麻生幾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

麻生 幾(あそう いく、1960年 - )は、日本作家ジャーナリスト

本名非公開の覆面作家。「麻生幾」のほか「田中博」など複数のペンネームを使用する。大阪府生まれ。

略歴[編集]

週刊文春の事件記者として活動していた1996年、政府の危機管理システムの欠陥を描いたノンフィクション『情報、官邸に達せず』を発表する。翌1997年、『文藝春秋』に「北朝鮮潜水艦敦賀湾に漂着す」を発表する。これを基に初のフィクションとなる『宣戦布告』を執筆し、映画化もされた。

メディアへの露出を避け、「北海道新聞」や「スポーツ報知」など紙メディアに限り、サングラス着用の顔写真を公開している。2015年9月25日にBS日本で放送された深層NEWSにて、メディアの前で初めて素顔で出演した[1]

六角弘(本名:佐々木弘。やはり元週刊文春記者でジャーナリスト)主宰の「六角マスコミ塾」講師である。

安全保障インテリジェンス分野について執筆している。

著作[編集]

  • 『情報、官邸に達せず』 (文藝春秋、1996年 / 新潮文庫、2001年)
  • 『極秘捜査――警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」』 (文藝春秋、1997年 / 文春文庫、2000年)
  • 宣戦布告』 (講談社【上・下】、1998年 / 講談社文庫【上・下】、2001年)
  • 『戦慄――昭和・平成裏面史の光芒』 (新潮社、1999年)
    • 【加筆・改題】『封印されていた文書(ドシエ) 昭和・平成裏面史の光芒part1』 (新潮文庫、2002年)
  • 『ZERO』 (幻冬舎【上・下】、2001年 / 幻冬舎文庫【上・中・下】、2003年)
  • 『消されかけたファイル 昭和・平成裏面史の光芒part2』 (新潮文庫、2002年)
  • 『38℃ 北京SARS医療チーム「生と死」の100日』 (新潮社、2004年)
  • 『ケース・オフィサー』 (扶桑社【上・下】、2004年 / 幻冬舎文庫【上・下】、2009年)
  • 『瀕死のライオン』 (幻冬舎【上・下】、2006年 / 幻冬舎文庫【上・下】、2010年)
  • 『エスピオナージ』 (幻冬舎、2007年 / 幻冬舎文庫、2013年)
  • 『特命』 (幻冬舎、2008年)
  • 『ショットバー』 (幻冬舎、2009年)
  • 外事警察』 (日本放送出版協会、2009年 / 幻冬舎文庫、2012年)
  • 『奪還』 (講談社、2010年 / 講談社文庫、2013年)
  • 『前へ!――東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録』 (新潮社、2011年 / 新潮文庫、2014年)
  • 『外事警察 CODE:ジャスミン』 (日本放送出版協会、2011年 / 幻冬舎文庫、2014年)
  • 『女性外交官・ロシア特命担当 SARA』(幻冬舎、2016年)

文庫版はすべて、単行本版に加筆修正を行っており、内容は異なる点が多い。

脚注[編集]

外部リンク[編集]