エースコンバットシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エースコンバットシリーズの現在のロゴ

エースコンバットシリーズは、バンダイナムコエンターテインメント(旧ナムコ→旧バンダイナムコゲームス)から発売されたフライトシューティングゲームのシリーズ作品である。

概要[編集]

美麗なグラフィックと爽快な戦闘を楽しめる作品となっている。フライトシミュレータではなくフライトシューティングを謳う事によって、戦闘機の機体や搭載兵器の性能、ミサイル搭載数などから現実的な制限を取り払う事が可能となり非常にプレイのしやすい作品となっており結果幅広いユーザーから支持を集める人気作となった。

実在する兵器が登場する事が大きな特徴だが、『エースコンバット』オリジナルの“架空兵器”も登場し好評を得ている。プレイヤーの操作する機体はジェットエンジンの戦闘機・攻撃機・マルチロール機だが、作品によってはレシプロ(戦闘)機や爆撃機の他,旅客機なども操作する事ができる。

エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー』以降のタイトルでは開発チームは「PROJECT ACES(プロジェクト・エイセス)」となっており、ACESの文字をダイヤ型に並べた独特のロゴがシンボルマークである。『スカイ・クロラ イノセン・テイセス(Taces)』にはタイトル名として冠している。1作目と2作目ではロゴグラムの背景の鳥のエンブレムが共通となっている(色は異なる)。

略称は「エーコン」や「エスコン」。

沿革[編集]

業務用大型筐体ゲームとして開発された『エアーコンバット』シリーズの移植版として制作されたが、日本国内ではシステムソフトの『エアーコンバット』が既にあったため改めて『エースコンバット』と命名された(海外では第1作は『エアーコンバット』のままであった)。

当初の対応ハードはPlayStationであったがシリーズ第4弾の『エースコンバット04 シャッタードスカイ』からはPlayStation 2に変更され、PSPでも『エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション』が発売された。2007年11月1日にはXbox 360へプラットフォームを移した『エースコンバット6 解放への戦火』が発売され2009年12月4日からはモバイルゲームとして『エースコンバットXi スカイズ・オブ・インカージョン』が販売開始、2012年1月12日にはニンテンドー3DS用に『エースコンバット3D クロスランブル』が発売された。

従来のシリーズでは架空の世界が舞台となっていたが、2010年8月26日にはシリーズ初の現実世界を舞台とした携帯機版第2作『エースコンバットX2 ジョイントアサルト』が発売された。次いで2011年10月13日には初のPS3作品・Xbox 360第2作『エースコンバット アサルト・ホライゾン(以下『AH』)』 が発売、2013年1月25日にはWindows版も発売された(日本では未発売)。2014年5月20日には、シリーズ初のF2P作品『エースコンバット インフィニティ』が日本・アジア地区でサービスを開始した。

2015年12月5日、サンフランシスコで開催された「PlayStation Experience 2015」において、シリーズ最新作にして『6』から8年ぶりとなるナンバリングタイトル『エースコンバット7(仮題)』が発表された。

シリーズ作品一覧[編集]

タイトル 発売年月日 プラットフォーム 販売本数
ACE COMBAT(エースコンバット) 1995年6月30日 PlayStation 223万本
ACE COMBAT 2(エースコンバット2) 1997年5月30日 PlayStation 109.2万本
ACE COMBAT 3 electrosphere(エースコンバット3 エレクトロスフィア) 1999年5月27日 PlayStation 116.4万本
ACE COMBAT 04 shattered skies(エースコンバット04 シャッタードスカイ) 2001年9月13日 PlayStation 2 264万本
ACE COMBAT 5 THE UNSUNG WAR(エースコンバット5 ジ・アンサング・ウォー) 2004年10月21日 PlayStation 2 180.2万本
ACE COMBAT Advance日本未発売 2005年2月22日※ ゲームボーイアドバンス 10万本
ACE COMBAT ZERO THE BELKAN WAR(エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー) 2006年3月23日 PlayStation 2 79.2万本
ACE COMBAT X Skies of Deception(エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション) 2006年10月26日 PlayStation Portable 47.6万本
ACE COMBAT 6 解放への戦火(エースコンバット6 解放への戦火) 2007年11月1日 Xbox 360 107万本
ACE COMBAT Xi Skies of Incursion(エースコンバットXi スカイズ・オブ・インカージョン) 2009年12月4日 iPhone/iPod touch
ACE COMBAT X2 JOINT ASSAULT(エースコンバットX2 ジョイントアサルト) 2010年8月26日 PlayStation Portable
ACE COMBAT ASSAULT HORIZON(エースコンバット アサルト・ホライゾン) 2011年10月13日 PlayStation 3/Xbox 360/Microsoft Windows[1] 100万本
ACE COMBAT NORTHERN WINGS日本未発売 2011年12月※ 携帯電話
ACE COMBAT 3D CROSS RUMBLE(エースコンバット3D クロスランブル) 2012年1月12日 ニンテンドー3DS
ACE COMBAT INFINITY(エースコンバット インフィニティ) 2014年5月20日 PlayStation 3
ACE COMBAT 3D CROSS RUMBLE+(エースコンバット3D クロスランブル+) 2015年1月29日 Newニンテンドー3DS・ニンテンドー3DS
ACE COMBAT 7(エースコンバット7)(仮題) 未定 PlayStation 4
累計販売本数 1236.6万本
  • 発売日は日本国内でのもの(『ACE COMBAT Advance』『ACE COMBAT NORTHERN WINGS』は北米)。
  • 地域別販売本数比率 日本 31.7% 北米 43.9% 欧州 23.8% アジア 0.6%
  • 第一作リリースから13年後の2008年1月30日に、全世界でのシリーズ累計販売本数が1000万本を突破したことがバンダイナムコゲームスより発表された。なお、販売本数にはザ・ベスト版(廉価版)なども含まれる(詳しくはシリーズ公式サイトの“『エースコンバット』シリーズ全世界累計1,000万本突破!”のページを参照)。

同ジャンル内での位置付けと関係[編集]

  • 日本国内では同等の知名度を持つフライトシューティングゲームが存在しない。『エアフォースデルタ』シリーズや『エナジーエアフォース』シリーズなど『エースコンバット』シリーズの販売戦略上のライバルとなり得たソフトも存在するが、“他のメーカーが広告に余り力を入れていない”“ゲーム方向性の相違”などから結果として『エースコンバット』シリーズは「累計販売本数約1000万本(メーカー公称)」という同ジャンルに於いて販売本数で突出する形となっている。海外には『FreeSpace』(en)シリーズなどの非常に評価の高いシリーズがあるが、国内では無名である。

ゲームソフト以外への展開[編集]

  • サウンドトラック
    • 『(初代)エースコンバット』は、ゲームのCDをCDプレーヤーに挿入すればゲーム内の曲がほとんど聴ける(CD-DA形式で収録されている)ため、発売されていない。
    • 『エースコンバット2』は、ネット配信版がiTunes Storeからダウンロードできるが、CDに関してはデジキューブの予約特典と、『ACE COMBAT X2 JOINT ASSAULT ファミ通DXパック』特典として制作された物のみである。
    • 『エースコンバット3』以降の作品は『X』『X2』を除き、全ての作品で販売されている(2011年3月現在)。
    • 『3』のみサウンドトラックCDの他に、『3』本編でナイトレーベンが使用できるようになる追加PSソフト(アペンドディスク)が同梱されている。
  • ガレージキット、プラモデルなどの架空機の立体化
    • 企業ベースでの販売や書籍掲載のために製作されたもの
      • 1999年の夏頃に模型メーカーのハセガワから、『3』に登場するR-101デルフィナス#1およびR-103デルフィナス#3が1/144スケールのレジンキットが発売されたが、製品の性質上から短期間で市場から姿を消した。
      • バンダイから、2006年3月末に、ゲームに登場する架空の機体ADF-01FファルケンのプラモデルEXモデルシリーズとして発売された。スケールは同シリーズのOAV版『戦闘妖精雪風』『宇宙戦艦ヤマト』『カウボーイビバップ』の航空(宙)機と同じ1/100。
      • 『6』でダウンロードコンテンツとして販売されている、『アイドルマスター』のキャラクターを描いた機体がハセガワから2009年9月のF-2(双海亜美)を皮切りに限定品として順次発売。また、SP塗装として登場する桜ペイントのF-14Dがハセガワから“F-14D トムキャット“エースコンバット さくら””として発売された。また、同社からは2012年7月に『AH』に登場する架空機ASF-X 震電IIが発売された。
      • ホビージャパンの紙上でライターの製作による、『04』に登場した架空機のX-02のフルスクラッチモデルと市販されている1/48スケールのF-14のプラモデルを素材に制作された『5』に登場するF-14A(モデックス016のプレーヤー使用機)、『エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー(以下『ZERO』)』の発売後にパッケージイラストに登場したプレーヤーのF-15およびロト隊仕様のタイフーンの1/72の模型が公開された。
    • 立体物版権イベントでの販売や個人運営のHPに掲載のために製作された例
      • 複数のスケールモデル関連ディーラーから、架空機のレジンキットやゲームに登場する航空機のデカールが販売されているなどエリア88と共に航空機関連ディーラーの貴重な客寄せアイテム化が進んでいるがバンダイナムコゲームスの方針により東京都内での立体物版権イベントでしか販売ができない。
      • 複数の個人運営webサイトや動画サイトでゲーム内で登場する航空機のプラモデルなどの作例が発表されている。
  • その他
    • これまで日本語圏ではオフィシャルの小説等は出ていなかったが、アスキーメディアワークスの「電撃ホビーマガジン」(2011年12月号)でASF-X震電ⅡとCFA-44の戦いを描いた“エースコンバット・ショート・ストーリー Scene 00 『エンカウンター・バトル』”が発表された。その後2012年3月28日に同社から『エースコンバット イカロス・イン・ザ・スカイ』が発売された。これが最初の公式小説となる[2][3]。コミック化はされていない。
    • 『3』の世界観を紹介したビデオ『エースコンバット3 エレクトロスフィア ミッションゼロ』がメディアファクトリーから発売されている。
    • フリーソフトのPC用フライトシミュレーターYSFS用私家版Modでゲーム内に登場する航空機の塗装を再現した物が配布されている。
    • 『エースコンバット』シリーズの曲はテレビ番組でよく使用されているらしく、例を挙げるとフジテレビ系列の番組めざましテレビ内で北朝鮮問題などを話題にする時に使われることが多いという。

作品世界[編集]

プラットフォームをPS2に移して以降発売されたタイトル、『04』『5』『ZERO』『X』『6』『Xi』『3D』はすべて同一の架空世界を舞台にしており公式Twitterなどでは「Strangereal(ストレンジリアル)」と呼称されている。ただし『アサルト・ホライゾン』限定版に同梱された『04』『5』『ZERO』の設定資料集『ACES AT WAR: A HISTORY』内の年表には『2』の出来事が記載されている。

『3』についてはUGSFとの関わりが公式に表明されている。

『X2』と『AH』、『インフィニティ』ではこれまでの世界観を一新し、実在の地球が舞台になる(ただし、それぞれの作品で世界観は独立している)。『インフィニティ』は実在の地球を舞台にしながら、「ユリシーズの厄災」や「ストーンヘンジ」、「空中艦隊」などストレンジリアルを中心とした過去作の要素が大半を占める。

各シリーズ作品の舞台設定や歴史については個別記事を参照されたい。

設定年度[編集]

設定年度が存在するシリーズ各作品の年表は以下の通り。分かり易くする為に判明しているものや複数の作品に関わっている出来事も記載する。

以下の2作品は設定年度が明らかになっているものの、上記作品群との世界観の繋がりは不明である。

  • 2032年 - 『Advance
  • 2040年 - 『3

舞台設定(ストレンジリアル)[編集]

舞台は地球。ただし、地形や国などは実在の地球とは大きく異なり、一部の科学レベルは実在の地球よりも高度であるが、生態系や文化、言語には共通点が多い。

大陸が幾つか存在し、『5』公式サイトの壁紙などで詳しい世界地図を見ることができる。

ユージア大陸
『04』『5(アーケードモード)』『3D(2)』の舞台。大陸西部にエルジア共和国、大陸東方の海上に島国であるノースポイントが存在する。
因みに『3』も同名の大陸を舞台にしており地名などに一部共通している部分がある。
北オーシア大陸
『5(キャンペーンモード)』『ZERO』の舞台。西方にベルーサ大陸、東方にユージア大陸、南方に南オーシア大陸が位置する。大部分をオーシア連邦が占めており、大陸北東部にベルカ公国ウスティオ共和国、サピン王国などの国家群がある。また、北方には海を挟んでウェロー民主連邦国がある。
南オーシア大陸
『X』『Xi』の舞台。北方に北オーシア大陸が位置する。オーレリア連邦共和国レサス民主共和国が位置している。
ベルーサ大陸
『5(キャンペーンモード)』の舞台。北オーシア大陸よりセレス海と太平洋を挟んで西方に位置する。世界最大の領土を持つ国家ユークトバニア連邦共和国が存在する。
アネア大陸
『6』の舞台。ベルーサ大陸の北方に位置する。大陸北方のラーズグリーズ海峡を越えると北極という高緯度帯の大陸でもある。エメリア共和国エストバキア連邦、ノルデンナヴィク王国が存在する。ちなみにラーズグリーズ海峡は『5(キャンペーンモード)』で一度だけミッションの舞台となった。
なお、『5』の設定ではアネア共和国が大陸全土を統治していることになっているが、『6』では2010年の段階でエメリア、エストバキア、ノルデンナヴィクに分かれておりアネア共和国は存在していない。『6』の設定では2004年にはエメリア、エストバキア、ノルデンナヴィクを統一国家とする構想から“アネア共和国準備機構”が設立されていたが、エストバキアの情勢悪化を受けてその構想が2008年に一時凍結されたとされている。

ACE COMBAT Advance[編集]

ACE COMBAT Advance
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス(GBA)
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
人数 1人
メディア GBA専用カートリッジ
対象年齢 ESRB: E
テンプレートを表示

シリーズ中初めてPSシリーズ(PSPS2PSP)以外のハード専用として発売されたソフトで、3Dクロスランブルが発売されるまでは唯一の任天堂製ハード専用のソフトであった。エースコンバットシリーズ海外第6作。

北米市場でのみ発売。ただし、日本版のGBAでもそのままプレイすることが可能。

GBAであるため従来のフライトシューティングではなくメタルホークのような高度の概念があるトップビューシューティングであることが特徴。ミッション数は全部で12。プレイヤーはU.A.D.のパイロットとして、ゼネラルリソースの行動を阻止することが目的である。ミッションは、基本的に敵部隊を全滅されることが目的であるが、一部のミッションは特殊な条件が課せられる。

敵組織の名前であるゼネラルリソースの初出は『3』であり、本シリーズ他作ほかUGSF等と共通設定にある企業名である。

あらすじ[編集]

2032年、各国のグローバル化が進み、国ごとの境界線も曖昧になりつつある世界。その結果として多国籍企業体がひしめく経済超大国へと成長していった一つの大陸。多国籍企業の一つであるゼネラルリソースは、他の企業の脅威に備えてAir Strike Force(A.S.F.)を配備しつつあった。

その中で、新国際連合は「United Air Defense」(U.A.D.)を設立。ゼネラルリソースの行動に牽制を仕掛けることになる。

登場機体[編集]

  • F-A Stealth Fighter
  • F-C Talon
  • F-E Talon II
  • F-G Hawk
  • F-H Hunter II
  • FZ-23 Stinger
  • MIS-30A
  • Si-40
  • UG-16 Hawk
  • Y-25C JSF

ACE COMBAT NORTHERN WINGS[編集]

ACE COMBAT NORTHERN WINGS
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 携帯電話
開発元 バンダイナムコゲームス
発売元 ナムコ
人数 1人
メディア Java Media
テンプレートを表示

携帯電話のアプリケーションとして発売されたシューティングゲーム。日本で発売されていない作品としては『Advance』に続いて2作目となる。 全体的に『Advance』と雰囲気は似ており、同作と同様のトップビュー方式である事、登場機体は全て架空機である事などが共通している。

プレイヤーはノルデンナヴィク空軍のパイロット「グレンデル1」として数々のミッションをこなす。

あらすじ[編集]

1999年のユリシーズ落下。それはユージア大陸のみならず全世界を混乱へと陥れた。 アネア大陸の西部に位置するノルデンナヴィク王国はユリシーズの落着、そしてその後に訪れるであろう幾多の混乱と危機がこの国に迫る危険性を案じ、特殊航空部隊「グレンデル」を創設した。 大陸戦争から環太平洋戦争、そしてエメリア・エストバキア戦争に至る裏側で彼らは祖国を守る為に戦う。

登場機体[編集]

登場する機体は全て架空機であるが、実在するモデルに似せた造形がなされている。

  • Vargr P-26:モデルはJAS-39
  • Mjollnir R-20:モデルはA-10
  • Vargr P-28:モデルはF-14
  • Mjollnir R-30:モデルはSu-34
  • Vargr P-46:モデルはSu-47
  • Mjollnir R-40:モデルはJ-20
  • Arvakr V-50:モデルはF-22及びYF-23
  • Arvakr V-55:モデルはF-35B。 最終ミッションのみ使用可能。
  • Arkbird:特殊ミッションにのみ登場。

その他の兵器[編集]

  • Giant Antlion:『3』に登場したアントリオンに似た巨大歩行戦車。上部にレーザー砲塔を備える。

登場航空機一覧[編集]

( ) 表記のものは作品中で使用される略称や名称(< > のものはACE COMBAT 3 electrosphereにてコフィンシステム搭載機として登場したもの。*表記のものはACE COMBAT ASSAULT HORIZONにおいてDLC配信などキャンペーン内では入手不可能な機体)。また、愛称が作品中に表記されるのは(一部の機体説明などを除き)ACE COMBAT ZERO以降である。

単一の作品でプレイヤーが使用可能な航空機[編集]

複数の作品でプレイヤーが使用可能な航空機[編集]

カッコ内は登場作品
  • F-1 (ZERO、X、Xi、X2)
  • F-2A (JF-2) (04、5、ZERO、X、6、Xi、X2、AH、3D、∞)

作品中で自身が操作できない航空機[編集]

作品中に登場する架空機[編集]

ACE COMBAT 3 electrosphereに登場する航空機は厳密に定義すると全て架空機だが、実在機を元にコフィンシステム化改造を施したのみの機体についてはこの一覧に含まれていない(上記< >の機体を参照)。カッコ内は登場作品。

関連項目[編集]

据置・携帯機の同ジャンルゲーム[編集]

『エースコンバット』開発チームが製作に関与したゲーム[編集]

『エースコンバット』シリーズの設定を取り込んだゲーム[編集]

関連するTemplate[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Windows版は日本未発売。
  2. ^ エースコンバット小説化決定!!|ナガセ、「エースコンバット アサルト・ホライゾン」を奪取します。
  3. ^ エースコンバット イカロス・イン・ザ・スカイ|エースコンバット アサルト・ホライゾン
  4. ^ エースコンバットZERO公式サイト・プロローグ
  5. ^ エースコンバット4公式サイト・AC04の世界
  6. ^ ムービーパートのレサス機密文書に「Date 1.14.20(Date=日付)」の記述がある。
  7. ^ 名前こそF-15 ACTIVEとなっているが、排気ノズルは三次元偏向ノズルではなくS/MTDと同様の二次元式であり、更に実機では存在しない単座型となっている。
  8. ^ 日本防衛装備庁が開発中(2016年3月現在)の先進技術実証機「ATD-X」を実戦配備仕様に再設計したという想定の機体。機体デザインは防衛省技術研究本部(当時・現在は前述の防衛装備庁)の協力を得てPROJECT ACESにより行われている。現実世界における実機が存在しない機体ではあるが、作品内、特にランキングイベントの参加対象機区分ではモデル機に準じ実在機として扱われている。
  9. ^ 現実世界における実機は開発計画がキャンセルされ机上プランのみとなっているが、作品内、特に「∞」におけるランキングイベントの参加対象機区分では実在機として扱われている。

外部リンク[編集]