エンブラエル EMB-312

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エンブラエル EMB-312 ツカノ

EMB-312 ツカノ

EMB-312 ツカノ

エンブラエル EMB-312(Embraer EMB-312)は、ブラジルの航空機メーカーエンブラエルが開発したターボプロップ単発の基本練習機。愛称はツカノ(Tucano:オオハシの意)。ブラジル空軍では練習機仕様機に「T-27」、COIN機仕様機に「AT-27」の名称を与えており、海外ではライセンス生産を行っているイギリスショート社が「ツカノ T.1」の名称を付与している。

概要[編集]

1970年代中頃からブラジル空軍では、T-37練習機の後継機として、ターボプロップ練習機の開発をエンブラエル社に要請し、ブラジル航空省から1978年12月6日に試作機2機が発注され、1979年1月から機体設計作業が開始された。

1980年8月16日に試作初号機が初飛行し、1983年9月からT-27の名称でブラジル空軍に引き渡された。なお、EMB-312の生産は2001年で終了し、開発プログラムは発展型であるEMB-314 スーパーツカノの生産に移行している。

機体構成[編集]

EMB-312は、タンデム複座型のターボプロップ単発機で、コクピットはフレームのない一体型バキューム成型キャノピーで覆われ、アメリカマーチンベーカー社製BR8LC軽量射出座席プロペラ式練習機では世界で初めて装備し、後席は前方視界を確保するために25cm高くなっている。また、ジェット機に近い操縦感覚を得られるように、スロットルレバー1本でエンジン回転数とプロペラピッチの両方を制御できるようになっており、この機構はピラタス PC-9など以降のターボプロップ練習機にも取り入れられている。

主翼はアスペクト比6.4のテーパー翼で、取付け角は1度25分、上反角は5度30分。尾翼は通常の低翼構成で、水平安定板前縁付け根から細長い延長部が胴体に延びている。操縦翼面は補助翼昇降舵方向舵の通常3舵で、いずれもタブが付いている。主翼後縁内側は電動の単隙間フラップとなっている。また、胴体構造には機械削出しインデクラル工作やケミカル・ミーリング、金属接着などを用いている。プロペラはハーツェル・プロペラ社製3枚ブレードの定速プロペラを装備する。

降着装置は前脚式3脚で、いずれも単車輪装備で油圧により引き込み/脚出しが行われ、前脚にはシミー・ダンパーがついている。なお、EMB-312は元々、軽攻撃任務に使用できるように設計されており、主翼下には片側2ヵ所、計4ヵ所のハードポイントが設置されている。

海外輸出[編集]

EMB-312のショート社ライセンス生産機である、ツカノ T.1

EMB-312は海外輸出も積極的に行われ、エジプトのヘルワンとイギリスのショート社ではライセンス生産もされている。ショート社のライセンス生産機はツカノ T.1と呼ばれ、エンジンをアライド・シグナル社製TPE331-12Bターボプロップ・エンジンに換装したことで性能が向上し、主翼端フェアリンクの変更により翼幅がわずかに増加している。このショート製造機はケニアクウェートへも輸出されている。ヘルワン製造機は本国の他、サダム・フセイン政権時代のイラクに輸出されている。

なお、EMB-312を導入した多くの国では練習機として運用しているが、ブラジルとパラグアイの2ヶ国では軽攻撃/COIN機として運用している。

採用国[編集]

アンゴラの旗 アンゴラ
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブラジルの旗 ブラジル
 コロンビア
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
 エジプト
フランスの旗 フランス
2009年に運用終了。
イギリスの旗 イギリス
グアテマラの旗 グアテマラ
ホンジュラスの旗 ホンジュラス
 イラン
イラクの旗 イラク
湾岸戦争イラク戦争でほとんどが失われた模様。
 ケニア
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
モーリタニアの旗 モーリタニア
パラグアイの旗 パラグアイ
ペルーの旗 ペルー
ベネズエラの旗 ベネズエラ

性能諸元[編集]

  • 全幅:11.14m
  • 全長:9.86m
  • 全高:3.40m
  • 主翼面積:19.4m2
  • 空虚重量:1,870kg
  • 最大離陸重量:2.550kg(クリーン時)/3,175kg(機外装備時)
  • 最大兵装搭載量:1,000kg
  • エンジン:プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PT6A-25C ターボプロップ×1
  • 推力:552kW
  • 最大速度:458km/h
  • 巡航速度:441km/h
  • 超過禁止速度:539km/h
  • 海面上昇率:680m/min
  • 実用上昇限度:8,750m
  • 荷重制限:+6.0G/-3.0G(クリーン時)/+4.4G/-2.2G(機外装備時)
  • 航続距離:1,916km (機内燃料のみ)
  • 乗員:2名

派生型[編集]

EMB-312
エンブラエル社での名称
EMB-312F
フランス空軍向け生産型
ツカノ T.1
ショート社でのライセンス生産型
ツカノ Mk.51
ケニア空軍向けのツカノ T.1
ツカノ Mk.52
クウェート空軍向けのツカノ T.1
T-27
ブラジル空軍での練習機型名称
AT-27
ブラジル空軍でのCOIN機型名称

参考資料[編集]

  • エアワールド別冊 世界軍用機年鑑
  • 青木 謙知編、2007、「Jwings戦闘機年鑑 2007-2008」、イカロス出版 ISBN 4871499391

関連項目[編集]