I-4 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

I-4

Tupolev ANT-5.jpg

ツポレフ I-4ソビエト連邦の複葉単座戦闘機である。1927年、ツポレフ設計局においてパーヴェル・スホーイが初の設計を行った機体と考えられている。I-4はソビエト連邦初の全金属製戦闘機であった。

設計と開発[編集]

ANT-5と名付けられた最初の試作機の初飛行の後、I-4は抵抗の小さな新型のエンジンカウルに変更され、尾翼面積を増加し、上翼にロケットランチャーを追加する改設計を受けた。

下翼は主に翼間支柱のための付属物であり、次の生産型であるI-4Zでは下翼は大幅に短縮され、更にI-4bisでは下翼はすべて取り除かれ、複葉機からパラソル翼の単葉機に変更された。

運用史[編集]

I-4は合計で369機が生産され、1928年から1933年の間に運用された。またI-4はヴラヂーミル・ヴァフミストローフの主導したズヴェノー・プロジェクトにおいて、TB-1爆撃機に装着されるパラサイト・ファイターとして試験的に使用された。この際使用されたI-4は下翼を持たないタイプであった。

派生型[編集]

  • ANT-5 : 試作機
  • I-4 : 戦闘機型
  • I-4Z : 下翼幅を短縮した戦闘機型
  • I-4bis : 下翼を完全に取り除いた戦闘機型
  • I-4P : 水上機型

運用者[編集]

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

要目 (I-4)[編集]

  • 乗員:1名
  • 全長:7.27 m
  • 全幅:11.42 m
  • 全高:2.82 m
  • 翼面積:23.8 m2
  • 空虚重量:978 kg
  • 全備重量:1,430 kg
  • エンジン:M-22 星型エンジン, 343 kW (460 hp)
  • 最大速度:257 km/h
  • 航続距離:840 km
  • 実用上限高度:7,655 m
  • 上昇率:555 m/min

関連項目[編集]

外部リンク[編集]