パレスチナ解放人民戦線総司令部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パレスチナ解放人民戦線総司令部(パレスチナかいほうじんみんせんせんそうしれいぶ、アラビア語: الجبهة الشعبية لتحرير فلسطين - القيادة العامة‎ 、英語: Popular Front for the Liberation of Palestine - General Command、略称:PFLP-GC)は、パレスチナ政党

1968年にPFLPから分離して設立された。パレスチナ・ナショナリズムを掲げてパレスチナ解放機構にも参加している。日本語訳では明示的に「パレスチナ解放人民戦線総司令部」と表記されることも多い。

アメリカ欧州連合オーストラリアイスラエルカナダ各政府によってテロ組織に指定されている。

概要[編集]

1968年パレスチナ解放人民戦線(PFLP)から分離(支援していたシリアエジプトの意見対立が原因とされる)。政治よりも戦闘に中心を置くことを主張した。暴力的にPLO主流派に反対している。

指導者は元シリア軍大尉のアフマド・ジブリール書記長。シリアとイラン両方の支援を受ける。熱気球とモーターつきハンググライダーを使ってイスラエルに越境テロ攻撃を行うといった変わった手段を使う。本部はダマスカスにあったがアメリカとシリアの会談の結果閉鎖された。現在は、レバノンに拠点がある。

国際社会からは、ヒズボッラーと共にレバノンで活動する「違法な民兵組織」として、武装解除を要求されている。