Tu-160 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Flag of the Soviet Union.svg Tu-160 / Ту-160

MAKS 2007航空ショーにて離陸するTu-160

MAKS 2007航空ショーにて離陸するTu-160

Tu-160(ロシア語: Ту-160トゥー・ストー・シヂスャート)は、ソビエト連邦ツポレフ設計局が開発した可変翼超音速戦略爆撃機である。

ロシア語で「白鳥」の意味、「ベールイ・レーベチ」(Белый лебедьビェールィイ・リェービェチ)の非公式愛称がついており、北大西洋条約機構(NATO)の用いたNATOコードネームでは「ブラックジャック」(Blackjack)と呼ばれた。その形状からアメリカB-1 ランサーに対抗して開発されたものとみられている。

概要[編集]

航空機70として開発が始められて、その後、試作1号機が1981年12月に初飛行し、1982年2月の試験飛行では音速を超えている。1987年には試作2号機が試験飛行中に墜落したが、この年の5月、最初の実用部隊の第184親衛重爆撃機連隊の2個飛行隊に配備され運用開始する。一方 西側諸国には、1981年11月にラメンスコイエ航空試験センターにあった試作1号機がアメリカの偵察衛星により確認され、最初に撮影された写真には、不鮮明ながらも隣にTu-144が並んで写っていたため、アメリカのB-1よりも一回り大きいことが分った。その後、名称がTu-160と判明、ブラックジャックのNATOコードネームが与えられている。

設計・特徴・性能[編集]

Tu-160(左側)とB-1(右側)、Tu-160の方がB-1より機体が一回り大きいことが分かる。
Tu-160のコックピット、機体を操作する操縦装置が操縦輪ではなく操縦桿となっている。

機体は胴体から主翼まで滑らかに厚さを変化させたブレンデッドウィングボディを採用しており、固定翼部の前縁は角度が大きい後退翼となっている。エンジン配置を含む基本構成はB-1と似ているが機体サイズはB-1より一回り大きく、最大離陸重量はB-1Bの216tに対して27%増の276t、また、搭載するNK-32エンジンはドライ推力でもB-1B搭載のF101のアフターバーナー使用時に匹敵し、アフターバーナー使用時にはさらに80%近く増力する。一回り大きい機体と2倍近いエンジン出力により、最大速度はB-1Bのマッハ1.25に対してB-1Aのマッハ2.2と同等のマッハ2.05、航続距離はB-1Bを16%上回る14,000 km、最大搭載量はB-1Bの34tを17%上回る40tとなっている。 飛行性能はTu-160が上回るが、ステルス性はB-1が優れる[1]。操縦装置は4重のアナログ式フライ・バイ・ワイヤ方式を採用している。機首には、下面に目視照準用のOPB-15前方TVカメラが収められた張り出し窓があり、コックピット前方に引き込み式空中給油用プローブがある。他に、アクティブECM防御装置、レーダー警報受信機、チャフ・フレア・ディスペンサーを搭載する。また、燃料タンクは胴体中央部の左右の固定翼部の前縁、胴体後部、左右の主翼内に5つあり、合計170,000ℓ、燃料を搭載できる。

可変翼である主翼の後退角は20度、35度、65度の三段階から手動で選択する。離着陸においては20度、高速飛行においては65度を使用する。主翼は、前縁のほぼすべてにスラット、後縁最外側にドループ・エルロン、その内側に横に3分割されたダブルスロッテッドフラップ、上部に片側5枚のスポイラーを装備する。垂直尾翼水平尾翼は全体が可動する全遊動式となっており、垂直尾翼の固定部前縁から胴体背部の主翼後縁部までの間にドーサル・フィンを持つ。

エンジンはB-1同様、逆V字型の空気取入口の中央にスプリッター・プレートを取付けてアフターバーナー付きターボファンエンジン2基に吸気を供給するポッド2基を胴体を挟んで装備しており、計4発搭載している。

ランディング・ギヤ(着陸装置)はB-1と同じ3脚で、主脚はB-1Bより1対多い3輪ボギー式の2重タイヤで6輪、前脚はB-1B同様の2重タイヤとなっている。前脚は後方に引き込まれて収納される。主脚は後方に引き上げた後、ボギー軸を90度捻ってタイヤ軸を機体中心線と平行にしてから収納される。

機首に地形追随機能付きのオブソール-K(NATOコードネーム グラム・パイプ)多モード航法/爆撃レーダーを搭載し、地上からの一定間隔を保ったままの超低空飛行を可能としている。

コックピットは4人乗りで、並列に2人ずつの座席があり、前列にパイロットとコパイロット、後列にシステム操作員2名が搭乗する。コックピット計器はグラスコックピットやヘッド・アップ・ディスプレイなどはなく、通常のアナログ計器で、中央に文字などを表示できるアナウンシエーター・パネル2基を配置している。 機体のローリングとピッチング制御には大型機で通常使用する操作輪ではなく操縦桿を装備する。操縦桿は根元部分が固定されグリップ部分だけが動く方式となっている。 操縦席にはK-36Dゼロ・ゼロ式射出座席を装備、緊急時にはコックピット天井部を吹き飛ばした後に射出する。 乗員は前脚収納部にある搭乗口から乗り降りする。上部に扇風機がある。

兵装類は、胴体中央の縦に2分割されたタンデム配置の兵器倉に収納し、機外には搭載しない。通常爆弾の最大積載量は18,000kgまでだが、ミサイルを含めた攻撃兵器類を搭載した場合の最大積載量は40,000 kg。ミサイルはKh-55(AS-15A)またはRKV-500B(AS-15B)核巡航ミサイルを6発ずつ装着した回転式ランチャーを1つの兵器倉に各1基搭載し最大12発、Kh-15P(AS-16)短距離攻撃ミサイルを1つの兵器倉に12発搭載し最大24発を携行できる。

アメリカはTu-160はB-1を模倣していると批判したが、ソビエトは「同じコンセプトを目指した結果、同じ形になった」と反論した。このような機体の類似性に関するやりとりは当時の宇宙往還機「ブラン」や各国の超音速輸送機(ソ連ではTu-144)においても発生している。

運用[編集]

2005年8月16日の訪問時にTu-160の操縦席に座るプーチン大統領(当時)。射出座席と黒い小型扇風機が見える。

当初はTu-95を置き換える予定であったといわれているが、製造途中でソ連が崩壊してしまい、試作機8機を含むわずか35機しか生産されなかった。2015年頃より再生産が模索され、既存機への近代化と合わせ50機程度の新造機Tu-160M2を購入する見込みである[2]。この再生産の一環か2019年2月12日にプーチン大統領は超音速旅客機への改装案を提案・発表しているが[3][4]、ロシア産業貿易大臣のデニス・マントゥロフはこれを否定している[5]

ロシア共和国以外の地域に配備されていたTu-160はそれぞれ所属基地のある旧ソ連構成諸国に引き取られ、特にウクライナは19機を保有していた[6]。しかしながら、Tu-160は極めて複雑な構造のためこれらの旧構成諸国での運用は困難で、全く運用されず放置されていた。そのため、1990年代中期から2000年前後にかけ、ロシア連邦が買い戻し交渉により8機程度を入手したほかは解体処分となり、ウクライナの保有機は2006年までに全機が退役している。

2005年8月16日にはロシアのプーチン大統領がTu-160に搭乗して軍を電撃視察した。そして2007年8月17日、1992年以降中止していた戦略爆撃機による海外への長距離訓練飛行(パトロール飛行)を再開したと表明。また、2008年5月9日に赤の広場で挙行された軍事パレードにおいて展示飛行がなされている。さらに同年、製造工場に残っていた予備部品を組み立てて、1機のTu-160を取得した[6]。加えて9月10日にはロシア国防省は2機のTu-160が同日、南米ベネズエラの軍事基地に到着したことを明らかにした。グルジアへの人道支援を名目に、ロシアが勢力圏と見なす黒海へ軍艦を派遣した米国を牽制する狙いとみられる。ベネズエラへの飛行は、2018年12月にも行われた[7]

2015年11月には、シリア内戦でのアサド政権軍を支援するため、他の戦略爆撃機とともにISILに対して巡航ミサイル攻撃を加え[8]、初めて実戦投入された[9]

派生型[編集]

量産機[編集]

Tu-160
標準型。
Tu-160M
アップグレード型。2段階に分けアップグレードが実施される。
第1段階では12発のKh-101、Kh-102、Kh-555レーザー誘導爆弾の運用能力を付加する。2008年4月に最初の改修機がロールアウトした[10]
第2段階ではレーダーの換装、マルチチャンネルデジタル衛星通信システムの搭載、自己防衛システムの改善、悪天候などを含むいかなる条件下でも正確な照準および自動航行を可能とするMTNS航法装置(Missile Targeting and Navigation System:ミサイル照準及び航法システム)の搭載などアビオニクスを改良する[11][12]。2014年11月16日、初飛行[10]
Tu-160M2
新造機。Tu-160Mに加え更なる改良を行っている[13][14]Tu-22M3Mとは部品の60%を共有する設計である[15]。2020年2月2日に既存の機体(RF-94103,Игорь Сикорский)のシステムと機器を置き換え、テールコーンなど一部の形状を変更した試験機の初飛行が報告されている[16]。さらに2020年11月3日、エンジンをNK-32-02へ換装して試験飛行した[17]。工場試験を完了したのち、2021年3月10日にジューコフスキー飛行場に到着し、予備試験に移行したことが明らかにされた[18]。2021年9月17日、カザン航空機製造合同にて2機目の試験機(テイルコード:RF-94444)の試験飛行が行われていた[19]。新造の機体が2022年1月12日に初飛行した[20]。既存の機体との外見上の大きな相違点としては、機体後端に見られたレーダー警報受信機が新型の電子戦術装置に置き換えられたため、前述の通りテールコーンが短縮されレドームになっている箇所で、それに伴いチャフ・フレアディスペンサーの配置も変更され前方へ移動した。また機首底部のOPB-15前方TVカメラと装置を納めていたフェアリングは除去され平坦になり、機首の上下に見られる通信用VHFアンテナの形状にも若干の差異がある。改修前の機体との分類上、Tu-160M2と表記される事が多いが、現在、統一航空機製造会社公共株式会社ツポレフの公式においてはTu-160Mの呼称が使用されている。
Tu-160P(Tu-161)
長距離護衛戦闘機/要撃型。
Tu-160SK
商用版。Sは量産を意味するСерийный、Kは商業を意味するКоммерческийの略号。

試作機/計画機[編集]

Tu-160V
液体水素を燃料とするタイプ。計画のみ。
Tu-160 NK-74
NK-74エンジンを搭載したアップグレード型。提案のみ。
Tu-160PP
電子戦型。提案のみ。
Tu-160R
戦略偵察型。提案のみ。

生産機体と配備状況[編集]

初期に生産された3つの試作機はモスクワ機械製造工場「オープィト」(ММЗ "ОПЫТ")にて組み立てられ、試験用機体と量産機はカザン航空機製造合同(КАПО)が生産を担当している。ソ連が崩壊後、運用者がロシア空軍(航空宇宙軍)となってからは、各々の機体は第二次大戦時の空軍司令官や爆撃任務における優秀なパイロット、ソ連・ロシアの航空産業に著しい成果をもたらした人物の名前を機首に冠した固有の機体となっている。生産時期と運用開始が国家の移行期と重なっており、加えて前述の通りウクライナから売却された機体が修復、改修を終えた時期も考慮すると、各機体の移管と部隊配備、最後に改修を施された日時については正確な情報が不足している。現在稼働状態にある機体は全て、遠距離航空コマンド隷下の第6950ドンバス親衛航空基地、第1航空群に配備されている[21][22][23]

シリアルナンバー 機体番号 生産工場と生産コード 製造開始 納入 配備基地 運用状況 国籍記号 機体名 補足
70-01 18
242(1996-)
ММЗ "ОПЫТ" 1977 グロモフ飛行研究所
LIDBツポレフ(96-)
破棄(2014-???) 最初に製造された3つの試作機のうちの1つで、1981年8月18日にロールアウトし、同年12月18日に初飛行した。
70-02 ММЗ "ОПЫТ" 1977 ММЗ "ОПЫТ" 破棄(1990) 1982年に完成した強度試験用機体
70-03 29 ММЗ "ОПЫТ" / 84401923 1977 グロモフ飛行研究所(-1996,2003)
LIDBツポレフ(1996-2009)
КАПО(-2017)
破棄(-2017) 1984年6月10日初飛行した2番目の試作機で、1989年まで使用された。1992年、93年、95年のMAKSにて展示飛行した。
1-01 30 КАПО / 83401517 1981.12 グロモフ飛行研究所(1984-2013) 分解(2013)
破棄(2019.02)
1984年10月10日に初飛行した最初の評価試験機体。1989年まで試験運用された後はグロモフ飛行研究所で保管されていた。
1-02 56 КАПО / 84401923 1981.12 グロモフ飛行研究所(1984-1987) 喪失(1987) 2機目の評価試験機体で、1985年3月16日、もしくは4月16日に初飛行した。後に墜落して失われた。搭乗員は生還した。
201 86 КАПО / 82502618 1982 グロモフ飛行研究所(-2013.08) 3番目の評価試験機体で、1985年にロールアウトし、同年12月に初飛行した。87年から89年の間に国家統合試験「B」段階の試験を完了した。1998年まで運用された後は2017年までグロモフ飛行研究所にて保管された。
202 87
19(2006-)
КАПО / 84502324 1982 1986.02.24 グロモフ飛行研究所(-1998)
КАПО(2000-2006)
エンゲリス(2006-)
第121親衛重爆撃機航空連隊(2006-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94113
(2012.08-)
Валентин Близнюк(ヴァレンティン・ブリズニュク、本機の主任設計者) 4番目の評価試験機体で、1986年8月15日に初飛行した。2000年から2006年の間に修理、Tu-160Mへ改修された。2015年にロシア軍によるシリア内戦への軍事介入の際に投入された。
203 30 КАПО / 84602438 1982 1987.03.26 グロモフ飛行研究所
プリルキ(1987.04-2000)
第184親衛重爆撃機航空連隊(-2000)
破棄(2000.03.31)
5番目の評価試験機体で、1986年8月15日にロールアウトし、1987年に初飛行した。
301 31 КАПО / 84603712 1982-1986 1987.03.12 プリルキ(1987.04.23-) 第184親衛重爆撃機航空連隊(-2000)
破棄(2000.04.25)
最初に生産された2機の量産機のうちの初号機である。1987年初飛行した。
302 32 КАПО / 82703629 1985-1987 1987.09.30 プリルキ(1991-2000) 第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-2000)
破棄(2001.02.01)
量産機として生産され、1987年初飛行し、9月30日に引き渡された。
303 КАПО 1985-1987 強度試験用の機体
304 33
14
КАПО / 83703845 1986-1987 1987.12.31 プリルキ(1991-2000) 第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-2000)
破棄(2000.06.07)
量産機として生産され、初飛行は1988年-1989年のいずれかの日時に行われている。
305 25 КАПО / 84703453 1986-1987 1988.01.28 プリルキ(1991-2000) 第184親衛重爆撃機航空連隊(-2000)
破棄(2000.12.01)
1988年に初飛行した量産機。
401 63(-95)
342(95-)
09(2022-)
КАПО / 84704217 1986-1987 1988.03.16 グロモフ飛行研究所
КАПО(????-2022)
ツポレフ設計局 RF-94444
(2021-)
Борис Веремей(ボリス・ヴェレメイ、本機のテストパイロット、ソ連邦英雄。2005.08-) 1988年3月22日に初飛行した量産機。ツポレフ設計局の試験機体として運用され、MAKS95、MAKS97にTu-160SKのデモンストレーション機体として参加した。後にTu-160M2の試作機として改修され、2021年9月17日に飛行試験が行われた[24]。改修後の国籍記号はRF-94444となっている。2022年2月4日、機体番号09を付与された本機がカザン航空機製造合同でTu-160M2の量産機として作業中である[25]
402 26 КАПО / 81804921 1986-1987 1988.06.30 プリルキ(1991-2000) 第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-2000)
ポルタヴァ重爆撃機博物館(展示中,2000.11.13-)
1988年11月に初飛行した。総飛行時間430時間。
403 20 КАПО / 82804734 1986-1988 1988.10.14 プリルキ(1991-1999) 第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-1999)
破棄(1999.11.26)
量産機体。1988年に初飛行
404 21 КАПО / 82804547 1986-1988 1988.12.31 プリルキ(1991-2000) 第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-2000)
破棄(2000.03.24)
1988年12月31日に引き渡された量産機体。1992年に初飛行。
405 22
14(2006-)
КАПО / 83804352 1986-1988 1989.02.14 プリルキ(1991-1999)
エンゲリス(1999-)
КАПО(2008-2009,2014-2021.03)
グロモフ飛行研究所
(2021.03.10-)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2012-2016) RF-94103
(2012.07-)
Игорь Сикорский(イーゴリ・シコールスキイ、ウクライナ人航空機エンジニア。実用ヘリコプターの開発者) 1989年初飛行。1999年にウクライナから売却されロシアへ移管。2016年よりTu-160Mへの改修を受け、2019年11月に試験開始。2020年2月2日に初飛行した。2020年11月3日、改良されたNK-32-02エンジンを搭載し飛行した[26]。2021年3月、グロモフ飛行研究所へ引き渡された[27]。Tu-160M2に搭載されるアヴィオニクスやエンジンのテストヘッドである。機首の先端にピトー管を装着している。
501 23 КАПО / 84805813 1986-1988 1989.03.15 プリルキ(1991-2000) 第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-2000)
破棄(2000.10.19)
502 24 КАПО / 84805425 1986-1988 1989? プリルキ(1991-2000) 第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-1998)
破棄(1998.11.16)
1989年にロールアウトした量産機。総飛行時間466時間。
503 16 КАПО / 82905836 1986-1989 1990.06.06 プリルキ(1991-1999)
エンゲリス(1999-2014)
КАПО(2014-)
第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-1999)
第121親衛重爆撃機航空連隊(????-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94107
(2012-)
Алексей Плохов(アレクセイ・プロホフ、空軍パイロット、ソ連邦英雄。2009.04.10-) 1999年にウクライナから売却されロシアへ移管。2009年4月10日に修復、Tu-160Mへ改修されたのちに復帰した。2014年現在修復中
504 17 КАПО / 83905142 1986-1989 1990.06.29 プリルキ(1991-1999)
エンゲリス(1999-)
КАПО(????-2011)
第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-1999)
第121親衛重爆撃機航空連隊(????-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94110
(2009-)
Прилуки(プリルキ,????-2009)[28]
Валерий Чкалов(ヴァレリー・チカロフ。ソ連飛行士、ソ連邦英雄。無着陸飛行の世界記録樹立者,2009-)
1999年にウクライナから売却されロシアへ移管。2007年から2011年の間に修復、Tu-160Mへの改修を完了した。
505 15 КАПО / 83905953 1986-1989 1990.08.31 プリルキ(1991-1999)
エンゲリス(1999-)
КАПО(????-2013)
第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-1999)
第121親衛重爆撃機航空連隊(1999-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94108
(2010-)
Владимир Судец(ウラジーミル・スデツ、第17空軍司令官、空軍元帥。ソ連邦英雄) 1999年にウクライナから売却されロシアへ移管。2010年から2013年にかけて修復・改修が行われた。
601 10 КАПО / 84906217 1986-1989 1990.12.19 プリルキ(1991-1999)
エンゲリス(1999-)
КАПО(2007-2008,2012-2016)
第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-1999)
第121親衛重爆撃機航空連隊(1999.06.11-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94100
(2011-)
Николай Кузнецов(ニコライ・クズネツォフ、エンジン技術者、N・D・クズネツォフ記念サマーラ科学技術複合の前身である第276国営連邦試験工場の主任技師。社会主義労働英雄。2000.08.09-) 1999年にウクライナから売却されロシアへ移管。2007に修復・改修が行われ、2008年に空軍へ引き渡され運用開始。2012年から再び修復、Tu-160Mへ改修された。2016年8月に試験を完了したのちに復帰。本機はコックピット後方にある2対のペリスコープの位置がやや中央よりとなっている。
602 11 КАПО / 84906826 1986-1989 1990.12.30 プリルキ(1991.02-1999)
エンゲリス(1999-)
КАПО(2012-2016.01.28)
第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-1999)
第121親衛重爆撃機航空連隊(2000.02.01-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94114
(2011-)
Василий Сенько(ヴァシリー・センコ,ソ連空軍大佐、航法士。2度の社会主義労働英雄。2007-) 1999年にウクライナから売却されロシアへ移管。2012年から2016年の間に修復、M1規格へ改修された。
603 12 КАПО / 84906335 1986-1989 1991.03.30 プリルキ(1991-1999)
エンゲリス(1999-)
КАПО(2011-2013)
第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-1999)
第121親衛重爆撃機航空連隊(????-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94109
(????-)
Александр Новиков(アレクサンドル・ノヴィコフ、ソ連空軍司令官、2度のソ連邦英雄) 1999年にウクライナから売却されロシアへ移管。2011年から2013年の間に修復、Tu-160Mへの改修を完了した。
604 14 КАПО / 81006741 1987-1990 1991.03 プリルキ(1991-1999) 第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-1999)
破棄(1999.01.16)
総飛行時間100時間未満。
605 18 КАПО / 82006458 1987-1990 1991.09.30 プリルキ(1991-2000)
エンゲリス(2000.03.21-)
КАПО(2003-2014)
第184親衛重爆撃機航空連隊(1991-2000)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2014.12-)
RF-94111
(????-)
Андрей Туполев(アンドレイ・ツポレフ、航空機設計者、ツポレフ設計局の創設者。3度の社会主義労働英雄) ソ連崩壊前に生産された最後の機体である。2000年3月21日にウクライナから売却されロシアへ移管。2003年から修復のためКАПОに移管され、2013年から2014年の間に修復、Tu-160Mへの改修を受け、2014年12月19日に空軍へ引き渡された。
701 01 КАПО / 82007617 1989.02.14 1991.12.30 エンゲリス(1992.03.21-2003) 第1096親衛重爆撃機航空連隊(1992.02.16-1994)
第121親衛重爆撃機航空連隊(1994-2003)
Михаил Громов(ミハイル・グロモフ、ソ連空軍テストパイロット、長距離飛行記録樹立者、ソ連邦英雄。1999.02.22-) 1992年に初飛行。2003年9月18日に墜落。総飛行時間537時間
702 02 КАПО / 83007526 1987-1990 1992.06.30 エンゲリス(1992.05-)
КАПО(2008?-2010?,2013?-2017)
第1096親衛重爆撃機航空連隊(1992.05-1994)
第121親衛重爆撃機航空連隊(1994-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94102
(2010.06-)
Василий Решетников(ヴァシリー・レシェトニコフ、ソ連空軍戦略爆撃機パイロット、指揮官。ソ連邦英雄,1999.12.23-) 1992年に初飛行した量産機。2008年から2010年の間に修復と改修を受けた後に再配備、2013年から2017年の間に再度改修され、機体をTu-160Mへ更新した。2020年4月23日、M2規格へ改修されたと思われる。
703 03 КАПО / 83007335 1987-1990 1992.09.30 エンゲリス(1992.05-)
КАПО(2009-2011)
第1096親衛重爆撃機航空連隊(1992.05-1994)
第121親衛重爆撃機航空連隊(1994-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94101
(2010-)
Павел Таран(パヴェル・タラン、ソ連空軍戦略爆撃機パイロット、高級指揮官(中将)。2度のソ連邦英雄,2002.07.31-) 1992年に初飛行した量産機。2009年から2011年の間に修復と改修を受けた後に再配備
704 04 КАПО / 84007142 1987-1991 1992.12.30 エンゲリス(1993-)
КАПО(2009-2010,2017-2018,2020)
第1096親衛重爆撃機航空連隊(1993-1994)
第121親衛重爆撃機航空連隊(1994-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94112
(2011-)
Иван Ярыгин(イヴァン・ヤリギン、ソ連/ロシアのレスラー、メダリスト、SSRスポーツマスター。1999.01.06-) 1993年に初飛行した量産機。2017年から2018年の間に修復とTu-160Mへの改修、2020年4月23日に再び機器を更新した。
705 05 КАПО / 84007259 1987-1991 1993.07.21 エンゲリス(1993-)
КАПО(2010-2012)
第1096親衛重爆撃機航空連隊(1994)
第121親衛重爆撃機航空連隊(1994-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94104
(2011-)
Илья Муромец(イリヤ・ムーロメツ、叙事詩の主人公である大英雄。1995-1999)
Александр Голованов(アレクサンドル・ゴロヴァノフ、第18空軍司令官、空軍元帥。1999.08.07-)
1993年-1994年の間に初飛行した量産機。2010年から2012年の間に修復、改修を受けている。
801 06 КАПО / 84308216 ????-1992 1994.06.30 エンゲリス(1993-)
КАПО(2008-2009)
第1096親衛重爆撃機航空連隊(1994)
第121親衛重爆撃機航空連隊(1994-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94105
(2011-)
Илья Муромец(イリヤ・ムーロメツ、叙事詩の主人公である大英雄。1995.05.06) 1994年に初飛行した量産機。2008年から2009年の間に修復、改修を受けている。
802 07 КАПО / 82408427 1992 2000.03.21 エンゲリス(2000.09.05-)
КАПО(????-)
第121親衛重爆撃機航空連隊(2000.09.05-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94106
(2012-)
Александр Молодчий(アレクサンドル・モロッチ、ソ連空軍重爆撃機パイロット、指揮官、2度のソ連邦英雄。2000.06.27) 1994年に初飛行した量産機。2008年から2009年の間に修復、改修を受けている。
803 08 КАПО / 84408538 1992 2008.03.06 エンゲリス(2008.04.29-) 第121親衛重爆撃機航空連隊(2008-2009)
第6950ドンバス親衛航空基地(第1航空群,2009-)
RF-94115 Виталий Копылов(ヴィタリー・コピロフ、航空機エンジニア、カザン航空機製造合同の最高責任者(1973-1994)、社会主義労働英雄) 2007年12月28日に初飛行した量産機。Tu-160Mとして生産された。2015年にロシア軍によるシリア内戦への軍事介入の際に投入された。
804 КАПО / 84408538 1992 КАПО(2017-) Петр Дейнекин(ピョートル・デイネキン、ソ連/ロシア空軍の最高司令官、空軍元帥、ロシア連邦英雄。2018-) 2017年11月16日にロールアウトしたTu-160M。2018年1月15日に初飛行した。本機がメディアや関係者にはTu-160M2として認知される場合もあるが統一航空機製造会社のプレスではTu-160Mと呼称されている[29][30]
805 КАПО / ???? 1992 КАПО(2002-)
901 КАПО / ???? 1992 Tu-160M2として生産された新造の量産初号機。2022年1月12日に初飛行した[31]

登場作品[編集]

映画[編集]

ステルスX
架空のステルスシステム「ゴルゴン・システム」を搭載して登場。
『ロシア特殊部隊 スペツナズ』
ハイジャック機の追跡やミサイル攻撃任務で登場。
雲のむこう、約束の場所
ユニオン空軍の爆撃機として登場。

アニメ・漫画[編集]

RAID ON TOKYO
ソ連軍の爆撃機として登場。航空自衛隊百里基地を爆撃し、F-1支援戦闘機を多数撃破する。
最終兵器彼女
札幌を爆撃する国籍不明の爆撃機として登場。死者・行方不明者合わせて10万人以上の被害を与えた。14機がちせによって撃墜される。

小説[編集]

北方領土奪還作戦
札幌を爆撃する爆撃機として登場。

ゲーム[編集]

エースコンバット04
エルジア共和国空軍の爆撃機として登場。後半、サンサルバシオンを巡る戦いにおいてISAF優勢となった際、6機がサンサルバシオンを爆撃して焦土化すべく投入された。
エースコンバット アサルト・ホライゾン
ロシア軍の爆撃機として登場する。モスクワがNATO軍に制圧された際に投入されたほか、キューバ経由でワシントンD.C爆撃のためにに6機が投入された。
エースコンバット∞
敵爆撃機として登場。
エースコンバット7
エルジア王国空軍の爆撃機として登場。序盤、ロカロハ砂漠に置かれたエルジア軍基地において3機が離陸に向けて誘導路を走行している他、中盤ではオーシア軍とのストーンヘンジを巡る戦いにおいてTu-95と共に投入される。後半のエルジア内戦時にはエルジア保守派が急進派によるアーセナルバードへの補給を阻止すべく、補給用のマスドライバー基地が置かれているタイラー島を無差別爆撃する「ノーリターン作戦」を行うべく投入してくる。
エナジーエアフォース
東京を爆撃してくる爆撃機として登場。
HAWX2
ロシア軍爆撃機として登場。イギリス軍との海戦で劣勢になったロシア軍が英空母艦隊を爆撃するため投入してくる。
グランド・セフト・オートV
Tu-160をモデルとした爆撃機 RO-86 Alkonost が登場。プレイヤーが購入して所有することができる。武装としては爆装のみであり、特性として短距離離発着が可能、高高度を飛行すると自動的にステルスモードになることが挙げられる。
また、カヨ・ペリコ強盗の準備ミッションでも登場し、フォート・ザンクード基地に保管されている機体を奪取することが目標となる。この機体については民間軍事会社「メリーウェザー」が所有しており、兵員を搭載してHALO(高高度降下低高度開傘)できるように改造されている。実際に強盗開始時に潜入手段として当機を選択すると、カヨ・ペリコ上空からHALOすることができる。

スペック[編集]

Tupolev Tu-160 3-view graphic.svg
  • 乗員 4名
  • 全長 54.1m
  • 翼幅 55.7m(後退角20度)、50.7m(35度)、35.6m(65度)
  • 全高 13.1m
  • 自重 117,000 kg
  • 空虚重量 110,000 kg
  • 最大離陸重量 275,000 kg
  • 積載重量 267,600 kg
  • 兵器搭載量 40,000 kg
  • 燃料搭載量 170,000 kg
  • エンジン クズネツォーフNK-32 ×4基
  • 推力 137.3 kN(ミリタリー) 、245 kN(アフターバーナー)
  • 最高速度 高度12,200mにおいてマッハ2.05(2,220 km/h)
  • 航続距離:10,500~14,000 km
  • 上昇率 70 m/s
  • 上昇限度 15,006m
  • 推力重量比 0.37
  • レーダーFCS オブソール-K
  • 兵器倉 胴体中央部にキャリースルーを挟んで2つ(タンデム)、22,500 kg×2(懸垂部)
  • 前脚 2輪 ×1(後方引き込み)
  • 主脚 6輪ボギー ×2(後方引き込み)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ B-1はコスト軽減のために速度性能を抑えて固定式の空気取り入れ口とすることでステルス性を向上させる設計になっている。B-52との比較において、より小型の機体とステルス性を加味した設計により、レーダー反射面積は1/10~1/20とも評された。(出展:航空ジャーナル1982年2月号)
  2. ^ Russia to Produce Successor of Tu-160 Strategic Bomber After 2023
  3. ^ Putin Doubles Down on Need for Russian-Made Supersonic Civilian Airliner - Sputnik International sputniknews.com | 2019年2月12日閲覧
  4. ^ Putin supports development new supersonic passenger airplane flyhigh.news | 2019年2月12日閲覧
  5. ^ Сверхзвуковой российский бизнес-джет не будет создаваться на базе Ту-160 | Авиатранспортное обозрение
  6. ^ a b ロシアが超音速爆撃機部隊増強を表明 米軍に匹敵する規模へ
  7. ^ 「キューバ危機再び?ロシアが核爆撃機をベネズエラに派遣」ニューズウィーク日本版サイト(2018年12月12日)2019年2月20日閲覧。
  8. ^ “Long-range aircraft of the Russian Aerospace Forces carried out strikes with air-based cruise missiles on the ISIS terrorist objects within the air operation”. ロシア国防省公式サイト. http://eng.mil.ru/en/news_page/country/more.htm?id=12066124@egNews 
  9. ^
  10. ^ a b Russia to complete Tu-160 upgrades ahead of time
  11. ^ Modernized Blackjack takes off after avionic upgrade
  12. ^ Russia flies first radar- and avionics-upgraded Tu-160 bomber
  13. ^ tass Russia - Russia's first Tu-160M modernized strategic bomber to appear in 2021 タス通信 2015年8月25日
  14. ^ Russia to Launch Serial Production of Upgraded Tu-160M2 Strategic BomberDefenceTalk.com at DefenceTalk defencetalk.com 2017年4月14日
  15. ^ New bomber Tupolev-22M3M presented in Kazan タス通信 2018年8月16日
  16. ^ Tupolev Flies Modernized ‘Blackjack’
  17. ^ Глубокомодернизированный ракетоносец-бомбардировщик Ту-160М выполнил первый полет с новыми двигателями
  18. ^ Tu-160M「ブラックジャック」爆撃機の最新型 実用化に向け次のステップへ”. 乗り物ニュース (2021年3月14日). 2021年3月14日閲覧。
  19. ^ КАЗ им. С.П. Горбунова – филиал ПАО «Туполев» посетил генеральный директор Госкорпорации Ростех
  20. ^ 新造されたTu-160M2爆撃機、カザンで初飛行”. FlyTeam (2022年1月16日). 2022年1月17日閲覧。
  21. ^ Ту-160
  22. ^ Ту-160 - статус, источники | MilitaryRussia.Ru
  23. ^ Реестр Ту-160 - Aeronews
  24. ^ Flight tests second Tu-160M
  25. ^ Посещение министром промышленности и торговли РФ Денисом Мантуровым и Президентом Татарстана Рустамом Миннихановым КАЗ им. С.П. Горбунова - филиала ПАО «Туполев».
  26. ^ First flight of the Tu-160M ??bomber with new NK-32 srs 02 engines
  27. ^ The first modernised Tu-160M?? bomber arrived at Zhukovsky
  28. ^ [1]
  29. ^ Первый полет стратегического ракетоносца Ту-160 в Казани и ≪воздушного танкера≫ Ил-78 в Ульяновске
  30. ^ Ту-160 - Страница 10
  31. ^ Вновь изготовленный Ту-160М совершил первый полет

関連項目[編集]

外部リンク[編集]