Il-78 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Il-78

Il-78M

Il-78M

Il-78(イリューシン78;ロシア語:Ил-78イール・スィェーミヂスャト・ヴォースィェミ)は、旧ソビエト連邦イリューシン設計局で開発された空中給油機である。北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームでは、「マイダス」(Midas)と呼ばれた。

概要[編集]

Il-78は、3MS-2の後継として当時のソ連で標準的大型ジェット輸送機であったIl-76の発展型として設計された空中給油機である。

1983年6月26日に初飛行が行われ、1984年より運用が開始された[1]。1987年3月7日には改良型のIl-78Mが初飛行した[1]。なお、製造についてはこれまでウズベキスタンのTAPOiChが実施してきたが、生産された機体の利益分配をめぐる論争が発生したため、Il-78M-90Aから生産はロシア国内のウリヤノフスクにあるアヴィアスタル-SPで実施されている。

機体はIl-76をベースに格納庫に燃料タンク、胴体後部左側および両主翼の3箇所にNPP ズヴェズダが開発したUPAZ-1A空中給油ポッドを設置しており、ポッドからホースを延ばすことで同時に3機の航空機で給油が可能。3箇所のうち翼の2箇所は戦闘機用で胴体後部の1箇所は爆撃機への給油用である[2]

給油速度は通常型のIl-78で最大毎分2,300L[3]、Il-78Mで毎分2,900Lである[2]。燃料の転送などはほぼ自動化されているためオペレーターの仕事はホースの伸縮や異常などのチェックなどのみ[4]。異なる3タイプの航空機の給油に対応しており、地上で4機の航空機に対して給油を行うことも可能である。

派生型[編集]

Il-78
基本型。
2つの取り外し可能な燃料タンクを備える。最大積載重量は85.72トン(188,540 lb)。
Il-78B
1990年代初頭に設計されたモデルでUPAZ-1ポッドに代わりMk.32Bポッドを装備して西側の機体に給油を可能としたモデル[5]。計画のみ。
Il-78T
燃料タンクをはずした貨物輸送型[1]
Il-78M
1987年から配備された型。
貨物室内タンクを3個に増加させカーゴドアを廃止、約5,000kgの構造重量を軽減したが、そのかわりに貨物機への転換は不可能となった。また最大離陸重量が210トンに増加したことにより翼のトーションボックスの強化が必要となった。胴体後部左側の給油装置は大型航空機への給油時間を短縮するため毎分2,900Lの給油が可能な改良型のPAZ-1Mとなり[2]、パイロン形状も胴体から発生した乱流からポッドを分離するため水平式のパイロンから吊り下げ型のものに変更された。これにより主翼下と同様のポッド/パイロンの組み合わせによる共通性が確保された。総燃料搭載量は138トン(303,600 lb)でそのうち105.7トン(232,540 lb)が供給可能である[6][7]
Il-78ME
Il-78Mの輸出型[1]
Il-78M-2
Il-78Mのアップグレード型。
改修内容はIl-76MD-Mと同様[8]。新しい航行装置や通信装置、防御装備を備えており、夜間の給油も可能となった。
Il-78MK
Il-78Mをベースに輸送機に転換可能としたもの。1990年代初頭に設計され生産準備も行われたが受注がなかった[5]
Il-78MKI
Il-78MKIから給油を受けるミラージュ2000
Il-78MKをインド空軍向けに改良した型。アビオニクスの一部がフランスタレス製のものに変更されているほか、給油装置として毎分1,200kgの給油が可能なイスラエル製のARP-3を装備しており、1ミッションで6~8機のSu-30MKI英語版に補給可能である[9]
空中給油装置が変更された理由はUPAZ-1Aの給油レートが大きく、インド空軍が運用するジャギュアミラージュ2000などの機内燃料パイプの細い機体に対する適合性に問題があったためである。総燃料搭載量は110トンでそのうち70トンが供給可能である[4]


Il-78MK-90
Il-78MKをベースにエンジンをPS-90A-76に換装したモデル[10]。計画のみ。
Il-78MP
Il-78MP
ウクライナにおいてモスボールされていたIl-78をニコラエフ航空機修理工場ロシア語版で修理・改装したモデル[11][12]


Il-78M-90A (Il-478)
2012年より、PSZ(Perspektyvnyi Samolot Zapravshchik)プログラムの下Il-76MD-90A(Il-476)をベースに開発された型。2015年2月24日、生産が開始され[13]、2017年11月29日に最初の試作機(シリアル番号02-01)が公開された[14]。ロシア空軍への納入は2018年から開始される予定[15]
Il-78Mとは異なり、カーゴランプが保持されているため輸送機としても使用でき、兵器や個人的な装備によっては167人から245人の兵士を運ぶことが可能。翼のUPAZ給油ポッドのマウントパイロンが違い、後部胴体内の加圧隔壁が強化されている。[16]。また給油オペレーター席が廃止されている。給油ポッドは自動化やデジタル化を進めたUPAZ-1Mに変更され、給油速度は毎分3,000Lとなる[17]。総燃料搭載量は110トン[18]
Il-78MK-90
輸出型。
最大離陸重量210トン、最大ペイロード52トン、 空中給油時の飛行速度毎時400-600km、最大高度12,100m、給油時の飛行高度450-9,000m、最大ペイロード時の航続距離5,000km、離陸距離1,540m[19]

運用国[編集]

53機が製造されている[1]

アルジェリアの旗 アルジェリア

ソ連およびウクライナ空軍機5機を運用。

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

  • ユタ銀行
1機を所有[20]

インドの旗 インド

1987年から開始された空中給油機の導入検討時にエアバス A310/A330 MRTTと比較の結果、保有するIl-76MDと互換性があり輸送機としても使用できることが評価され、Il-76TDからの改装を含む6機が購入され第78飛行隊英語版で運用されている[21]
2008年から検討が開始された新たな給油機の選定では、KC-767AT、A330 MRTTとともに提案されたが、アフターサービスが悪く、スペアパーツや消耗品の供給に問題があったことからエアバス A330 MRTTに敗れている。2010年に価格が高すぎるとしてA330 MRTTの調達がキャンセルされたことを受け再選定が行われたが再び敗れている[22]
2016年8月に再びA330 MRTTの調達がキャンセルされたことを受け[23]、インドは6機のIl-78M-90Aの購入交渉を実施しているとされている[24]
2015年10月には、新しいアビオニクスとエンジンを含むアップデート契約が結ばれた。この改修により寿命は20年延長される[25][26]
稼働率問題
オープンソースによればスペアパーツの不足のため6機の内飛行可能な機体は2機だけとされる[27]。また2機の内2016年のレッドフラッグにおいては1機だけが使用されたという。これには構造的な問題やイスラエル製のポッドの問題もあるとされる[28]
2017年にインド会計監査局(CAG)はIl-76MD重輸送機14機と、空軍が運航するIl-78給油機6機の保守不良を強調する報告書を開示した。報告書によると、2010年から2016年の期間におけるIl-76とIl-78の平均利用可能率は、両タイプで必要な平均値は70%に設定されていたもののそれぞれ38%と49%であった。また平均してIl-76の41%、Il-78の32%が引き続き地上待機していたと同報告書は述べている。この理由は予備パーツの入手不能とイリューシンとの長期メンテナンス支援契約締結の遅れによるものだが、報告書はアフターマーケットのサポートが乏しい主な理由の1つとしてIl-76/78艦隊のロシアおよびウクライナのベンダーとサービスおよびスペアパーツ契約を締結する必要があるためとしている。加えてアビオニクスがまだアップグレードされていないため、1985年代の機器で飛行を続けており、保守性の問題や国際空域での運用に支障をにつながっている。また搭載するD-30KP-1は、2,000飛行時間または10年ごとにオーバーホールする必要があるがエンジンのオーバーホールについて別途の契約が締結されていないため、2,000飛行時間に達しても運用していたという。一方で2010年から2016年の間に保守性が67%から43%に制限されていた空中給油ポッドの問題は修正された[29]。このほか格納ハンガーが1つしかなく残りの機体が野外で待機を強いられ錆びていることを明らかにしこれが保守性や運用に悪影響をもたらしたと議会で報告された[30]
2017年8月、民間航空局がエア・インディアのメンテナンス・修理・オーバーホール(MRO)施設での防衛航空機の保守を容易にするよう、国防省通達していたことが報じられた。エア・インディア・エンジニアリング・サービシズ・リミテッド(AIESL)はIl-78にMROサービスを提供するための入札に参加したが、ロシアに拠点を置くOEMからこれらの航空機の修理を受けるために要求される必須の認可を取得していないため拒否されている。2017年1月25日にAIESL最高経営責任者H.R.ジャガナートはOEMは、知識や技術を移転する意思がなく、AIESLが認定することを許可していない。Il-78機は現在メンテナンスのためにロシアに送られていると付け加えた。また「メイクインディアの下では、これらの航空機はインドで維持されるべきであり、そうすることで、インドは多くの外国為替を救うことができる」と付け加えた[31]

 パキスタン

元ウクライナ空軍の所属機を4機運用している[11]

 リビア

6機の購入を交渉していたが1992年からの制裁により1機のみが引き渡された。現在でも運用されているとみられるが給油ポッドこそ維持されているもののほぼ貨物機として運用されているようである[32]

ロシアの旗 ロシア

リャザンのダャギレボ基地のIl-78
ディアギレボロシア語版基地に所属する第203防空補給連隊が19機を運用している。これに加えIl-78M-90Aを40機調達する予定である[33]

 ウクライナ

第409空中給油機連隊において8機を運用している[34]

中華人民共和国の旗 中国

保有するHY-6ではSu-30などの給油装置と規格が合わなず給油できないため導入された。
2005年に8機の発注を行ったがロシアが納入を2007年から2010年に延期する事と経費の追加負担(追加分は約5億ドルとみられている)を要請したため最終的に契約は破棄された[35]。。そのため、ウクライナと4,470万ドルでIl-78MPを3機購入する契約を結び、2機が引き渡し済みである[36]。中古機であることからこの購入は当面の一時しのぎと思われる。
漢和によれば改修を実施したニコラエフ修理工場は西安飛機工業公司と協力関係にあり設計図も提供されていることから今後にIl-76を自らIl-78に改装できるとされる[12]

検討中[編集]

 イラン

2015年7月22日に100機の購入を検討していることをイスラエルメディアが報じた[37]

ベネズエラの旗 ベネズエラ

2008年10月2日に検討していることが報じられていた[38]

事故[編集]

1993年3月25日、USSR-76736がウズィーンにおいてキャビンが破壊されるという事故を起こした。事故機はスクラップとなった。

1998年7月17日、ウクライナのブソル航空ロシア語版のUR-UCIがエリトリアアスマラで着陸に失敗して墜落し乗員10名が死亡した[39]

性能[編集]

統一航空機製造会社公式サイトより[40]

三面図
  • 全長:46.59 m
  • 全幅:50.50 m
  • 高さ:14.76 m
  • 翼面積:300 m2
  • 最大離陸重量:190,000 kg
  • エンジン:アヴィアドヴィガーテリ)製 D-30KP ターボファン ×4
  • 推進力:118 kN (26,500 lbf) ×4
  • 乗員:6 名
  • 燃料積載重量:48 t
  • 巡航速度:850 km/h
  • 航続距離:7,300 km
  • 実用最大上昇高度:12,000 m
  • 推力重量比:0.23

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e IL-78 Midas Air-to-Air Refuelling / Transport Aircraft, Russia
  2. ^ a b c Aerial-refueling systems - "RD & PE Zvezda" JSC
  3. ^ Система дозаправки самолётов топливом в полёте УПАЗ, УПАЗ-1
  4. ^ a b 航空ファン 2009年6月号 P.30-33
  5. ^ a b Сергей Дроздов Младший брат "семьдесят шестого" // Авиация и космонавтика : журнал. — 2014. — № 8. — С. 12,13.
  6. ^ Gordon, Yefim; Kommissarov, Dmitriy (2002). Ilyushin Il-76, Russia's Versatile Airlifter. Midland. ISBN 1-85780-106-7. 
  7. ^ Ilyushin IL-78MKI Midas
  8. ^ ОАО «Ил» приступило к работам по модернизации первого военно-транспортного самолета Ил-76МД ВВС России до версии Ил-76МД-М
  9. ^ Mukherjee, Amit (2004年9月29日). “IAF to get 5th IL-78 refueller soon”. The TImes of India. http://timesofindia.indiatimes.com/india/IAF-to-get-5th-IL-78-refueller-soon/articleshow/867031.cms?flstry=1 
  10. ^ Ил-78МК-90
  11. ^ a b “Pakistan Receiving IL-78 Refueling aircraft”. Defense Industry Daily. (2008年12月8日). http://www.defenseindustrydaily.com/Pakistan-Receiving-IL-78-Refueling-aircraft-05191/ 2009年7月24日閲覧。 
  12. ^ a b ウクライナ情勢と中国の IL-78 空中給油機
  13. ^ Aviastar-SP started production of the first test Il-78M-90A tanker aircraft
  14. ^ Aviastar-SP rolls out first Il-78M-90A aerial refuelling aircraft
  15. ^ Deliveries of new Il-78M-90A tanker aircraft to Russian air forces will be started in 2018
  16. ^ Russia Drops Plans for a Strategic Air Tanker | Defense News: Aviation International News
  17. ^ УПАЗ-1М aerial-refueling system
  18. ^ Aviastar SP unveils increased capabilities for Russia's future Il-78M-90A aerial refuelling aircraft
  19. ^ Авиановинки форума "Армия-2016"
  20. ^ FAA Registry - Aircraft - N-Number Inquiry
  21. ^ 航空ファン 2009年6月号 P.30-33
  22. ^ Привычка проигрывать
  23. ^ New Delhi backs down from A330 MRTT deal
  24. ^ India in talks with Russia on purchase of modernized Il-76 refueling aircraft
  25. ^ Ministry of defence clears military projects worth over Rs 12,000 crore
  26. ^ Times of India: Индия одобрила модернизацию Ил-78 и Ил-76 ВВС
  27. ^ India Might Acquire Russian Il-78M-90A Aerial Tankers
  28. ^ Indian Tanker Deal May Still Be Concluded
  29. ^ Indian report slams Il-76 availability rate
  30. ^ India’s IL-78 Fleet Rusting Away Hangar-Less Since 2003, Says Auditor - Sputnik International
  31. ^ Air India shows interest in overhauling defence planes - The Hindu
  32. ^ プローブアンドドローグ:リビアの不運な空中給油機導入計画の話
  33. ^ Минобороны купит 40 новых летающих танкеров
  34. ^ Ukraine - Air Force Equipment
  35. ^ IL-78空中給油機(マイダス) - 日本周辺国の軍事兵器
  36. ^ Украина подготовила третий самолет-заправщик Ил-78 для Китая
  37. ^ Israeli Media: Iran Wants to Buy 100 Russian Tanker Aircraft
  38. ^ Venezuela To Spend One Billion Dollar Russian Loan On Air Defense
  39. ^ Катастрофа Ил-78 а/к УАТК в Эритрее (борт UR-UCI ), 17 июля 1998 года. // AirDisaster.ru - авиационные происшествия, инциденты и авиакатастрофы в СССР и России - факты, история, статистика
  40. ^ САМОЛЕТ ТОПЛИВОЗАПРАВЩИК Ил-78М-90

外部リンク[編集]