RPD軽機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RPD
Machine Gun RPD.jpg
RPD軽機関銃
概要
種類 軽機関銃分隊支援火器
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
設計・製造  設計 ヴァシリ・A・デグチャレフ
性能
口径 7.62mm
銃身長 521mm
使用弾薬 7.62x39弾
装弾数 100発(ベルト給弾式、専用ドラムマガジンに収納)
作動方式 ガス圧
全長 1,037mm
重量

7.5kg(本体重量)

8.9kg(弾丸とドラムマガジン付)
発射速度 650発/分
銃口初速 735m/秒
有効射程 100-1,000m
テンプレートを表示

RPDロシア語: Ручной пулемёт Дегтярёва:略称РПД)は、SKSカービン用に開発された7.62x39弾を使用する分隊支援火器として、前任のDP28軽機関銃を設計したヴァシリ・A・デグチャレフが1944年に設計した軽機関銃である。

概要[編集]

RPD軽機関銃は1950年代を通じて旧ソ連軍で使用された。この銃は、伏せ撃ち用に二脚を標準装備していた他、腰だめ撃ちが可能なようにスリングを取り付ける金具も有している。

この銃は弾薬を非分離式の金属製リンクに装着してそれを専用のドラムマガジンに収納して使用する。この給弾方式のせいで前線において他の兵士が持つAK-47と弾薬を即座に使いまわすことが出来なかったため、1960年代にはAKMの分隊支援火器仕様であるRPK軽機関銃に交替して退役した。

運用[編集]

RPD軽機関銃は、東欧諸国中国(56式)、北朝鮮(62式)などでライセンス生産され、ベトナム戦争においても北ベトナム人民軍南ベトナム解放民族戦線が大量に使用していた。現在でも中国や北朝鮮、ベトナムなどで予備兵器として保管されているほか、地域紛争で使用されている。 また一部ペルー警察などでも使用されている。

登場作品[編集]

映画[編集]

アヴァロン
CPU兵士が使用。
マッドマックス 怒りのデス・ロード
ガスタウンを治める人食い男爵のリムジンのルーフに車載機銃として装備されている。後半の戦闘で人食い男爵の配下のガスタウンボーイズが使用。
山猫は眠らない2
セルビア軍兵士が、偵察車両の車載機銃として使用している。ベルト給弾
若き勇者たち
主人公たちが敵兵から鹵獲して使用。

ドラマ[編集]

特殊能力捜査官 ペインキラー・ジェーン
第22話に登場。

漫画・アニメ[編集]

『めいどぐらし』
ヨルムンガンド
PMC「エクスカリバー」および「新・あかつきの戦線」メンバーがテクニカルに搭載している。

ゲーム[編集]

『TDP4 TEAMBATTLE』
ヘビーマシンガンの類として登場。力スキル4以上のプレイヤーのみショップで購入可能。最大威力200。
コール オブ デューティシリーズ
CoD4
ロシア超国家主義派が使用する。一部は銃座に据えられて登場する。
CoD:MW2
ロシア超国家主義派が使用する。レッドドットサイトスコープなどを装着することも可能。
CoD:BO2
キャンペーンで使用可能。一部は銃座に据えられて登場する。ゾンビモードではミステリーボックスから入手する事が可能。また、TRANSITで組み立てられる自動銃座もこの銃である。
バイオハザード5
B.S.A.A.制式採用のハンヴィーに搭載されており、作中でクリスが使用。
バトルフィールド ベトナム
マーセナリーズ
主に敵兵士幹部が使用する他、サプライとして入手可能。
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス
一部の敵兵が所持している。

関連項目[編集]