An-2 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アントーノフ An-2/
Антонова Ан-2

ロシア航空森林警備隊の消防機型An-2P

ロシア航空森林警備隊の消防機型An-2P

An-2(アントノフ2;ウクライナ語ロシア語Ан-2アーン・ドヴァー)は、第二次世界大戦後の1947年ソ連のアントーノフ設計局(現在はウクライナのANTK アントーノウ)で開発された複葉軽飛行機である。

ロシア語の愛称は「Кукурузник」(ククルーズニク、"とうもろこし男"の意味だがニキータ・フルシチョフの異称)であった。DoDが割り当てたコードネームType 22北大西洋条約機構(NATO)の付与したNATOコードネームは「コルト(子馬の意)」。

概要[編集]

An-2は、ソ連で需要が高かった農業林業用の航空機として、OKA-38 アーイストFi 156のデッドコピー版)やPo-2の後継機として開発された。

1947年に初飛行し、東側諸国を中心に多数が運用され、現在でも多くの機体が現役で運用されている。

機体[編集]

機体は、複葉星型レシプロエンジンという旧式設計だが、未整備の滑走路で離着陸できるほか、整備性・安定性に優れており信頼性が極めて高いとされている。また、現役の複葉機では最大の機体でもある。

12名の乗客を運ぶことができる旅客用のほか、落下傘部隊を運搬する軍事用、農薬散布などの農業用といった多目的に使われたほか、離発着性能や整備性を買われて、極寒地用や熱帯用などの極限の環境において運用できるタイプが作られるなど様々な運用がなされていた。南極でも物資輸送用に運用されている。

An-2は数多くの派生型が開発された他、アントノフ設計局によってエンジンターボプロップに換装し機首の形状を流線型に改良した「An-3」も存在する。

運用[編集]

ウクライナのフルィーウニャ貨幣に刻印された「ウクライナの飛行機An-2」(ЛІТАКИ УКРАЇНИ АН-2

An-2の生産は、ソ連では1960年までにおよそ5,000機が生産された時点で終了したが、その後も運航に必要な交換部品は継続して生産されていた。ポーランドPZL社では1992年までAn-2の量産が継続されていたほか、中国でも「運輸5型(Y-5)」としてライセンス生産が行われて冷戦崩壊後の1992年まで生産されており、総計すると最終的には約17,000機もの数が生産された。

機体価格も中古機でおよそ3万USドルという低価格であり、手頃な小型輸送機として多くの国家の政府や民間人によって運用されており、21世紀になった現在でも多くの発展途上国で現役である。先進国でもその古典的な機体特徴からパラシュート降下用や航空ショー用の機体としての需要が増加しているほか、航空機コレクターが蒐集している機体も多い。

ただし、西側では現在の航空機安全基準では安全性に疑問があるとして運用に制限がかけられていることも多く、アメリカ合衆国では1993年以降に輸入したAn-2に対して運用は空港から300マイル以内の飛行に限定されているという。

軍用型[編集]

An-2 ポーランド空軍機
An-2 運用国

東側諸国をはじめとする各国の軍隊でも、1970年代頃までは小型輸送機として運用していた。ベトナム戦争では、ベトナム人民軍機が実戦に投入され、本来の輸送任務の他、少量の爆弾を搭載して爆撃任務も行った。南ベトナム国内で爆撃を行った同機が、エア・アメリカUH-1Bによって「撃墜[1]された事例もある。クロアチア紛争においても、航空戦力が劣勢だったクロアチア共和国軍爆撃機や簡易電子戦機として、時には夜間作戦にも使用していたとされる。

北朝鮮では、An-2の中国生産型であるY-5を特殊部隊が運用しているという。同国では、この機体は製のプロペラレーダーに映りにくい断面を持つ、キャンバス生地張りの主翼後半部と、合板張りの水平尾翼を持つなど、ある程度の「ステルス性」が自然と備わっており[2](実際にはほとんどの部分が金属製のモノコック構造であり、機体そのものにはステルス性は無く、グレグソン米国防次官補(アジア・太平洋安全保障問題担当)が2010年9月16日の上院軍事委員会に提出した書面証言での「ほとんどが布と木でできている」というのは誤情報・誤誘導である)、前線に破壊活動のための特殊部隊をパラシュート降下させようというものである。また、ヘリコプターよりも低速で巡航できるためレーダーにトラックが動いているようにしか映らないのではないだろうかという指摘もある。ただし、低速のため乗り心地は悪くないが、機内のエンジン音が著しいため、機内でのコミュニケーションは全て手信号で行われている[3]

しかし、その前年の2009年5月4日午後2時30分に、忠北、永同郡、黄澗面、黄澗IC近隣に、韓国空軍訓練用航空機「L-2」1機が不時着し炎上大破した。この事故により、「L-2」が実はAn-2の偽装名であることが、中央日報の記事やミリタリーサイトを通じて明らかになった。実は韓国空軍も長らくAn-2を特殊戦訓練用に運用していたが、韓国国防部や韓国空軍は、その事実をマスメディアが記事にすることを許さず、隠蔽していたのである。2009年5月8日の情報消息筋によれば、韓国空軍が保有するAn-2は全20機余りに達し、大部分は1970-80年代ポーランドなど東ヨーロッパ圏国家から導入した物とのことである。保有目的は、北朝鮮軍の空中浸透に対応する戦略・戦術を開発するためである。当然韓国側はAn-2にステルス性が無いことを知っていたはずである。

また、韓国の聯合ニュースが伝えたところによれば、2008年10月9日黄海上で行った軍事訓練で、旧式の地対艦ミサイルである「シルクワーム」を改造した空対艦ミサイルをAn-2の機上から発射したとされる。しかしながら、同ミサイルの重量は3トンであるため、燃料を含めた最大搭載量が2トンしかない同機への搭載は不可能であるはずだが、それでも韓国の軍当局は「同機を新たな脅威」として対処していく方針で、対空用の機関砲などを増強している。

2014年に入り、韓国の中央日報は、北朝鮮軍の特殊部隊が最近、韓国に侵入する特殊作戦用の航空機を投入し、韓国の民間空港への攻撃、占拠を想定した訓練を実施したと報じ、An-2をその形状や低速によるレーダー捕捉性の低さなどの理由で使用し、北朝鮮の特殊部隊が韓国進攻作戦に踏み切った場合、同機が主力兵器になるとみられていると報道したと言う[4]

各型[編集]

アントノフ設計局製[編集]

SKh-1
アントノフ設計局成立以前の当機の呼称。"Skh-1"とは、ロシア語で「農業経済1号」の略。
An-2F
用の観測機型の試作型。胴体中央部がガラス張りで、上翼後方に自衛用の7.62mm機関銃を装備した銃塔を搭載する。
An-2L
消防機型。翼下および胴体下に消火用薬品の入ったポッドを搭載する。
An-2P
旅客機型。座席の代わりに容量1,240リットルの水タンクを搭載できる消防機型も存在する。
An-2S
農業機型。薬剤散布装置を搭載し、主脚がP型よりも延長されている。
An-2V
主脚を双フロートに変更した水上機型。プロペラ直径を短縮している。
An-2E
An-2Vより改造されたWIG(地面効果翼機)試験型。主翼を低翼形式の大型一枚翼に交換している。
An-2ZA(An-6 メテオとも)
垂直尾翼前に観測員席を追加した高々度気象研究機型。
An-3
エンジンターボプロップに変更し、それに合わせて機首を再設計した機体。
Y-5
中国での当機の呼称。コピー生産も行われている。

PZL製[編集]

An-2(G)
地球物理調査機型。(G)とは"Geofiz"の略。任務に合わせて機体毎に搭載機材や機体形状が異なっている。
An-2(P)
航空写真測量機型。(P)とは"Photo"の略。測量写真撮影用の航空カメラを装備している。
An-2M
T型ベースの水上機型。An-2Vと同等の機体。
An-2P
旅客機型。アントノフ製のAn-2Pと同等の機体だが、改良型プロペラを装備している。
An-2PK
5名分の単独座席を装備した要人輸送機型。
An-2PRTV
電波中継機型。ラジオおよびテレビ放送用電波の中継装置を搭載している。
An-2R
農業機型。気密操縦席を装備し、薬剤もしくは肥料散布が可能。
An-2S
担架6台と医療要員を搭載できる病院機型。
An-2T
貨物輸送用の基本型。
An-2TD
落下傘降下部隊搭乗用に折り畳み式座席(12席)を装備した機体。
An-2TP
TD型をベースにした民間用旅客/貨物機
Lala-1
ターボファンエンジンの搭載実験機。胴体後半部をトラス構造のブーム型に変更し、尾翼も一枚の水平尾翼の両端に小型の垂直尾翼の付いた双尾翼形式に変更している。

中華人民共和国での生産型[編集]

運輸5型(Y-5)
中国でコピー生産が行われた機体。1956年より生産が行われ、旅客/貨物機型の他に、An-2Vに準じた水上機型(Y-5C)も生産されている。北朝鮮でもライセンス生産が行われた。

スペック[編集]

An-2 三面図
Antonov An-2 3view.svg
  • 全長:12.40m
  • 全幅:18.2m(上翼)、14.2m(下翼)
  • 高さ:4.10m
  • 機体重量:3.3t
  • 最大離陸重量:5.5t
  • 最大速度:253km/h
  • 巡航速度:185km/h(50km/hでも飛行可能)
  • 乗員:1-2名
  • 乗客:12名
  • エンジン:シュベツォフ ASh-62空冷9気筒レシプロエンジン×1
  • 出力:1,000馬力
  • 最大上昇高度:4,500m
  • 航続距離:845km

登場作品[編集]

小説
映画
インディアナ・ジョーンズとマッドがナスカへ向かうのに搭乗。
ゲーム
拡張パック、"Operation Arrowhead"に登場。

脚注[編集]

  1. ^ 実際には操縦を誤った結果山腹に激突したと云われる
  2. ^ “北朝鮮に木製「ステルス機」 レーダー感知せず、米が警告(2010年9月17日)”. 共同通信. http://www.kyodonews.jp/feature/nkorea_2009/2010/09/post-1325.html 2010年9月20日閲覧。 
  3. ^ 李ジョンヨン:著 宮田敦司:訳『北朝鮮軍のA to Z 亡命将校が明かす朝鮮人民軍のすべて』 光人社 2009年 ISBN 9784769814436
  4. ^ 北朝鮮・特殊部隊、空港奇襲想定し訓練 韓国侵入、夜間占拠狙う 2014年1月24日掲載 同日閲覧

関連項目[編集]