Syria and Iraq". China Brief. The Jamestown Foundation. 14 (19).
  31. ^ Weiss, Caleb (2015年4月23日). “Turkistan Islamic Party in Syria involved in new Idlib offensive”. Long War Journal. http://www.longwarjournal.org/archives/2015/04/turkistan-islamic-party-in-syria-involved-in-new-idlib-offensive.php 
  32. ^ 中国取材班 (2016年1月3日). “チャイナセンセーション第1部一帯一路の行方/4(その1)「テロの道」へ懸念ウイグル人、シリアで訓練”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20160103/ddm/001/030/114000c 2016年1月13日閲覧。 
  33. ^ 竹内誠一郎 (2014年12月16日). “ウイグル族ら300人「イスラム国」に…中国紙”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20141216-OYT1T50084.html 2014年12月17日閲覧。 
  34. ^ 阿部哲也 (2014年12月16日). “「イスラム国」戦闘員、中国から300人合流か”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H6O_W4A211C1FF1000/ 2014年12月17日閲覧。 
  35. ^ Ai Jun (3 January 2017). "Strike on ETIM chief points to joint Sino-US anti-terror action". Global Times.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]