エナジーエアフォース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エナジーエアフォース』(ENERGY AIRFORCE)は、タイトーPlayStation 2用ソフト及びに携帯電話用アプリとして発売したタイトルで、一般的にはシューティングゲームに分類される。その続編であるOver Gもこの項目で解説する。

概要[編集]

プレイヤーはまず、F-16に搭乗するためにライセンス(免許)の取得をおこなう。 このライセンス取得は一種のチュートリアルになっており、タキシングから離陸まで・旋回の仕方・着陸方法・対空兵装の使い方・対地兵装の使い方など、本作の特徴的な操作を身に付けられる。 ライセンス取得後は空軍の一兵士として、テロやクーデターの鎮圧にあたる。 ゲームが進行すると新しい機体が使用可能になり、中にはステルス機能や垂直離着陸機能などの特別な機能を持つ機体がある。それらの新機体を操縦するにもまずライセンス取得が必要となっており、新兵装や新機能の使用方法もそこで説明される。 ゲームの進行に応じて、プレイヤーへの特典として協力メーカーから提供された実機の動画が閲覧できるようになる。

特徴[編集]

ロッキード・マーティンボーイングの協力を取り付けており、戦闘機のリアルな再現を行っているというのがセールスポイントである。

ゲーム中の視点は、やや後方からの第三者視点コクピット視点の2種類から選択できる。レーダー情報、装備の残弾数、燃料残量といった計器情報は第三者視点では表示されず、有利に戦いを進めるにはコクピット視点が推奨される。 コクピット視点では風防の支柱などで視界が妨げられるが、実機同様のレイアウトでHUDや計器の値が表示される。新鋭機に搭乗した際は(実機どおり)広い視界が提供されるが、右スティックで視点を操作して下を向かなければ機器を見ることが出来ないなど、デメリットもある。

一部の機体は、ステルスモードや垂直離陸など特殊機能を使用できる。

兵装搭載用のハードポイントがあり、ハードポイントによって搭載可能な兵装が異なる。これらに武装や追加燃料タンクを搭載できる条件や搭載数は実機と同じである。また、武装ごとに重量が定められており機体の挙動に影響する。例えば、大重量の対艦ミサイルや大型爆弾を搭載すると機動性が低下し、最大数搭載すると離陸すらままならなくなったり、片方の翼にだけ搭載した兵器を使い尽くすと常に機体が傾くようになるし、ステルス機であれば機体内格納庫以外のハードポイントに燃料タンクやミサイルを取り付けるとステルス性が失われる。

ゲームの進行により新しい機種を使用可能になるが、実戦で使用するには先ずその機種のライセンス(免許)取得を行う必要がある。機種ごとにライセンスが必要なのは実際の航空機と同様である。このライセンス取得は新機能のチュートリアルという面もある。

訓練飛行の前や出撃前には、格納庫前からタキシングをして滑走滑走路から離陸、ランディングギアを格納し高度を確保するまでの一連の離陸プロセスが必要になる。また、弾薬補給や作戦終了時には着陸の操作を行わなくてはならない。着陸が荒いと、ランディングギアが折れて機体がクラッシュし、作戦失敗となる。

敵の対空ミサイル攻撃を受けた場合、実際の空戦がそうであるように回避は非常に困難である。チャフフレアの散布機能を使い、敵弾が自機に命中する直前に欺瞞することで回避できる可能性が産まれる。自機をロックオンしているミサイルが赤外線誘導かレーダー誘導かの違いで警告音が変わり、それによってフレア(高熱を発する)かチャフ(レーダー波を乱反射させる)のうち適したものが自動的に選択される。赤外線誘導ミサイルに対してはエンジン出力を下げると被補足率が下がる。また、ドラッグ機動(ミサイルと同じ方向に飛ぶ)を用いてミサイルの燃料切れを狙うのも有効である。

このように家庭用ゲームとしてはかなり現実的な調整をなされたゲームであり、シューティングゲームの中でもフライトシミュレーションの要素が強い作品である。ただしPC向けに発売された『Falcon4.0』などのコンバットフライトシミュレーションと比べると、機体や武装の再現性は高くない。また、家庭用ゲーム機向けである性質上、ユーザーMODなどを使用できないため拡張性に乏しくなっている。 なお、初代ではミッション途中で着陸し、武装・燃料の補給が可能である。AimStrikeではこの要素は削除されているが、OverGで復活した。

登場機体[編集]

F-16 Fighting Falcon
プレイヤーに最初に与えられる機体。挙動が軽く、武装の選択次第でどんな任務にも対応できる汎用機。
F-16UD Fighting Falcon
F-16に近代化改修(アップデート)を施した機体。JHMCSによる情報処理能力と、新型ミサイルAIM-9Xにより、格闘戦能力が向上。
A-10 Thunderbolt II
対地攻撃用に設計された近接支援機。圧倒的な兵器搭載量と低速域での安定性により、対地攻撃ミッションで威力を発揮する。この機体のみアフターバーナーが無いので、長距離の移動に苦労することも。採用が古いことと信頼性を高めるために高度な電子機器の搭載が見送られたため、コクピット視点の計器にデジタル表示がほぼ無いことも特徴。
F-15 Eagle
加速力と敏捷性に優れる制空戦闘機。大面積の主翼は、搭載兵器の重量が大きくとも高い機動性を保障する。空戦では敵無しだが、対地攻撃用の兵装はほぼ無い。
F/A-22 Raptor
最新鋭の制空戦闘機。SDB(小直径爆弾)を搭載すれば地上攻撃にも対応できる。特殊機能として、ステルスモードがある。ステルスモード中は敵からレーダー捕捉されないが、捕捉を避けるため自らもレーダーを使用しないのでロックオンが出来なくなる。また、アフターバーナーを使用したり攻撃準備のため武装格納扉を開けるとステルス性は失われる。主翼の下に追加燃料タンクやミサイルを搭載した場合、ステルスモードは使用できない。
F/A-18 Super Hornet
Fighterの「F」とAttackerの「A」を名前に冠した艦載機。その名の通り、対空対地を問わずどんな任務にも使える、高性能な多用途機。特に対艦攻撃と最高速度に優れる。

X-35 Joint Strike Fighter

開発中のF-16後継機。型番のXは試作機を表す。試作機ではあるものの、搭載できる武装の種類が多く機動力にも秀でる。着艦フックを備え空母での運用が可能である。タッチパネル式の計器が再現された、コックピット視点の計器表示が特徴的。
F-35 Joint Strike Fighter
強力無比な最新鋭戦闘機。特殊機能として、直角に曲がるエンジンとリフトファンによりVTOL(垂直離陸)が可能で、空母への着艦能力がある。滑走路から離陸する際もエンジンが斜め下を向き、STOL(短距離離陸)ができる。

シリーズ作品[編集]

エナジーエアフォース[編集]

2002年9月26日発売

  • 公式なジャンル表記はフライトシミュレーションシューティング
ストーリー
合衆国大統領の乗った航空機が未確認の航空機によって撃墜されるのと同時に、西側諸国に対して大規模軍事テロが発生、これに対し統合本部はエナジーエアフォースの出動を決定した。
概要
プレイヤーは作戦に従い、僚機とともに10の作戦に参加する。作戦の内容の中には、「日本上空」に次々と襲来するロシア製軍用機を迎撃せよと言うものもある。
登場機種
F-16、F-16UD、F-35、X-35、F/A-22

エナジーエアフォース aimStrike![編集]

2003年10月2日発売

  • 公式なジャンル名は戦闘機シミュレーション
ストーリー
某国が過激派クーデターにより占拠され軍事政権が誕生、政権は第三国の支援により軍事力を増し、隣国へ侵攻を開始、これを阻止するためにエナジーエアフォースが派遣された。
概要
プレイヤーは、ガーゴイル隊のリーダー「ガーゴイル1」となり、僚機を従えてさまざまな作戦に参加する。作戦の中には空陸共同作戦などもあり、独力で奮闘するのではなく友軍と協力し、あらかじめ設定された作戦に添って決められた働きをする事が求められる。今作では舞台は一貫して同じ砂漠地帯である。
登場機種
F-16、F-16UD、F-15C、A-10、F/A-18、X-35、F-35、F/A-22 など(一部ミッションクリアで使用可能となる隠し機体あり)。

Over G[1][編集]

2006年3月30日発売

  • 公式なジャンル名は戦闘機シミュレーション
  • プラットホーム Xbox 360
ストーリー
21世紀初頭、「世界連邦国家」が設立されることとなったが、それを快く思わない独裁国家である某国は、陸海空軍の総力を結集し電撃作戦で隣国への侵攻を開始。また、別働隊による、ニューヨーク国連本部への直接占拠、世界主要首都に向けた弾道ミサイル発射準備に入った。これを阻止すべく特別遊撃部隊、エナジーエアフォース(EAF)が立ち向かう。
登場機種
F-16C/UD、F-2A/B、F-15C/D/E/J/DJF-14A/B、A-10A、OA-10A、F/A-18A/C/E/F、F-22Su-27、Su-33、MiG-29A/G/SF-35B、X-35、JAS39グリペンA/CF-1支援戦闘機
機体はシナリオのルートによって解禁されていく。また、一部機体には複数のカラーが存在しており、それらはアリーナモードで特定のボスを撃墜した後に追加されるBig Bossモードで1対1のドッグファイトを行い、ボスを撃墜して初めて使用可能になる。さらに一部カラーは階級が関わってくるがオフラインでも取得自体は不可能ではない。

対応周辺機器[編集]

  • HORI製フライトスティック
  • HORI製フライトスティック2(エナジーエアフォース aimStrike!は非対応)
  • ソニー製「ヘッドマウントディスプレイ(PUD-J5A)」

バグ問題[編集]

  • 一作目ではF-16で背面飛行が出来ないという致命的な空力計算のミスが存在する。
  • 二作目では特定のボタンを変更した際にバグが原因のハングアップが発生するが、まともな操作ができる組み合わせでは無いので、標準コントローラーでのプレイには問題は無い。HORIのフライトスティック2が非対応となっているのは、ボタン変更によるハングアップの回避が目的と思われる。
  • 三作目では、いきなり敵機が背後に瞬間移動したり、特定の目標物を破壊するとフリーズするバグがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タイトーのXbox 360参入第1弾ソフト。

外部リンク[編集]