イーゴリ・シコールスキイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イーゴル・シコールスキイ
Sikorsky, Igor.jpg
生誕 (1889-05-25) 1889年5月25日
Flag of Russia.svg キエフロシア帝国 (現ウクライナ)
死没 1972年10月26日(1972-10-26)(83歳)
Flag of the United States.svg コネチカット州イーストンアメリカ合衆国
配偶者 オーリガ・フョードロヴナ・シームコヴィチ
Elisabeth Semion
子供 タチヤーヤ、セルゲイ、ニコライ、イーゴリ、ゲオルギー
イヴァン・アレクセーエヴィチ
マリーヤ・ステファーノヴナ
業績
専門分野 飛行家、航空機設計
成果 世界初の4発航空機実用化
世界初の実用的なヘリコプターの開発に成功

イーゴリ・イヴァーノヴィチ・シコールスキイロシア語:Игорь Иванович Сикорский イーガリ・イヴァーナヴィチュ・スィコールスキイ[1]1889年5月25日 - 1972年10月26日)は、ロシア帝国キエフ(現ウクライナ)の生まれの航空機のパイオニア。自身飛行家でもあったイーゴリは、世界初の4発の大型機の開発をはじめ、多くの新型機を工業後進国であったロシア帝国で生産した。しかしながら、1917年ロシア革命を受けてアメリカ合衆国へ亡命し、以後ロシアへ帰ることはなかった。アメリカにおいて彼は近代的なヘリコプターの開発をおこない、ベルと並んで同国のヘリコプターの代名詞となった。

シコルスキー・エアクラフトの創立者。シュラフタの家系の出身で、正教徒であった。父イヴァン・アレクセーエヴィチ心理学教授、母マリーヤ・ステファーノヴナはロシア人ウクライナ人のハーフで、医師であった。

少年時代から航空機に親しみ、模型飛行機の作成などからはじまり、その面白さにのめり込んでいったという。サンクトペテルブルクの海軍兵学校に入り、その後当時の航空機研究の最先端の地であったフランスに渡り研究を重ねた。

  • 1909年、ロシアに戻ってからヘリコプターの研究を行ったがうまくいかず、航空機の開発において大きな成果をあげることになる。
  • 1913年、世界初の4発機S-21 ルースキイ・ヴィーチャシを初飛行させるとともに世界初の量産4発旅客機S-22 イリヤー・ムーロメツを初飛行させた。これは第一次世界大戦においては爆撃機として使用された。
  • 1919年、学者であった父の死ののち[2]、工場の技術者たちとともにフランスに亡命。戦後、アメリカに渡る。この際、妻のオリガは離婚し、娘たちとともに故国へ留まった。
  • 1923年、ニューヨークのロングアイランドにシコルスキー飛行機会社を設立。この年、娘たちがアメリカへ亡命してくる。
  • 1928年、水陸両用の飛行艇S-38を開発。これはアメリカ各地で広く使われ、彼とその会社の名を有名にした。
  • 1939年9月14日コネチカット州にて、シングルローターのヘリコプターVS-300をロープでつないだ状態で飛行させた。[3]
  • 1940年5月13日、VS-300の自由飛行に成功。
  • 1942年、ヘリコプターVS-316A(開発名XR-4)が軍用としてアメリカ政府に納入。
  • 第二次世界大戦後には、S-51にはじまるシリーズがベストセラーとなり、ヘリコプターが世界各地に普及してゆくきっかけとなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 英語:Igor Sikorskyウクライナ語:Ігор Іванович Сікорський
  2. ^ 病没。革命後の混乱で十分な治療が受けられなかった可能性があるが、一説にはチェキストによって逮捕されたのち病状が悪化したと言われる。シコールスキイの一家には身の危険が迫っていた。
  3. ^ 吉川康夫 『航空の世紀』、技報堂出版、1996年

外部リンク[編集]