アンドレーイ・トゥーポレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥポレフ生誕100年の記念切手

アンドレイ・ニコラエヴィッチ・トゥポレフ(Andley Nikolaevich Tupolev, ロシア語: Андрей Николаевич Туполев, 露:アンドリェーイ・ニカラーイェヴィチ・トゥーパリェフ、ラテン文字転写:Andrjej Nikolajevich Tupoljev1888年11月10日 - 1972年12月23日)は、ソビエト連邦航空機設計者で、ツポレフの創業者である。日本語ではアンドレイ・ツポレフと表記されることも多い。

彼はロシア帝国プストマゾヴォに生まれ、1929年から死ぬまでTsAGIで航空機を開発していた。彼は大粛清の時代の1937年に「メッサーシュミットに機密情報を流した」として反国家活動容疑で逮捕されたが、そういった逮捕者で構成されたツポレフ設計局で航空機設計の仕事を続けた。逮捕されても設計ができたのは、当時のソ連には科学者刑務所(シャラーシカ)(Sharashka、: Шарашка)というものがあったためである。

第二次世界大戦末期の1945年には、鹵獲したアメリカ合衆国戦略爆撃機B-29ジェネラル・H・H・アーノルドスペシャル)のリバースエンジニアリングデータとトランプランプの飛行データから、Tu-4の開発を行っている。その後、スターリンの死後に釈放された。死後はモスクワノヴォデーヴィチ墓地に葬られた。息子のアレクセーイ・トゥーポレフAlexei Tupolev)も同じく飛行機設計者である。

関連項目[編集]

出典[編集]