Il-76 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イリューシン Il-76

Il-76TD

Il-76TD

Il-76(イリューシン76;ロシア語:Ил-76イル・シェミジシト・シェスチ)は、ソビエト連邦イリューシン設計局の開発した大型ジェット輸送機である。北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームでは「キャンディッド」(Candid:率直な、誠実な、の意)。

概要[編集]

Il-76は冷戦下の1967年に開発が始まった機体で、6時間以内に5,000kmの距離を40tの貨物を運搬し、短く整備されていない滑走路でも使用でき、さらに飛行機が飛ぶ上では気象条件が最も悪い冬季のシベリア北極地域でも運用できるという条件を満たすことが求められていた。

開発[編集]

イリューシンの構想の基本的なレイアウトはアメリカ合衆国ロッキードC-141 スターリフターと酷似していたが、それよりもはるかに機体サイズも大きくエンジンも強力であった。1971年3月25日に初飛行が行われた。飛行試験を経てタシュケントの工場で量産に移され、1974年に軍用型のIl-76Mが就役した。

胴体延長型で輸送力の大きいIl-76MFは試作機が1995年8月1日に飛行したが、1997年頃にロシア空軍の緊縮予算のためにIl-76TFとともに生産不可能になった。民間用として近代化されたIl-76TD-90VDの開発は2004年から開始し、 ヨーロッパの騒音制限を満たすためにエンジンにPS-90を採用した。

2012年9月22日には最新型であるIL-76MD-90Aが初飛行した。

構造[編集]

機体は、T字翼に高翼構造で一般的な輸送機と同様の構成である。機体は、当時アメリカ空軍で配備され始めたC-141 スターリフターの影響を受けているが、シベリア北極など極地あるいは整備の行き届いていない荒れた未舗装の滑走路からの運用を考慮してSTOL性を重視した後退角付き主翼が採用され、着陸装置は非常に頑丈に作られた。

エンジンは、初期はMiG-31が搭載していたD-30F6のアフターバーナー部を除いた、D-30KPターボファンエンジンを4発搭載する。エンジンの懸架方式は主翼にパイロンで吊るす方式が採用されており、Il-76はソ連の大型航空機では最初に導入した機体となった。後にエンジンは、改良型のD-30KP-2となり、最終的に近代的なPS-90に換装された。

機首下面はガラス張りの航法士席になっており、先端には気象レーダーが搭載され、その下のレドームにはマッピング用のレーダーが収容される。軍用型では、垂直尾翼下の尾部ターレットに2基のGSh-23Lを装備する。また、外部の取り外し式のパイロンのラックに爆弾を携行することもできる[3]

貨物室の寸法は奥行き20m、縦幅3.4m、横幅3.46mでBMD-1などを輸送できる。中床を設置することで、二段積みとすることも可能である。貨物扉の下側の扉はランプと兼用で、車輌の自走搭載や物資の空中投下が可能である。

アビオニクス面では、全天候運用を可能にするため、自動航法装置、自動着陸装置などを備えているほか、軍用型では自己防衛装置としてレーダー警報受信機、チャフ・フレア・ディスペンサーを搭載する。

運用[編集]

Il-76は40t以上の積載能力のあるジェット貨物機としては最も広く使われており、世界の救援物資の90%を空輸している。

その能力が買われて南極でも物資輸送に運用されている。南極で運用されるロシア機としては他にもAn-2などがある。

2005年8月ハリケーン・カトリーナによる災害の際には初めてロシアからの救援機としてIl-76が北アメリカに飛来し、ニューオーリンズリトルロックに3回に分けて延べ6機が援助物資を輸送した。またインドからもIl-76が飛来している。

また消防飛行機としても多くの国での実績を積み重ねている。Il-76Pは比較的簡単に改造できる消防飛行機として1990年に発表された。VAP-2型給水タンクを1時間30分で取り付け、取り外しが出来、約40tの水を運搬できる。これはC-130の2.5倍の容量である。

旅客機としての運用[編集]

2000年12月頃から、イラク航空は、IL-76の機内に座席を設置して旅客型に換装し、バグダッド-バスラ間に就航させた。また、シリア・アラブ航空も、ダマスカス-ジェッダ間に、ハッジ・フライトのために旅客型IL-76を就航させたことがある[4]

その他[編集]

日本へのIl-76の飛来は、ロシアなどの貨物航空会社などが多い。また北朝鮮の高麗航空のIl-76も秋季になるとマツタケ輸送のために名古屋空港へ飛来することがあったが、高麗航空が保有しているIl-76が旧式で環境基準に適合しなくなったため2002年以降は行われなくなった。

製造[編集]

Il-76は、長らくウズベキスタンタシュケントにあるTAPOiCh(en)工場で生産が行われてきた。しかし、ロシアとウズベキスタンとの関係悪化、生産された機体の利益分配をめぐる論争などの問題からここでの生産は中止され、2012年以降、Il-76の生産はロシア国内のウリヤノフスクにあるアビアスターSPロシア語版の新しい工場で継続されている。

派生型[編集]

Il-76には、輸送機型をはじめ空中早期警戒機空中給油機など汎用的な派生型が存在する。また尾翼付近に銃座を設置した軍用型のほか、貨物輸送用の民間型も存在する。なお、尾部銃座を設置しているものの、通常は機銃を取り外して運用されている軍民共用型も存在する。

Il-76
基本型。
Izdeliye-576
不明。
Izdeliye-676
テレメトリー及び通信中継の試験機。
Izdeliye-776
テレメトリー及び通信中継の試験機。
IZdeliye-976 ("SKIP")
Kh-55巡航ミサイルのテストベッド機。ミサイル試験のモニタリングにも使用される。A-50などと同様のレドームを装備し、翼端にはポッドはテレメトリーの受信用ポッドが装備される。
Izdeliye-1076
特務作戦用。
Izdeliye-1176(Il-76-11)
ELINT(電子諜報)型。
Il-76-Tu160
ワンオフの機体。
Il-76D
空挺師団向けに製作された軍用輸送機。尾翼付近にGSh-2323mm機関砲を装備。
Il-76K/Il-76MDK/Il-76MDK-II
宇宙飛行士の訓練用。弾道飛行することにより無重力を作り出すことが可能である。ガガーリン宇宙飛行士訓練センターに配備されている。
Il-76LL
エンジンの試験機。
Il-76M
改良型。中央翼に燃料タンクを増設して航続距離を延長、電子戦機材とチャフ・フレア・ディスペンサーを搭載している。尾部の銃座は除去された。NATOコードネームはキャンディッドB。
Il-76MD
Il-76Mの改良型。ペイロードを拡大させている。
Il-78
空中給油機型。Il-78(NATOコードネーム:Midas(マイダス))と別途呼ばれているが、基本形はほぼ同じである。
A-50
早期警戒管制機型(NATOコードネーム:Mainstay(メインステイ))。
A-60
航空機搭載レーザーの研究機でアメリカのAL-1に相当する機体である。Il-76 バージョン 1Aとも呼ばれる。
Il-76MD Skal'pel-MT
移動病院型。
Il-76MDM
ロシア空軍のIL-76MDを近代化したもの。D-30KPエンジン、機体、着陸装置の強化により機体寿命を15年延長、ペイロードも増加している。アビオニクスはIl-476と共通化される。改修費用はIl-476の1/3とされている[5]
Izdeliye-176
Il-76PPのプロトタイプ。
Il-76PP
ECM用機。大きな問題が発生したため機材はIzdeliye-176に搭載されたのみとなった。
バグダッド
1989年のバグダッド武器展示会で発表されたAEW&C型。カーゴランプの換わりに固定式のレドームを設けそこにトムソンCSF社製のタイガーGを搭載している[6]
アドナン1
フランスの支援を受け地対空用レーダーであるTRS-2100タイガーSを搭載したAEW&C型。直径9mのグラスファイバー製レドームを装備し、機首下の窓を廃止、ストレーキが2枚追加されている。バグダード1(Baghdad 1)とも呼ばれた。
3機が生産され内1機は湾岸戦争で破壊された。残りの2機は、逃亡先のイラン空軍に捕獲された。鹵獲後は"シームルグ"と命名された。その後、ロシアの支援の下イランが開発したレーダー(探知距離1,000km)が装備され、2008年4月より運用が開始された[7]。しかし、2009年9月22日にシリアル番号5-8209がF-5Eあるいはサーエゲと衝突し失われている。
アドナン2
TRS-2105タイガーG(探知距離350km)を搭載した改良型。バグダード2(Baghdad 2)とも呼ばれた[8]。1機が生産された。こちらも行方不明。
Il-76MD 空中給油型
イラク空軍が独自に空中給油機化としたもの。
CFTEエンジンテストベッド機
中国がエンジンのテストベッド機としたもの。
Il-76MD-90
既存のIl-76MDの近代化改修型。エンジンをPS-90A-76に換装して航続距離を5400kmに延伸し、ペイロードを50トンに拡大、巡航速度も850kmとなった。機体の運用寿命も延長されている。
Il-76MD-90A (Il-476)
大規模発展型で広範囲に渡ってに設計変更・改修が加えられている[9]
エンジンをPS-90A-76に換装し、機体に複合材料を適応、主翼を新開発されたものに変更、これにより航続距離は5,000kmとなり、ペイロードも52トンに増加し、離着陸滑走距離も150m低下した。アビオニクス面では、コックピットのグラスコックピット化をはじめとする改良がされており、デジタル式航法システム(KUPOL-Ⅱシリーズ)、SAU-76デジタルフライト・コントロール・システムを採用した。
また、ロシアの輸送機として初めてトイレを備えたのも特徴である。トイレ(容量は28リットル、6名の搭乗員+数十名の兵員を想定)は機首部分に独立したものが備えられているほか、140名の兵員を空輸する際にはさらに2基のトイレモジュール(各80リットルの容量)を追加搭載可能である。 離着陸前後は使用できないものの、長距離飛行の際に特に有効とされる。
さらに、調理用のキッチンモジュールやお湯を沸かすためケトルも搭載が行われている。なお、冷蔵庫については、ロシア製には適当なものが無く、外国製は高すぎるためといった理由から搭載は断念された[10]
A-100
早期警戒管制機型。実用化は2017年を予定している[11]
Il-78M-90A(Il-478)
空中給油機型[12]。2015年に試作機が完成予定である[13]
Il-76MF
エンジンをPS-90に換装し、胴体を6.6m延長して最大離陸重量210t、搭載重量を60tに増やした改良版。1995年に試作機が飛行したが量産されていない。[2]
Il-76PSD
Il-76MFに合成開口レーダーを搭載したもの。
Il-76VKP(Il-82)
コマンドポスト/通信中継型。前部胴体正面にカヌー状の大型フェアリングを備える。
Il-76PS(Il-84)
救難機型。製造されず。

民間[編集]

Il-76T
民間向け。1978年11月4日に初飛行した最初の派生型。「キャンデットA」。
Il-76MGA
初期に考案された商業貨物輸送型。プロトタイプ2機を含む14機が生産された。
Il-96
初期に考案された旅客機/貨物輸送型。計画のみ。
Il-76TD
MDの民間向け改良版。1982年初飛行。
Il-76TD-90VD
ヴォルガ・ドニエプル航空のために開発されたIl-76TDの改良型。PS-90エンジンを採用しグラスコックピットを部分的に装備。2012年現在、4機が運用されている。
IL-76TD-90SW
シルクウェイ航空(en)向けの改修型。Il-76TD-90VDと同様。
Il-76TD-S
移動病院型。Il-76MD Skal'pel-MTと良く似ている。
Il-76TF
MFの民間向け、PS-90エンジンを採用し胴体を延長したもの。かつての西側諸国での騒音規制に対応しているが量産されていない。
Il-76P / Il-76TP / Il-76TDP / Il-76MDP
消防航空機型。1990年初飛行。VAP-2消火剤タンクキットを装備し、約40tの水を搭載して火災現場に投下可能。
TベースのTPのほか、TDベースのTDPが最新型として用意されている。

採用国[編集]

World operators of the Il-76.png

軍用型[編集]


民間型[編集]


性能[編集]

Ilyushin Il-76.svg
Il-76M Il-76TD Il-76MF
全長 46.59 m 53.19 m
翼幅 50.50 m
翼面積 300 m²
アスペクト比 8.5
翼面荷重 最小 (機体重量): 307 kg/m²
最大 (最大離陸重量): 567 kg/m²
最小 (機体重量):307 kg/m²
最大 (最大離陸重量): 633 kg/m²
最小 (機体重量):347 kg/m²
最大 (最大離陸重量): 700 kg/m²
全高 14.76 m 14.45 m
非搭載時重量 92 t 104 t
最大離陸重量 170 t 190 t 210 t
最大積載量 40 t 48 t 52 t
胴体最大直径 4.80 m
貨物部幅 3.46 m
貨物部全高 3.40 m
貨物部全長 20 m 25.75 m
エンジン ソロビョヨーフ D-30KP×4
それぞれの推力 118 kN
ソロビョヨーフ D-30KP シリーズ 2×4
それぞれの推力 122 kN
ソロビョヨーフ PS-90A-76×4
それぞれの推力 142 kN
最大速度 850 km/h
巡航速度 750 km/h 800 km/h
進入速度 220 km/h 240 km/h
最大高度 15,500 m
巡航高度 9,000 m 12,000 m 13,000 m
航続距離 5,000 km (40 t積載時)
4,200 km (最大積載時)
5,400 km (40 t積載時)
4,400 km (最大積載時)
6,300 km (40 t積載時)
5,800 km (最大積載時)
離陸滑走距離 850 m 1,700 m 1,800 m
着陸滑走距離 450 m 1,000 m 990 m
初飛行 1978年3月24日 1982年5月5日 1995年8月1日
生産機数 242機(164機が現役) 不明

脚注[編集]

  1. ^ Ilyushin beriev IL-76 Candid (Gajraj)”. Indian-military.org. 2011年7月7日閲覧。
  2. ^ a b Butowski, Piotr. Iliuszyn Ił-76 powraca. Lotnictwo nr. 9/2004, p. 28-32 (ポーランド語)
  3. ^ Russia exercises with Il-76 'bombers'
  4. ^ 旅客型IL-76について
  5. ^ Russia launches Il-76MDM upgrade programme
  6. ^ 軍事分析 湾岸戦争 鳥井 順
  7. ^ Iran loses its only AWACS as Ahmadinejad threatens the world
  8. ^ 軍事研究 2003年2月号
  9. ^ Upgraded Il-76 Plane to Make Maiden Flight in Summer
  10. ^ Ил-476 стал первым российским транспортником с туалетом
  11. ^ Российский АВАКС морально устарел до появления на светЧитайте далее
  12. ^ イリューシン公式
  13. ^ Первый опытный образец самолета-топливозаправщика на базе Ил-476 будет готов к 2015 году

関連項目[編集]

外部リンク[編集]