ラオス人民軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラオス人民軍
創設 1950年
再組織 1982年(現在の名称に改称)
本部 ヴィエンチャン
指揮官
国家主席 チュンマリー・サイニャソーン
国防大臣 ドゥアンチャイ・ピチット
総人員
兵役適齢 15
徴兵制度 最小18箇月
適用年齢 15-49
-適齢総数
(2005年)
男性 1,500,625、年齢 15-49
女性 1,521,116、年齢 15-49
-実務総数
(2005年)
男性 954,816、年齢 15-49
女性 1,006,082、年齢 15-49
現総人員 29,100(89位
財政
予算 $55,000,000 (1996-97)
軍費/GDP 0.5% (2006)
テンプレートを表示

ラオス人民軍(ラオスじんみんぐん)は、ラオスの軍隊である。ラオス人民革命党が創設した大衆組織ネーオ・ラーオ・ハクサートの軍事組織パテート・ラーオを母体とするため、ラオス人民民主共和国の国軍であるとともに、ラオス人民革命党の統制を受ける「党の軍隊」としての性格を持つ。

概要[編集]

ラオスは世界の最貧国の一つであるため、ラオス人民軍は小規模であり、軍資金も不十分で、資材も不足している。装備の大部分はソビエト連邦より提供されたものであり、ソ連崩壊後の今日では老朽化している。そのため、戦力の低下は継続的に続いていると見られる。

一方で国防省は山岳開発公社や農林産業公社のように森林の伐採や鉱山開発そして輸出入を行う公社を有しており、また国家機構の中心を軍出身者が占めるなど、軍の権力は政治的にも経済的にも強大である[1]

歴史[編集]

ラオス人民軍の前身は、ラオス内戦において左派の軍事組織として王政を打倒したパテート・ラーオである。1950年にネーオ・ラーオ・イサラ(ラオス自由戦線)が結成されると、その軍事組織としてパテート・ラーオが編制された。1956年、ネーオ・ラーオ・イサラがラオス人民党(1972年にラオス人民革命党に改組)によって左派の大衆組織ネーオ・ラーオ・ハクサート(ラオス愛国戦線)に改組されると、パテート・ラーオはネーオ・ラーオ・ハクサートの戦闘部隊となった。その後、1965年10月5日ラオス人民解放軍と改称されたが、国際的なメディアは慣行と便宜上の理由から、ネーオ・ラーオ・ハクサートとラオス人民解放軍をパテート・ラーオと呼び続けた[2]。ラオス内戦がネーオ・ラーオ・ハクサートの勝利に終わり、1975年12月2日にラオス人民民主共和国が建国されると、旧来のラオス王国軍は解散させられ、ラオス人民解放軍が国軍として編制された。1982年ラオス人民軍に改称された。

組織[編集]

憲法の規定により、ラオス人民民主共和国主席がラオス人民軍の最高司令官となる。国防省が軍事行政を担当する。ラオス人民軍はラオス人民革命党の指導を受けるため、ラオス人民革命党中央国防・治安委員会が軍の最高指導機関となり、党の最高指導者である書記長が議長を務める。軍の政治総局は党中央委員会政治局の統制下に置かれる[3]

ラオス人民軍は、陸・空軍から成る。ラオスは内陸国のために海軍は存在しないが、陸軍が河川部隊を指揮している。

装備[編集]

車両[編集]

火器[編集]

航空機[編集]

1972年ロンチェン基地のT-28D

脚注[編集]

  1. ^ ヴォーラペット(2010年)、87ページ。
  2. ^ ヴォーラペット(2010年)、16ページ。
  3. ^ ヴォーラペット(2010年)、115ページ。

参考文献[編集]

  • カム・ヴォーラペット『現代ラオスの政治と経済 ― 1975 - 2006』(藤村和広・石川真唯子訳、めこん、2010年)

外部リンク[編集]