デリゾール県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デリゾール県
アブ・カマルを流れるユーフラテス川

デリゾール県(ダイルアッザウル県、Deir ez-Zor Governorate, アラビア語: دير الزور, Dair az-Zaur)は、シリアの14あるの一つ。県都はデリゾール(ダイルアッザウル)である。面積は33,060平方km[1]、人口は1,094,000人(2007年推計)。

地理[編集]

シリア東部にあり、北はハサカ県に、西はラッカ県ホムス県に、東と南はイラク国境に接する。

県内をユーフラテス川が貫き、川沿いは豊かな農業地帯であるが、その南岸には乾燥したシリア砂漠が広がる。一方で石油なども発見されており地中海側へパイプラインで送られている。

歴史[編集]

ユーフラテス沿いでは、ローマ都市ドゥラ・エウロポスやシュメールの都市国家マリなどの重要遺跡が多数見つかっている。

2007年9月6日イスラエル軍オーチャード作戦英語版を行いデリゾール県内の施設に対して空爆・破壊した。シリア政府はコメントを出していないが、この施設には北朝鮮からもたらされた核物質があったと考えられている[2]

2017年以降、ハジンにはISILの拠点が置かれている。

行政区分[編集]

デリゾール県には3郡が属する。

[編集]

  1. アブ・カマル郡英語版(Abu Kamal District) - アブ・カマル
  2. デリゾール郡英語版(Deir ez-Zor District) - デリゾール
  3. マヤーディーン郡英語版(Mayadin District) - マヤーディーン英語版

住民[編集]

民族[編集]

アラブ人ベドウィンアルメニア人などが住む。

言語[編集]

宗教[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Syria - City Population - Cities, Towns & Provinces - Statistics & Map [1]
  2. ^ “Israelis ‘Israelis seized nuclear material in Syrian raid'”. The Sunday Times. (2007年9月23日). http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article2512380.ece