五十嵐一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五十嵐 一(いがらし ひとし、1947年昭和22年)6月10日 - 1991年平成3年)7月11日)は、中東イスラーム学者。東洋思想の大御所井筒俊彦の愛弟子。比較文学の学者である五十嵐雅子は妻。十数の言語の読み書きが出来、イスラム思想、数学や医学、ギリシア哲学などを研究していた[1]

生涯・人物[編集]

新潟県新潟市出身。新潟県立新潟高等学校を経て1970年(昭和45年)に東京大学理学部数学科を卒業。理数系から人文系に転身し、1976年(昭和51年)に同大学院美学芸術学博士課程を修了。同年からイランに留学、イラン革命が起こった1979年(昭和54年)までイラン王立哲学アカデミー研究員を務めた。1986年より死去まで助教授として筑波大学に勤務する。

1990年(平成2年)にサルマン・ラシュディの小説『悪魔の詩』を邦訳した。同書は内容がムハンマドを侮辱しているなどとして、イラン最高指導者ルーホッラー・ホメイニーにより作者や関係者への死刑宣告がなされており、在日イスラム関係団体から出版見送りの要請がなされたり、出版記者会見の席上でパキスタン人が乱入して暴行を働くなど、その翻訳は大きな問題となった[2]。五十嵐自身は「ホメイニー師の死刑宣告は勇み足であった」、「イスラームこそ元来は、もっともっと大きくて健康的な宗教ではなかったか」と述べている[3]

1991年平成3年)7月11日、筑波大学筑波キャンパスの構内で何者かにより刺殺された(悪魔の詩訳者殺人事件)。上記の事由により、イラン関係者による犯行であるとする推測がなされたものの、犯人逮捕されることなく公訴時効となった[4]

警察捜査中、学内にある五十嵐の机の引き出しから、殺害前数週間以内に書いたと思われるメモが発見された。これには壇ノ浦の戦いに関する四行詩日本語フランス語で書かれていたが、4行目の「壇ノ浦で殺される」という日本語の節に対し、フランス語で「階段の裏で殺される」と書かれていた。このため、五十嵐は身の危険が迫っていた事を察知していたのではないかとする憶測が生まれた。

事件から27年たった2018年には教え子らが、事件の風化を防ぐ目的で、五十嵐と親交のあった人物の証言などを集めた追悼集を作成し、同年7月に開催された「回想五十嵐一氏の会」で出席者に配布した[1]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『イラン体験 - 落とされた果実への挽歌』東洋経済新報社、1979年
  • 『知の連鎖 - イスラームとギリシアの饗宴』勁草書房、1983年
  • 『中東共育のすすめ - イランの知恵と日本の無知』東洋経済新報社、1983年
  • 『音楽の風土 革命は短調で訪れる』中央公論社、〈中公新書〉1984年 ISBN 4121007379
  • 『イスラーム・ルネサンス』勁草書房、1986年
  • 『東方の医と知 - イブン・スィーナー研究』講談社、 1989年
  • 『摩擦に立つ文明 - ナウマンの牙の射程』中央公論社、〈中公新書〉1989年
  • 神秘主義エクリチュール 』法蔵館、1989年
  • 『イスラーム・ラディカリズム - 私はなぜ「悪魔の詩」を訳したか』法蔵館、1990年 ISBN 4831871788
  • 『中東ハンパが日本を滅ぼす - アラブは要るが、アブラは要らぬ』徳間書店、 1991年

翻訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b “筑波大助教授殺害27年 五十嵐さんの業績 後世に”. 茨城新聞. (2018年7月11日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000011-ibaraki-l08 2018年8月5日閲覧。 
  2. ^ 立花書房編『新 警備用語辞典』立花書房、2009年、14-15頁。 
  3. ^ 中央公論』 1990年4月号 「私はなぜ『悪魔の詩』を訳したか」
  4. ^ 筑波大学新聞255号(2006年9月4日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]