アメリカ合衆国国務長官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国務長官
Secretary of State of
the United States of America
Seal of the United States Secretary of State.svg
国務長官章
Flag of the United States Secretary of State.svg
国務長官旗
Mike Pompeo official photo.jpg
現職者
マイク・ポンペオ(第70代)
Mike Pompeo

就任日 2018年4月26日
行政府
種類 閣僚
所属機関 大統領顧問団
担当機関 国務省
指名 大統領
ドナルド・トランプ
任命 上院の承認
前身 外務長官
初代就任 1789年4月6日
初代 トーマス・ジェファーソン
継承 第4位
職務代行者 国務副長官
スティーブン・ビーガン
ウェブサイト www.state.gov

アメリカ合衆国国務長官(アメリカがっしゅうこくこくむちょうかん、: Secretary of State of the United States)は、アメリカ合衆国外交を担当するアメリカ合衆国大統領顧問団の1人。日本外務大臣に相当する。

アメリカ合衆国大統領が指名し、アメリカ合衆国上院の指名承認公聴会での質疑応答を経た後でアメリカ合衆国上院本会議にて出席議員の過半数以上の賛成多数をもって就任が承認される。

初代アメリカ合衆国国務長官はトーマス・ジェファーソンで、現在の(2020年8月時点)アメリカ合衆国国務長官はマイク・ポンペオである。

概要[編集]

キッシンジャー国務長官宛てに書かれたニクソンの辞表(1974年8月9日)

アメリカ合衆国国務長官はアメリカ合衆国国務省の長であり閣僚の一員であるが、諸外国における外相よりも強力な権限を持ち、ときには外交のみならず通商・国家行事なども統括することがある。

またアメリカ合衆国政府の首席閣僚であり、アメリカ合衆国憲法第2条第1節の6の規定に基づき制定された大統領権限継承法の定めるところにより、大統領が欠けた場合のアメリカ合衆国大統領の継承順位アメリカ合衆国副大統領アメリカ合衆国上院議長を兼務)・下院議長上院仮議長に次いで第4位に位置付けられており、非国会議員(立法と行政を厳格に分離する大統領制のもとでは、閣僚が議員を兼ねることは無い)のなかでは最上位である。

このためアメリカ合衆国国務長官の地位は実務的には大統領に次ぐ事実上の行政府ナンバー2に近い扱いである。これによって政権の支持率までもが左右されることもあるため、当ポストは政権の最重要人事の一つとなっている。1973年リチャード・ニクソン大統領はベトナム和平交渉を主導し各界から信望を得ていたヘンリー・キッシンジャー国家安全保障問題担当大統領補佐官をアメリカ合衆国国務長官に任命し、政権の浮揚を計っている。キッシンジャーはこの直後にノーベル平和賞を受賞したためこの人事は大成功と思われたが、ニクソンは翌年のウォーターゲート事件によって辞任を余儀無くされる。このとき大統領が辞表を提出したのもキッシンジャーに対してであった。

歴代アメリカ合衆国国務長官[編集]

アメリカ合衆国国務長官[編集]

国務長官 在任期間 大統領
就任 退任
1 トーマス・ジェファーソン 1790年3月22日 1793年12月31日 ジョージ・ワシントン
2 エドムンド・ランドルフ 1794年1月2日 1795年8月20日
3 ティモシー・ピカリング 1795年12月10日 1800年5月12日 ジョージ・ワシントン
ジョン・アダムズ
4 ジョン・マーシャル 1800年6月6日 1801年2月4日 ジョン・アダムズ
5 ジェームズ・マディソン 1801年5月2日 1809年3月3日 トーマス・ジェファーソン
6 ロバート・スミス 1809年3月6日 1811年4月1日 ジェームズ・マディソン
7 ジェームズ・モンロー 1811年4月6日 1814年9月30日 ジェームズ・マディソン
1815年2月28日 1817年3月3日
8 ジョン・クィンシー・アダムズ 1817年9月22日 1825年3月3日 ジェームズ・モンロー
9 ヘンリー・クレイ 1825年3月7日 1829年3月3日 ジョン・クィンシー・アダムズ
10 マーティン・ヴァンビューレン 1829年3月28日 1831年3月23日 アンドリュー・ジャクソン
11 エドワード・リヴィングストン 1831年5月24日 1833年5月29日
12 ルイス・マクレーン 1833年5月29日 1834年6月30日
13 ジョン・フォーサイス 1834年7月1日 1841年3月3日 アンドリュー・ジャクソン
マーティン・ヴァンビューレン
14 ダニエル・ウェブスター 1841年3月6日 1843年5月8日 ウィリアム・ハリソン
ジョン・タイラー
15 エイベル・アップシャー 1843年7月24日 1844年2月28日 ジョン・タイラー
16 ジョン・カルフーン[1] 1844年4月1日 1845年3月10日
17 ジェームズ・ブキャナン[1] 1845年3月10日 1849年3月7日 ジェームズ・ポーク
18 ジョン・クレイトン 1849年3月8日 1850年7月22日 ザカリー・テイラー
ミラード・フィルモア
19 ダニエル・ウェブスター 1850年7月23日 1852年10月24日 ミラード・フィルモア
20 エドワード・エヴァレット 1852年11月6日 1853年3月3日 ミラード・フィルモア
21 ウィリアム・マーシー[1] 1853年3月7日 1857年3月6日 フランクリン・ピアース
22 ルイス・カス 1857年3月6日 1860年12月14日 ジェームズ・ブキャナン
23 ジェレマイア・ブラック[1] 1860年12月17日 1861年3月5日 ジェームズ・ブキャナン
24 ウィリアム・スワード 1861年3月6日 1869年3月4日 エイブラハム・リンカーン
アンドリュー・ジョンソン
25 エリフー・ウォッシュバーン英語版 1869年3月5日 1869年3月16日 ユリシーズ・グラント
26 ハミルトン・フィッシュ[1] 1869年3月17日 1877年3月12日 ユリシーズ・グラント
27 ウィリアム・エヴァーツ[1] 1877年3月12日 1881年3月7日 ラザフォード・ヘイズ
28 ジェームズ・ブレイン 1881年3月7日 1881年12月19日 ジェームズ・ガーフィールド
チェスター・アーサー
29 フレデリック・フリリングハイゼン[1] 1881年12月19日 1885年3月6日 チェスター・アーサー
30 トーマス・ベイヤード英語版[1] 1885年3月7日 1889年3月6日 グロバー・クリーブランド
31 ジェームズ・ブレイン 1889年3月7日 1892年6月4日 ベンジャミン・ハリソン
32 ジョン・フォスター英語版 1892年6月29日 1893年2月23日 ベンジャミン・ハリソン
33 ウォルター・グレシャム 1893年3月7日 1895年5月28日 グロバー・クリーブランド
34 リチャード・オルニー英語版[1] 1895年6月10日 1897年3月5日 グロバー・クリーブランド
35 ジョン・シャーマン 1897年3月6日 1898年4月27日 ウィリアム・マッキンリー
36 ウィリアム・デイ 1898年4月28日 1898年9月16日 ウィリアム・マッキンリー
37 ジョン・ヘイ 1898年9月30日 1905年7月1日 ウィリアム・マッキンリー
セオドア・ルーズベルト
38 エリフ・ルート 1905年7月19日 1909年1月27日 セオドア・ルーズベルト
39 ロバート・ベイコン[1] 1909年1月27日 1909年3月5日 セオドア・ルーズベルト
40 フィランダー・ノックス英語版[1] 1909年3月6日 1913年3月5日 ウィリアム・タフト
41 ウィリアム・ブライアン 1913年3月5日 1915年6月9日 ウッドロウ・ウィルソン
42 ロバート・ランシング 1915年6月24日 1920年2月13日 ウッドロウ・ウィルソン
43 ベインブリッジ・コルビー英語版 1920年3月23日 1921年3月4日 ウッドロウ・ウィルソン
44 チャールズ・ヒューズ 1921年3月5日 1925年3月4日 ウォレン・ハーディング
カルビン・クーリッジ
45 フランク・ケロッグ 1925年3月5日 1929年3月28日 カルビン・クーリッジ
ハーバート・フーヴァー
46 ヘンリー・スティムソン 1929年3月28日 1933年3月4日 ハーバート・フーヴァー
47 コーデル・ハル 1933年3月4日 1944年11月30日 フランクリン・ルーズベルト
48 エドワード・ステティニアス 1944年12月1日 1945年6月27日 フランクリン・ルーズベルト
ハリー・トルーマン
49 ジェームズ・バーンズ 1945年7月3日 1947年1月21日 ハリー・トルーマン
50 ジョージ・マーシャル 1947年1月21日 1949年1月20日
51 ディーン・アチソン 1949年1月21日 1953年1月20日
52 ジョン・ダレス 1953年1月21日 1959年4月22日 ドワイト・アイゼンハワー
53 クリスチャン・ハーター 1959年4月22日 1961年1月20日
54 ディーン・ラスク 1961年1月21日 1969年1月20日 ジョン・ケネディ
リンドン・ジョンソン
55 ウィリアム・P・ロジャーズ英語版 1969年1月22日 1973年9月3日 リチャード・ニクソン
56 ヘンリー・キッシンジャー 1973年9月22日 1977年1月20日 リチャード・ニクソン
ジェラルド・フォード
57 サイラス・ヴァンス 1977年1月23日 1980年4月28日 ジミー・カーター
58 エドマンド・マスキー 1980年5月8日 1981年1月18日
59 アレクサンダー・ヘイグ 1981年1月22日 1982年7月5日 ロナルド・レーガン
60 ジョージ・シュルツ 1982年7月16日 1989年1月20日
61 ジェイムズ・ベイカー 1989年1月25日 1992年8月23日 ジョージ・H・W・ブッシュ
62 ローレンス・イーグルバーガー 1992年12月8日 1993年1月20日
63 ウォーレン・クリストファー 1993年1月20日 1997年1月17日 ビル・クリントン
64 マデレーン・オルブライト 1997年1月23日 2001年1月20日
65 コリン・パウエル 2001年1月20日 2005年1月26日 ジョージ・W・ブッシュ
66 コンドリーザ・ライス 2005年1月26日 2009年1月20日
67 ヒラリー・クリントン 2009年1月21日 2013年2月1日 バラク・オバマ
68 ジョン・ケリー 2013年2月1日 2017年1月20日
69 レックス・ティラーソン 2017年2月1日 2018年3月31日 ドナルド・トランプ
70 マイク・ポンペオ 2018年4月26日 (現職)
- アントニー・ブリンケン 2021年(予定) ジョー・バイデン
(当選者)

アメリカ合衆国国務長官代理[編集]

アメリカ合衆国国務長官に限らずアメリカ合衆国上院における新閣僚の承認の手続きには、公聴会・委員会採決・本会議採決などに少なくとも数日から1週間の期間を要する。アメリカ合衆国大統領選挙後の新政権発足時には通常新大統領が全ての閣僚を新たに指名するので、アメリカ合衆国上院はその承認手続きで大忙しとなる。このため新大統領の就任までに新しいアメリカ合衆国国務長官の承認が間に合わず、アメリカ合衆国国務長官が短期間不在になることが多い。こうした事態を極力避けるため、今日ではアメリカ合衆国大統領当選者が就任前にあらかじめ新閣僚の指名を行い、アメリカ合衆国上院はそれに基づいて承認手続きをかなり早い時点で開始することが通例となっている[2]

またアメリカ合衆国国務長官が死去したり職務不能になった場合や(ただしこれまでにそうした例はない)、アメリカ合衆国国務長官が他のポストに転出したり、やむなき理由により直ちに辞任した場合にもアメリカ合衆国国務長官が一時的に不在になることがある。こうした場合はアメリカ合衆国大統領が指名した後任の者をアメリカ合衆国上院が承認するまでの間、他の公職にある者がアメリカ合衆国国務長官の職務を兼任というかたちで代理する。今日ではアメリカ合衆国国務省の次官級の役職にある者がこの代理務めることが多いが、かつては他の省庁の長官や最高裁判所長官などがこれを兼任することもあった。

以下表中の「代」は代理者が引き継いだアメリカ合衆国国務長官の歴代数に対応する。同じ数字が続くところは代理が代理を引き継いでいるためである。「本官」は代理者の本来の公職。

国務長官代理 在任期間 本官
兼任 退任
2 ティモシー・ピカリング 1795年8月20日 1795年12月9日 陸軍長官
3 チャールズ・リー 1800年5月13日 1800年6月5日 司法長官
4 ジョン・マーシャル 1801年2月4日 1801年3月4日 最高裁判所長官[3]
4 リーヴァイ・リンカーン 1801年3月5日 1801年5月1日 司法長官
7 ジェームズ・モンロー 1814年10月1日 1815年2月28日 陸軍長官[4]
7 ジョン・グラハム 1817年3月4日 1817年3月9日 国務省首席事務官
7 リチャード・ラッシュ 1817年3月10日 1817年9月22日 司法長官
8 ダニエル・ブレント 1825年3月4日 1825年3月7日 国務省首席事務官
9 ジェイムズ・ハミルトン 1829年3月4日 1829年3月27日 (民間人[5]
13 ジェイコブ・マーティン 1841年3月4日 1841年3月5日 国務省首席事務官
14 ヒュー・レグリー 1843年5月9日 1843年6月20日 司法長官
14 ウィリアム・デリック 1843年6月21日 1843年6月23日 国務省首席事務官
14 エイベル・アップシャー 1843年6月24日 1843年7月23日 海軍長官
15 ジョン・ネルソン 1844年2月29日 1844年3月31日 司法長官
19 チャールズ・コンラッド 1852年10月25日 1852年11月5日 陸軍長官
20 ウィリアム・ハンター 1853年3月4日 1853年3月7日 国務省首席事務官
22 ウィリアム・ハンター 1860年12月15日 1860年12月16日 国務省首席事務官
31 ウィリアム・ウォートン 1892年6月4日 1892年6月29日 国務次官補
32 ウィリアム・ウォートン 1893年2月24日 1893年3月6日 国務次官補
33 エドウィン・ウール 1895年5月28日 1895年6月9日 国務次官補
36 アルヴィー・エイディー 1898年9月17日 1898年9月29日 第二国務次官補
37 フランシス・ルーミス 1905年7月1日 1905年7月18日 国務次官補
41 ロバート・ランシング 1915年6月9日 1915年6月23日 国務省参事官
42 フランク・ポーク 1920年2月14日 1920年3月12日 国務次官
48 ジョーゼフ・グルー 1945年6月28日 1945年7月3日 国務次官
51 フリーマン・マシューズ 1953年1月20日 1953年1月21日 国務副次官
53 リヴィングストン・マーチャント 1961年1月20日 1961年1月21日 国務次官(政治担当)
54 チャールズ・E・ボーレン 1969年1月20日 1969年1月22日 国務副次官(政治担当)
55 ケネス・ラッシュ 1973年9月3日 1973年9月22日 国務副長官
56 フィリップ・ハビブ 1977年1月20日 1977年1月23日 国務次官(政治担当)
57 ウォレン・クリストファー 1980年4月28日 1980年5月2日 国務副長官
57 デイヴィッド・D・ニューサム 1980年5月2日 1980年5月3日 国務次官(政治担当)
57 リチャード・クーパー 1980年5月3日 1980年5月3日 国務次官(経済担当)
57 ディヴィッド・ニューサム 1980年5月3日 1980年5月4日 国務次官(政治担当)
57 ウォレン・クリストファー 1980年5月4日 1980年5月8日 国務副長官
59 ウォルター・ストーセル 1982年7月5日 1982年7月16日 国務副長官
60 マイケル・アマコスト 1989年1月20日 1989年1月25日 国務次官(政治担当)
61 ローレンス・イーグルバーガー 1992年8月23日 1992年12月8日 国務副長官
62 アーノルド・カンター 1993年1月20日 1993年1月20日 国務次官(政治担当)
62 フランク・ウィズナー 1993年1月20日 1993年1月20日 国務次官(国際安全保障担当)
66 ウィリアム・バーンズ 2009年1月20日 2009年1月21日 国務次官(政治担当)
67 トーマス・A・シャノン・ジュニア 2017年1月20日 2017年2月1日 国務次官(政治担当)
69 ジョン・J・サリバン 2018年4月1日 2018年4月26日 国務副長官

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 後任の国務長官が指名承認されるまで、次の大統領の下で短期間(8日以内)在任。
  2. ^ 例えばオバマ大統領1期目の内閣でアメリカ合衆国国務長官を務めたヒラリー・クリントンの場合はその指名・承認の経緯は以下の通りだったが、これだけ前もって手続きを始めても承認が新大統領の就任式に間に合わず、結果的に1月20日正午から21日午後までの1日間に渡ってアメリカ合衆国国務長官が不在となり、代理をおいたことがわかる。
    • 2008年11月4日 大統領選挙でバラク・オバマ候補の勝利が確定。
    • 2008年11月中旬 バラク・オバマ次期大統領がヒラリー・クリントン上院議員に次期アメリカ合衆国国務長官就任を打診。
    • 2008年11月21日 ヒラリー・クリントン上院議員が次期国務長官就任を受諾。
    • 2008年12月1日 バラク・オバマ次期大統領がヒラリー・クリントン上院議員を次期アメリカ合衆国国務長官に正式指名。
    • 2009年1月3日 第111議会が開会。
    • 2009年1月8日 大統領選挙人団による投票でバラク・オバマ次期大統領を正式に選出。
    • 2009年1月13日 アメリカ上院外交委員会がヒラリー・クリントン上院議員を召還し公聴会を開始。
    • 2009年1月15日 アメリカ上院外交委員会が賛成16反対1でヒラリー・クリントン次期国務長官を承認。
    • 2009年1月20日 正午をもってバラク・オバマ大統領が44代目アメリカ合衆国大統領に就任した。
    • 2009年1月21日 アメリカ上院本会議が賛成94反対2でヒラリー・クリントン次期国務長官を承認し、同日午後にヒラリー・クリントンが67代目アメリカ合衆国国務長官に就任した。
  3. ^ 国務長官が最高裁長官に転出したことに伴い、前任者本人が後任者承認までの期間を兼任。
  4. ^ 国務長官が陸軍長官に一時転出したことに伴い、前任者本人が国務長官に復職するまでの期間を兼任。
  5. ^ 弁護士。初代財務長官アレクサンダー・ハミルトンの三男。ジャクソン大統領との個人的な親交により、任命者承認までの期間を特例として代理。

外部リンク[編集]