Ka-52 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ka-52

Ka-52 アリガートル(カモフ52 アリゲーター;Ка-52 Аллигатор カー・ピヂスャート・ドヴァー・アリガータル)は、ロシア航空機製造会社カモフで開発された攻撃ヘリコプター。愛称はロシア語で「ワニ」「アリゲーター」のこと。NATOコードネームホーカムB

概要[編集]

Ka-52は、Ka-50 ホーカムの複座型として開発された。Ka-50は、従来2名の乗員を必要としてきた攻撃ヘリコプターにおいて1名ですべての操作が可能なように設計された画期的な機体であったが、軍事航空分野では先進的な技術は嫌われるという傾向に突き当たり、ロシア連邦軍をはじめどこからも発注を受けられずにいた。さらに、ロシアでは対抗機種であった複座のMi-28 ハボックが採用されるという動きも見られた。そのため、カモフでは急遽Ka-50の複座型を開発することにし、Ka-52と呼ばれる機体が開発された。この機体は、1995年のパリ航空ショーで計画が明らかにされており、1997年7月1日に初号機が初飛行している。Ka-50がはじめて公開されたときと同様、高性能さ・強力さを主張する全身漆黒の塗装で公開された。愛称には、ロシア人の好きな「ワニ」が選ばれた。

Ka-52は、機首下面に回転式のセンサー収納部とメインローターマストの直前のキャビン天井部に球形のセンサー収納部をそれぞれ装備しており、操縦席の座席配置は他の攻撃ヘリコプターに多い前後配置ではなく、サイド・バイ・サイド方式の並列配置となっており、左席にパイロット、右席に兵装/センサー操作員が搭乗する。Ka-50と同じく座席は射出座席を装備している。計器盤には4基のカラー液晶多機能表示装置があり、左右の座席に2基ずつが配置されている。夜間攻撃用の温度探知システムとしてサムシート-50BM-1(Самшит-БМ-1самшитは「」の意味)が装備され、これによりレーザー誘導ミサイルによる攻撃力の向上が図られた。Ka-50より高度な能力を持ち、とくに国内での対抗機種であるMi-28Nのみならず西ヨーロッパ諸国やアメリカの新型ヘリコプターとの競合において必要不可欠なものであった夜間攻撃能力の付与は、このKa-50の新しい派生型の評価を高めるものとなった。Ka-52では、地上からの攻撃に対する防御力の向上やロシア製攻撃ヘリコプターの特徴である幅広い種類の兵器搭載能力の向上が行われており、Ka-50からは、高い運動性と高速度が受け継がれた。Ka-52はMi-28を補佐する攻撃ヘリコプターとして少数が量産されることになり、2008年12月にロシア政府が量産の承認を与えて、2009年に最初の12機が引き渡される予定であったが、量産初号機は当初の予定より遅れ2011年1月2日に引き渡されたという。

また、Su-57に搭載されたS-111から派生した新しい通信機材であるS-403-1の搭載とテストが行われており、2014年中にテストを完了する予定である[1]

派生型[編集]

Ka-52K カトレン
Ka-52K カトレン(Ка-52К Катран
ロシア海軍向けに開発された派生型。"カトレン"とは、ロシア語アブラツノザメの意。
2015年3月7日に初飛行を行った[2]。対腐食塩害性対策、ローターと翼の折り畳み機能の導入、不時着水時の乗員生存システム、海上での緊急着水システムなどが盛り込まれている[3]。また、ジュークAEをベースにアンテナの直径を小型化し、周波数帯域を変更して目標探知距離を2倍の200kmとした新型フェーズドアレイレーダーを搭載して、Kh-31Kh-35の運用能力を付与する計画が有り、そのための準備が行われている[4][5]

運用国[編集]

ロシアの旗 ロシア

2015年1月時点で72機が引き渡され運用されている。2020年までに146機が納入される予定[6]
2015年11月25日、ハバロフスク空軍基地に2機が配備された[7]
2014年末までに3機が納入されている[8]。32機購入予定[9]

輸出[編集]

2015年6月、ロスボロネクスポルト社の幹部は、初の輸出契約を獲得したとのことを公表した。数量や発注元は不明[10]。また、アルジェリアが購入を検討している[11]

2015年8月には、エジプトもKa-52を購入する予定であると報じられた[12]。46機を発注しており、2017年に16機を納入した。なお、10人の操縦士と24人の整備士の訓練は、ロシアン・ヘリコプターズ傘下のAACプログレスで行われている[13]。エジプト向けの機体はエジプトの気候に合わせた独自の改良が施されているため、「ナイル・クロコダイル(ナイルワニ)」の別名で呼ばれる[14]

性能・主要諸元[編集]

搭載武装

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

ARMA 2
プレイヤーが操作可能。
強襲機甲部隊 攻撃ヘリコプター戦記
プレイヤーの使用機として登場。
バトルフィールドシリーズ
BFBC
MECの攻撃ヘリコプターとして登場する。
BFBC2
マルチプレイの一部マップにオブジェクトとして残骸が登場する。
モダンコンバット5:Blackout
キャンペーンモードにて登場。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Das System der Kommunikationsmittel für Jagdflugzeuge, Hubschrauber und Drohnen
  2. ^ ロシア海軍の艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kの試作1号機が初飛行した
  3. ^ Ударный вертолет Ка-52: «Аллигатор» с Дальнего Востока России
  4. ^ ロシア海軍の為の艦上攻撃ヘリコプターKa-52Kは対艦ミサイルの運用能力を付与される
  5. ^ Phazotron-NIIR Corporation is developing helicopter on-board radar with phased array for naval version of Ka-52
  6. ^ Минобороны получит почти 150 ударных вертолетов Ка-52 "Аллигатор" до 2020 года
  7. ^ ロシア空軍、極東に全天候戦闘ヘリKa-52 2機を配備
  8. ^ Россия поставит на вооружение 32 палубных вертолета типа Ка-52К
  9. ^ Первые три вертолета "Мистрали" получат уже в этом году
  10. ^ Russia Begins Export of Ka-52 Alligator Attack Helicopters
  11. ^ Алжир заинтересовался покупкой вертолетов Ка-52
  12. ^ Egypt orders Russian Ka-52 combat helicopters — source”. TASS (2015年8月27日). 2017年12月24日閲覧。
  13. ^ 「航空最新ニュース エジプト軍のKa-52要員をロシアで訓練?」 『航空ファン』2017年11月号(通巻779号) 文林堂 P.127
  14. ^ “Иностранные летчики высоко оценили вертолет Ка-52” (Russian). https://www.aex.ru/news/2017/9/8/174761/ 2017年9月9日閲覧。