Il-112 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Il-112

MAKS-2009で公開されたIl-112の模型

MAKS-2009で公開されたIl-112の模型

Il-112は、イリューシン設計局Il-114をベースに開発しているAn-26とAn-24の後継となる輸送機である[2][3]

開発[編集]

開発の開始・最初の開発停止[編集]

Il-112の開発はAn-26の後継機として民間型の予備設計が、公的資金なしにイリューシンの内部資金を用いて1990年代前半に開始され、メディアでは旅客機として発表された。イリューシンは航空機生産の資金調達のため「Il-バシコルトスタン」を設立し、Il-112プログラムの資金調達は、バシコルトスタンの石油の販売からの収益を得た。Il-112の量産は1994年クメルタウ航空機生産合同ロシア語版で行うことが計画された。続いてヴォロネジ航空機合同でのIl-112の量産を実施することが計画され、後に正式に決定された[4]。しかし、経済危機のために開発作業は停止した[5][6]

軍用機としての再開[編集]

2004年4月、Il-112Vはロシア国防省が実施したAn-26の後継となる軽量軍用輸送機を開発するための競争において、MiG-110、M-60LVTS、Tu-136Tロシア語版と競合の末勝利した[6]。機体のレイアウトと予備設計は、同年12月に提示され、2005年5月第61空軍中将のヴィクトル・デニソフロシア語版司令官は、メディアに対し「最初のIl-112は2006年に初飛行し、2007年に最初のバッチがリリースされる」と述べた[7]。翌年4月、アレクサンドル・ゼーリンはIl-112の採用を計画しているとの声明を発表した[8]

開発の遅れ・2度目の開発停止[編集]

2009年8月5日、初飛行予定の日時が2011年に変更され、70機の発注が期待されると報道された[9]。しかしその後もIl-112は開発において延滞を繰り返し、財源の不足及び技術的問題(エンジンが3500馬力から2800馬力に低下したものとなり出力不足[10])などにより同年アナトーリー・セルジュコフ国防相はIl-112の開発を凍結するように指示を出した[11]。これに伴い翌年8月、ロシア国防省は軍のこのクラスの多くの航空機が必要ではないことを指摘し一時的に開発費用の支払いを停止、試作機の製造が停止した。4機(飛行試験機2機、地上試験機2機)の試作機製造には8億ルーブルが必要であった[12][13]。そのため国防省は4機の試作機製造のための予算外の資金を求めて開発する可能性を探るように提案した[14]

一連の流れを経て2011年5月、ロシア国防省は正式にIl-112の軍用輸送型を放棄し、7機のAn-140Tを購入することを決定[15]。これを受けVASOは、同年7月20日1機の試作機の製造を停止したことを発表した[16]

2度目の開発の再開[編集]

2012年10月16日、ドミトリー・ロゴージン副首相は二国間の政府間委員会においてインドに共同生産を提案していると発言した[17]

2012年12月24日、ロシア国防省は供給の遅延と試験でいくつかの欠陥が明らかになったことを理由に、An-140の調達を中止した[18]。これに関連し翌年1月10日にロシア空軍がIl-112の開発再開を検討していることが報じられた[11][19]

2013年6月24日、ロシアが新たに実施されるAn-26の後継機の選定において、An-140TとIl-112を検討していることが報じられた[20][21]。同年6月26日には、イリューシン設計局が新しいターボプロップエンジンを作成するためにクリモフ設計局に対して技術仕様を送ったことも判明した[22]

2013年8月12日、イリューシンのゼネラル・デザイナーであるヴィクトル・リバノフ氏は、航空機に関する作業が再開され、2018年までにロシアが2機を受領する予定であると述べ、開発の再開が確認された[23]。同氏はこの決定がユーリ・ボリソフ第一副国防相により決されていたと述べ、理由としてAn-140Tは胴体の直径を大きくする必要があるなど多くの変更が必要でそれは実質的に新しい航空機を開発するのに等しいということ、また部品の供給が途絶する危険性があるといったことが挙げられたことも明かした[24][25]

2014年12月23日、イリューシンはIl-112の開発契約を締結し、最初の試作機は2016年に完成、最初の量産機は2018年からの出荷を予定していることを明らかとした[26]。翌年4月2日、イリューシンはtechnodynamicsとIl-112用の電源システムの開発のための契約を締結[27]、同年6月11日、ロシア国防省は、Il-112の技術設計を承認した[28]

2015年7月30日、イリューシンはtechnodynamicsとIl-112のシャーシおよび油圧シリンダの開発のための契約を締結した[29]

2015年8月27日、VASOは最初のプロトタイプの生産を開始した[30]

2015年9月2日、ロシア軍によるテストが2019年より開始されることが明らかとなった[31]

2016年1月20日、アヴィアスタル-SPは最初の部品の生産を開始した[32]

2015年12月10日、VASOはIl-112製造のため13億ルーブル以上の費用をかけて設備をアップグレードすることを計画していることが報じられた[33]

2016年9月、ロシア副国防相のユーリ・ボリソフは生産のための契約を署名しようとしていると会議において発表し、UACはこの契約に基づきシリアル番号0103と0104の2機が2019年以降、開発作業に使用されるとした[34]

2016年7月、TsAGIの風洞においてフラッターモデルの第一段階の試験が実施された[35]

2016年12月、イリューシンのディレクターのドミトリー・セヴェリェフは最初のバッチ2機を供給するための契約が2017年に署名されると発表。また初飛行は2017年7月より前に行われなければならないとした[36]

2017年1月28日、ロゴージン副首相はVASOを訪問した際に7月1日に飛行すると発言した[37]

3度目の開発の遅れ[編集]

2017年4月11日、UACの社長であるユーリ・シュルサル氏は納入が2021年になると発表した[38]。5月29日にはロゴージン副首相が初飛行が2017年末になると発表した[39]。しかし6月20日にイリューシンのチーフデザイナーであるニコライ・タリコフ氏は初飛行が2018年初めに延期されたことを発表した。初飛行の延期は主に装置に関連しており、大量生産の開始時期には影響しないと述べた[40]。これについて7月19日付の軍産複合体内部のRNSソースによるとIl-112Vは基本的に新しいシステムを備えた新しい機械であり、それぞれが大量のテストと新しいテスト方法の開発を必要するがあったためだという[41]

2017年8月19日、ロゴージン副首相はIl-112Vの試験のための準備が最終段階にあることを報告した[42]

設計[編集]

Il-114がベースとなっているが[2]、胴体の長さは6.2メートル減少し高翼配置となっている。主翼は直線翼で、垂直尾翼は垂直安定板と方向舵で構成されるT字型である[43]。主翼はロシアの輸送機では初となるモノリシック翼(一体主翼、これまでは胴体に接続する中央部とそれ以外で分割されていた)が採用されている[44][45]。フラップは油圧式でなく電気で動作するようになっており、システムの重量を軽減し、その性能と保守性を向上させている[46]。この主翼は特別なブラケットとブレースの助けを借りて2つのパワーフレームで胴体上端に装着される[45]

主脚は胴体脇のバルジに納められており、格納式のホイールには、テレスコピックタイプの衝撃吸収システムが装備されている。このため、非舗装飛行場における運用も可能である[43][47]。昼や夜、悪天候下でも任務を遂行でき、ICAOカテゴリーIIの飛行場への自動着陸や計器着陸装置がない不十分な装備の飛行場への手動着陸も可能。キャビンの大きさは、長さ11.28m(床の長さは8.4m)、幅2.48m、高さ2.42mで、貨物の積み降ろしのためのローディングランプが取り付けられる。一方で短距離離陸・着陸ミッションには適していない[47][48]。貨物室にはUAZ-452クラスの車両を2両あるいは最大50人の人員、最大25人のパラシュート・武装装備の兵士を積載可能[49]

エンジンやアビオニクスについては、Il-114-300と共通のものとなる予定である[50]。アビオニクスには高度な統合型デジタルアビオニクススイートIKBO-112が装備され、システムには、プライマリ・フライト・ディスプレイ(PFD)、多機能ディスプレイ(MFD)/ナビゲーション表示(ND)、エンジン計器・乗員警告システム(EICAS)/電子集中型の航空機モニタリング(ECAMと同等の装置)が装えられる[43]。すべての航空情報ならびに航空機システムの動作に関する情報は、コックピットに5つある液晶ディスプレイに表示される[51][47]。またモスクワ電気機械技術・オートメーション研究所により開発されているストラップダウン慣性航法システムが装備される予定[52]

エンジンにはTV7-117STが装備される。このエンジンは、An-26のAI-24VTと比較して2.4倍の燃料効率を持っており、航続距離に貢献している。出力は離陸時2,800馬力、最大離陸時3,000馬力だが緊急時に限って3,500馬力の出力を発揮できる[53]。騒音レベルや有害物質の排出についても、ICAOの規制に準拠している[43]。計画当初はTV7-117Sを搭載予定であったが、SMに変更され最終的にSTになった経緯がある[54]

自己防御用には、DIRCMなどを含んだヴィテブスク防衛システムが搭載される[55]

機体は大きな修理せずに、耐空性に必要なレベルを提供出来るとされており、割り当てられたリソース内(45,000飛行時間または30,000回の飛行、35年の寿命)において最小限の運用コストで運用できる[56]

製造[編集]

IL-112Vの開発と生産は30のロシア企業と50以上の航空機部品サプライヤーの参加を伴う。着陸装置はアビアアグレガット、複合材料の製品や部品の供給はAerocomposite、ハッチ、ドア、胴体パネルおよび他の機体の部品をアヴィアスタル-SP、エンジンの製造をクリーモフがそれぞれ担当する。残りの85%の部品の製造と機体の最終組み立ては、ヴォロネジ航空機製造合同(VASO)によって実施される[47][57]。初期の2機の生産には使い捨ての治具が使われたが今後の計画として年間8-12機の生産を行う予定である[44]

型式[編集]

Il-112V
軍用の輸送機型。
Il-112T
民間用の貨物機型。

運用[編集]

イリューシンでは国防省、FSB緊急事態省やその他の省庁に需要があるとみており、2030年まで、200機が公共のカスタマーに渡される計画があり議論しているとした[58]

ロシアの旗 ロシア
ロシア空軍が運用しているAn-26(70機導入し37機が稼働[20])の後継機として2013年末までに62機の導入を行うとしていた[59]。しかし、2015年3月にはこれは35機に減少し[60]、5月には2020年までの供給数が減少すると報じられた[61]。2016年9月ユーリ・ボリソフ副国防相は2017年に48機の生産のための契約を署名しようとしていると会議において発表した[34][62]
ロシア国防省では100機以上を購入する計画である[63]

輸出[編集]

2015年6月の時点で装備された機材の機密を守るため輸出は考えられていないが、将来的にこれらの機材を外した型式が開発される予定である[64]。インドとウルグアイが興味を示している[65][66]

仕様[編集]

IL112 sketch.svg

出典: ilyushin.org[67], topwar[48]

諸元

  • 乗員: 2名
  • 定員: 44名
  • 全長: 23.14 m (75 ft 11 in)
  • 全高: 8.87 m (29 ft 1 in)
  • ローター直径: 25.74 m (84 ft 5 in)
  • 運用時重量: 6,000 kg (13,000 lb)
  • 最大離陸重量: 21,000 kg (46,300 lb)
  • 動力: TV7-117ST ターボプロップ、2,100 kW (2,800 hp) × 2

性能

  • 巡航速度: 550-580 km/h (340-360 mph)
  • 航続距離: 2トンの荷物を搭載して5,000 km、最大積載で1,000 km
  • 実用上昇限度: 9,000 m (30,000 ft)


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

出典[編集]

  1. ^ Russia's Aviastar-SP to Produce Elements for 2nd Il-112 Plane in 2016
  2. ^ a b UAC Sets First Flight Date For Il-112 Airlifter
  3. ^ Первый полет военно-транспортного самолета Ил-112В должен состояться летом 2017 года
  4. ^ Ил-112В / Легкий транспортный самолет
  5. ^ Феникс с брендом "Ил" / Вооружения / Независимая газета
  6. ^ a b Третье рождение Ил-112В - Свободная Пресса - Новое оружие. Новости оружия Россия. Техника и вооружение. Армия сегодня
  7. ^ Минобороны не дает взлет Ил-112
  8. ^ Россия примет на вооружение новые транспортные самолеты Ил-112В
  9. ^ Commander outlines future of the Russian Air Force
  10. ^ Минобороны подвел черту под Ил-112В — Жуковские ВЕСТИ
  11. ^ a b Военные просят возобновить создание Ил-112
  12. ^ Ил-112 задерживается с вылетом
  13. ^ Ил-112В: приключения бумажного самолета | Еженедельник «Военно-промышленный курьер»
  14. ^ Завис в воздухе
  15. ^ Российская армия отказалась от ИЛ-112 в пользу грузового АН-140
  16. ^ На ВАСО приостановлена сборка первого ВТС Ил-112В
  17. ^ Россия предложит Индии совместное производство легкого транспортного самолета Ил-112
  18. ^ Минобороны отказалось от закупки транспортников Ан-140
  19. ^ ВВС России попросили о возобновлении проекта Ил-112
  20. ^ a b Военные подобрали два варианта замены транспортников Ан-26
  21. ^ Военные подобрали два варианта замены транспортников Ан-26
  22. ^ ОАО «Климов» создаст двигатель для Ил-112В
  23. ^ Минобороны возобновило разработку проекта самолета Ил-112
  24. ^ Ил-112 снова в строю
  25. ^ Самарский Ан-140 для обороны Родины оказался не нужен
  26. ^ Заключен государственный контракт на проведение опытно-конструкторских работ по созданию легкого военно-транспортного самолета Ил-112В для Министерства обороны Российской Федерации
  27. ^ «Технодинамика» создаст систему электроснабжения для транспортного самолета Ил-112В - ВПК.name
  28. ^ Утвержден техпроект легкого военно-транспортного самолета Ил-112В
  29. ^ Холдинг «Технодинамика» создаст шасси для транспортного самолета Ил-112В - ВПК.name
  30. ^ Production of the first Il-112V aircraft was started in Russia
  31. ^ Military testing of Il-112 aircraft will be started in 2019
  32. ^ Aviastar-SP starts production of Il-112V light military airlifter's first components
  33. ^ Для выпуска Ил-112 в модернизацию ВАСО намерены вложить более 1,3 млрд рублей
  34. ^ a b Ил-112В: сборка полным ходом: uacrussia
  35. ^ Специалисты ФГУП «ЦАГИ» провели испытания на флаттер модели военно-транспортного самолета Ил-112В
  36. ^ В АК «Ильюшина» рассказали, когда первые самолеты Ил-112 поступят в войска
  37. ^ Рогозин: Ил-112 будет поднят на крыло 1 июля
  38. ^ Серийные поставки самолетов Ил-112 начнутся с 2021 года
  39. ^ Рогозин анонсировал начало испытаний легкого военно-транспортного самолета Ил-112В
  40. ^ Первый полет военно-транспортного самолета Ил-112 состоится в 2018 году
  41. ^ Полугодовая задержка первого вылета Ил-112В связана с большим объемом испытаний — Rambler News Service
  42. ^ Подготовка легкого транспортного Ил-112В к испытаниям завершается - Рогозин
  43. ^ a b c d Ilyushin IL-112T, Russia
  44. ^ a b Ил-112В, сделанный в Воронеже, совершит первый полет в июне 2017 года
  45. ^ a b Light Military Transport Aircraft Il-112V
  46. ^ "Технодинамика" обеспечит самолет Ил-112В новой механизацией крыла
  47. ^ a b c d Il-112V Light Military Transport Aircraft, Russia
  48. ^ a b Новости проекта Ил-112 » Военное обозрение
  49. ^ Региональные VASO
  50. ^ Russia Dumps An-140T Airlifter for Home-Made Ilyushins
  51. ^ В рамках ОКР по созданию легкого военно-транспортного самолета Ил-112В состоялась защита технического проекта самолета перед заказчиком
  52. ^ KRET is ready to modify its latest navigation system for the Il-112V - News - Russian Aviation - RUAVIATION.COM
  53. ^ JSC "Klimov" - TV7-117S family
  54. ^ ОДК: серийное производство двигателя для Ил-112В начнется к 2020 году
  55. ^ В России разрабатывают новейший бортовой комплекс обороны самолетов | РИА Новости - события в России и мире: темы дня, фото, видео, инфографи
  56. ^ ОАК :: Ил-112
  57. ^ "АВИАСТАР-СП" В АПРЕЛЕ НАЧНЕТ ПОСТАВКИ КОМПЛЕКТУЮЩИХ ДЛЯ ИЛ-112В В ВОРОНЕЖ
  58. ^ «Ильюшин» построит до 200 самолетов Ил-112
  59. ^ Контракт на поставку 62 Ил-112 для ВВС могут заключить до конца года
  60. ^ Минобороны РФ закупит 35 легких транспортных самолетов Ил-112 - Телеканал «Звезда»
  61. ^ СМИ сообщили о сокращении закупок военно-транспортных самолетов Ил-112В
  62. ^ Главный конструктор Ил-112В рассчитывает на хорошие рыночные перспективы транспортного самолета
  63. ^ Новости Воронежа и Воронежской области | ВАСО сделает для Минобороны 100 самолётов Ил-112 – Вести Воронеж
  64. ^ Новый военно-транспортный самолет Ил-112В экспортироваться не будет | РИА Новости - события в России и мире: темы дня, фото, видео, инфографика
  65. ^ Индия заинтересовалась российским самолетом Ил-112
  66. ^ Уругвай готов расшить военно-техническое сотрудничество с Россией
  67. ^ Light transport aircraft Il-112T

外部リンク[編集]