2003年のイラン革命防衛隊Il-76MD墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2003年のイラン革命防衛隊Il-76MD墜落事故
IlyushinIl76a.jpg
事故機と同型のIl-76
事故の概要
日付 2003年2月19日 (2003-02-19)
概要 悪天候の中を降下中のパイロットエラーによるCFIT
現場 ケルマーンの南東35km
乗客数 257
乗員数 18
死者数 275(全員)
生存者数 0
機種 Il-76MD
運用者 イスラム革命防衛隊空軍 (en)
機体記号 15-2280
出発地 ザーヘダーン空港 (en)
目的地 ケルマーン空港 (en)
テンプレートを表示

2003年のイラン革命防衛隊Il-76MD墜落事故(2003年のいらんかくめいぼうえいたいIl-76MDついらくじこ)は、2003年2月19日に発生した航空事故イラン・イスラム共和国の軍事組織イスラム革命防衛隊の軍人を乗せたIl-76MDが墜落し、搭乗者275名が全員死亡した。イラン国内での事故、およびIl-76の事故としての被害は過去最悪であった[1]

事故の概要[編集]

現地時間の2003年2月19日、イスラム革命防衛隊の兵士257人、および乗員18名を乗せたIl-76MDは、イラン東部ザーヘダーンザーヘダーン国際空港英語版を離陸し、ケルマーンケルマーン国際空港英語版へと向かっていた。しかし、14時30分ごろ、ケルマーン国際空港への着陸動作中に、ケルマーンの南東35キロメートルほどのにある山岳地帯へと墜落。乗っていた兵士257名及び乗組員18名の275人全員が犠牲となった。

事故原因[編集]

事故の原因は悪天候に伴う操縦ミスであるとされた。この輸送機が事故地点を超える際、そこでは強い風が吹き、濃い霧が立ち込める悪条件であったという。また、事故原因の捜索中には、謎のテロリストが「イスラム教徒を侮辱した」という理由で虚偽の犯行声明を出すなどの事態が起き、墜落した地点が山中でかつ悪天候に見舞われていたため、ヘリコプターなどが入れず捜索は難航を極めた[2]

出典[編集]

  1. ^ ASN Aircraft accident Ilyushin Il-76D 15-2280 Kerman Aviationsafety.net
  2. ^ RFE/RL Iran Report Globaisecurity.org。

関連項目[編集]