チャーリーズ・エンジェル フルスロットル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーリーズ・エンジェル フルスロットル
Charlie's Angels: Full Throttle
監督 マックG
脚本 マリアンヌ・ウィバーリー
コーマック・ウィバーリー
ジョン・オーガスト
原案 ジョン・オーガスト
原作 アイヴァン・ゴッフ
ベン・ロバーツ
製作 ドリュー・バリモア
ナンシー・ジュヴォネン
レナード・ゴールドバーグ
製作総指揮 パトリック・クローリー
ジェンノ・トッピング
出演者 キャメロン・ディアス
ドリュー・バリモア
ルーシー・リュー
デミ・ムーア
音楽 エドワード・シェアマー
撮影 ラッセル・カーペンター
編集 ウェイン・ワーマン
製作会社 フラワー・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 S.P.E/コロンビア
日本の旗 S.P.E
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年6月27日
日本の旗 2003年6月28日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $120,000,000[1]
興行収入 35.0億円[2] 日本の旗
$100,830,111[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$259,175,788[1] 世界の旗
前作 チャーリーズ・エンジェル
テンプレートを表示

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』(Charlie's Angels: Full Throttle)は、2003年に制作されたアメリカ映画。映画版『チャーリーズ・エンジェル』の続編。

概要[編集]

テレビドラマ『地上最強の美女たち! チャーリーズ・エンジェル』の映画化作品第2弾。3人のエンジェル達は前作と同じだが、ボスレー役のビル・マーレイが降板し、コメディアンのバーニー・マックがボスレー役に抜擢された。敵役の元エンジェル、マディソン・リーをデミ・ムーアが演じ、存在感を見せた。また、TVシリーズのケリー・ギャレット役であるジャクリーン・スミスが同じ役柄で出演している。そのほか数多くの俳優や歌手がカメオ出演している。

2004年の第24回ゴールデンラズベリー賞にて最低続編賞を受賞。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2
ナタリー・クック キャメロン・ディアス 藤原紀香 渡辺美佐
ディラン・サンダース/ヘレン・ノケツ ドリュー・バリモア 松本梨香 石塚理恵
アレックス・マンディ ルーシー・リュー 高山みなみ 朴璐美
マディソン・リー デミ・ムーア 藤生聖子 高島雅羅
ジミー・ボスレー バーニー・マック 江原正士
ピート ルーク・ウィルソン 今井朋彦 村治学
ジェイソン・ギボンズ マット・ルブランク 檀臣幸 咲野俊介
アレックスの父親 ジョン・クリーズ 富田耕生 青野武
ヤセ男 クリスピン・グローヴァー 岩崎ひろし 青山穣
レイ・カーター ロバート・パトリック 山路和弘 大滝寛
ケリー・ギャレット ジャクリーン・スミス 上田みゆき 泉裕子
シーマス・オグレイディ ジャスティン・セロー 高木渉 佐久田修
チャーリー・タウンゼント ジョン・フォーサイス 中村正
ボスレー ビル・マーレイ (写真のみ)
マックス シャイア・ラブーフ
ロジャー・ウィクソン ロバート・フォスター 佐々木勝彦
警官 アンドリュー・ウィルソン 中多和宏
アラン・コーフィールド エリック・ボゴシアン 斎藤志郎
レースのスターター P!NK LiLiCo
ボスレーの母親 ジャネット・デュボワ 片岡富枝
未来のエンジェル メアリー・ケイト・オルセン
アシュレー・オルセン
政府要人 ブルース・ウィリス
シスター キャリー・フィッシャー 谷育子

ストーリー[編集]

サウンドトラック[編集]

ソニー・ミュージックより発売された。1970、80年代のヒット曲が収録されている。

  1. 『フィール・グッド・タイム』 - P!NK featuring ウィリアム・オービット
  2. 『サタデー・ナイツ・オールライト/土曜の夜は僕の生きがい』 - ニッケルバック featuring キッド・ロック
  3. 『レベル・レベル/愛しき反抗』 - デヴィッド・ボウイ
  4. 『デンジャー!ハイ・ヴォルテージ』 - ELECTRIC SIX
  5. リヴィン・オン・ア・プレイヤー』 - ボン・ジョヴィ
  6. 『お気に召すまま』 - ジャーニー
  7. 『サーファー・ガール』 - ビーチ・ボーイズ
  8. 『それ行け!ウィークエンド』 - ラヴァーボーイ
  9. 『ガール・ライク・ユー』 - エドウィン・コリンズ
  10. 『NAS’エンジェルズ...ザ・フライエスト』 - NAS featuring ファレル
  11. 『恋のときめき』 - アンディ・ギブ
  12. 『ディス・ウィル・ビー(エヴァーラスティング・ラヴ)』 - ナタリー・コール
  13. 『ユー・キャント・タッチ・ディス』 - M.C.ハマー
  14. 『ラスト・ダンス』 - ドナ・サマー

出典[編集]

  1. ^ a b c Charlie's Angels: Full Throttle (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2010年3月24日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2003年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年3月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]