スターフォックス アサルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スターフォックスシリーズ > スターフォックス アサルト
スターフォックス アサルト
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
開発元 ナムコ
発売元 任天堂
プロデューサー 小林毅
ディレクター 中西俊之
吉田豊
シリーズ スターフォックスシリーズ
人数 1〜4人
メディア ニンテンドーゲームキューブ用8cm光ディスク
発売日 アメリカ合衆国の旗 2005年2月14日
日本の旗 2005年2月24日
欧州連合の旗 2005年4月29日
対象年齢 CERO: 全年齢
ESRB: T
OFLC: G8+
PEGI: 7+
USK: 12
売上本数 日本の旗 約19万本[1]
アメリカ合衆国の旗 約68万本[1]
世界 約108万本[1]
テンプレートを表示

スターフォックス アサルト』(Star Fox: Assault)は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が開発し、任天堂が発売したニンテンドーゲームキューブ用3Dシューティングゲームである。スターフォックスシリーズの第4作目。

概要[編集]

本作では、戦闘機「アーウィン」を使用したシリーズ伝統の3D奥スクロールシューティング、64版より取り入れられたオールレンジシューティングに加え、武器を持った生身のキャラクターを操り、時にはアーウィンや戦車「ランドマスター」に乗り換えながら戦闘するサードパーソン・シューティングゲームパートが加わっており、このパートを使用した対戦モードの充実など、こちらを中心にしたゲーム内容となっている[2]。 開発は当時のナムコ社員が担当しプロデューサー小林毅、オールレンジモードディレクター中西俊之、バトルモードディレクター吉田豊となっている。

ゲーム中に使用されるBGMはフルオーケストラで構成されており、スターウルフのテーマ曲など過去のシリーズで使用された曲をオーケストレーションして使用しているものも多い。

キャラクターデザインは当時のナムコ社員で、現在は日本国外でアーティストとして活動している小牧英智が担当しており、64版の時点では顔以外の部分が判明されなかったスターウルフの面々も小牧により詳細なデザインが描き起こされている。

時間軸としては前作『スターフォックスアドベンチャー』の後の出来事である。

CMソングには布袋寅泰の「IDENTITY」が起用された。

ストーリー[編集]

惑星サウリアの事件から1年、スターウルフを追い出されたアンドリュー・オイッコニーは、亡き叔父、Dr.アンドルフの残党を率いてコーネリア軍に反旗を翻した。

年齢の為に引退したペッピー・ヘアに代わり、サウリアの事件がきっかけでクリスタルがチームに加わった新生スターフォックスが出撃する。

登場キャラクター[編集]

声優は全員が青二プロダクションに所属。64版では6人の声優がそれぞれ複数のキャラクターを演じていたが、本作ではほぼ1人のキャラクターに1人の声優が専属で担当している。これにより、フォックス、ウルフ、ペパー将軍などの主要キャラクターの声優が64版から変更されている。

中でも主人公キャラクターであるフォックスの声優が里内信夫から野島健児に変更されているが、これは「『アドベンチャー』の鼻がかかった声と64版の里内氏の声を混ぜたような感じで、様々な声優のサンプルを何度も聞いてその中から選ばせてもらった」と今村孝矢は答えている[3]。なお、64版でフォックスの声を担当した里内信夫はレオン役として引き続き参加している。

年齢については、インタビューで今村が「今回から資料設定は一切出さない」と発言している[3](これは外伝に近い『アドベンチャー』も公式設定に取り込んだことにより、キャラクターの老化など時間の流れに無理が生じてきたためである模様。実際ペッピーとペパー将軍以外は老化らしい描写がされていないなど、年齢設定をあまり意識していない)。

「スターフォックス」チーム[編集]

フォックス・マクラウド
野島健児
本作の主人公。スターフォックスのリーダー。
ファルコ・ランバルディ
声:江川央生
エースパイロット。金の為にチームにいると言っているが、実はチームを家族のように思っている様子。彼を敵機から救うとスマートボム(アパロイドマザー戦のみシルバーリング)を貰える。
スリッピー・トード
声:頓宮恭子
パイロットに復帰した。腕はイマイチだが、メカニックとしては一流。調子づいて敵機に追われるところは変わっていない。時々シルバーリングでフォックスをサポートする。
クリスタル
声:原亜弥
惑星サウリアの事件を機にメンバーに入る。あらゆるセンサーよりも優れたテレパシーを使える。ひそかにフォックスに恋心を寄せている。彼女もスリッピーと同様、シルバーリングを供給してくれる。
ペッピー・ヘア
声:麻生智久
高齢の為にパイロットを引退し、グレートフォックスからメンバーに通信で指示している。
ナウス64
声:沼田祐介
スターフォックス専属ロボット。観測や分析を専門とし、ペッピーの補助を行っている。

「スターウルフ」チーム[編集]

スターフォックスのライバルチーム。アンドルフ軍壊滅後はどこにも所属しないならず者集団となっている。

ウルフ・オドネル
声:大場真人
スターウルフのリーダー。ならず者ではあるが器は大きい。フォックスとはライバル同士だが、「アパロイドに落とし前をつける」という名目でフォックスに協力する。
レオン・ポワルスキー
声:里内信夫
アンドルフ軍時代からのメンバー。モラルや良心は無く、殺人でも仕事であれば淡々とこなす。相変わらずファルコに絡んでくる。
パンサー・カルロッソ
声:稲田徹
新メンバーだが、パイロットの腕はウルフやレオンにも勝るとも劣らないため信頼されている。典型的な女たらしで周囲があきれるほどキザな男。クリスタルに絡むことが多い。赤いバラをトレードマークにしている。

その他[編集]

ペパー将軍
声:池水通洋
コーネリア防衛軍の司令官。人望が厚く指揮能力が高い。スターフォックスとの付き合いは長く、今作でもオイッコニー率いる残党軍の掃討、アパロイドの殲滅などを依頼する。
64版や『アドベンチャー』の頃と比べると見た目がかなり老け込んでいる。
ベルツィーノ・トード
声:掛川裕彦
スリッピーの父親で、コーネリア防衛軍に勤めている科学者。スリッピーと同じくどこか抜けた雰囲気があるが技術者として有能。
ジェームズ・マクラウド
声:掛川裕彦
初代「スターフォックス」のリーダーで、フォックスの父親。過去にピグマの裏切りでアンドルフの罠に落ちてしまい、戦死したとされている。
正確には本人ではなく、アパロイドマザーが模倣した人格と声が登場。
ピグマ・デンガー
声:郷里大輔
自分の利益のためなら平気で人を陥れる卑怯者。元は初代「スターフォックス」のメンバーで、アンドルフに寝返ってスターウルフのメンバーになったが、金次第で動く下劣な性格からついにウルフの怒りを買いチームを追放された。関西弁で喋る。
アパロイドを利用しようとしていたが、逆に身体と自我を乗っ取られてしまい、自身の基地の一部と一体化した姿でスターフォックスと戦って倒されるも、『コマンド』にて生き延びていたことが判明した。
アンドリュー・オイッコニー
声:沼田祐介
ピグマと同じくスターウルフのメンバーだったが、腕が悪いうえにアンドルフの甥である事を鼻にかけ威張っていたため人望はなく、アンドルフの死後後ろ盾を失いチームを追放された。その後、亡き叔父の遺産を使って傭兵を雇い、アンドルフ軍残党との混成で反乱軍を設立している。
寄せ集めの部隊でコーネリア軍を相手にするなど一応指揮官としてそこそこの手腕を見せていたが、召集されたスターフォックスにあっさり追い詰められる。自身の旗艦を変形させた「デスバブーン」(ファルコいわく「アンドルフの真似っこ」)で挑むも敗北し、さらにアパロイドの攻撃でとどめを刺され機体の爆発に巻き込まれ戦死したと思われたが、『コマンド』にて一命を取り留めていたことが判明した。

[編集]

アパロイド
機械に近い昆虫の姿をした生命体。アパロイドマザーによって数多く生まれている。六角形がシンボルで、角ばった外見をしたものが多い。

主要メカ[編集]

アーウィン
スターフォックスの主力戦闘機。64版と同じくチャージショットや宙返りなどができる。
ランドマスター
スターフォックスが所有する戦闘車両。キャタピラー仕様から4輪仕様に変更されている。
グレートフォックス
スターフォックスの活動拠点かつ母艦。過去に老朽化が進み内部が朽ち果てていたが、アドベンチャーでの報酬を使ってか完全に修復されている。
ウルフェン
スターウルフの主力戦闘機。ファルコ曰く「前よりパワーアップしている感じ」で、64版に比べて外見が大幅に変化されている。
条件を満たせばバトルモードで使用可能で、アーウィンと基本的な装備、操作方法は同じ。

武器・アイテム[編集]

ほぼ全ステージで出現するアイテム[編集]

シルバーリング
アーウィン、ランドマスター、ウルフェンのシールドゲージが少し回復する。
ゴールドリング
アーウィン、ランドマスター、ウルフェンのシールドゲージが大幅に回復する。
パワーアップアイテム
アーウィン、ランドマスター、ウルフェンのレーザーを強化するアイテム。緑色は1段階、赤色は2段階強化する。アーウィンやウルフェンのウイングが破損していた場合はレーザーの強化に加え、ウィングの修復も行う。
スマートボム
アーウィン、ウルフェン専用。Bボタンで発射し、もう一度押すと爆発する。
1UPアイテム
残機が1つ増える。
スペシャルフラッグ
各ステージに5本ずつ隠されている。

パイロット専用[編集]

ブラスター
最初から持っている武器。弾数は無制限。ボタンを押し続けることで、攻撃力とロックオンできる距離が増す。
マシンガン
ボタンを押し続けているだけで弾丸を連続発射できる。
スナイパーライフル
Xボタンでスコープを覗きながら、遠くの敵を狙撃できる。
ホーミングランチャー
敵をロックオンして撃つと、当たるまで追尾し続ける。
ガトリングガン
マシンガンの強化版で、一発当たりの攻撃力が高くなっている。
プラズマキャノン
乗っかり攻撃の際に使用する強力な連射武器。弾数は無制限。
グレネード
ボタンを押すと起動し、放すことで投げられる爆弾。
センサーボム
足場に設置し、付近に動く物体を感知すると爆発する。
バリア
Bボタンで展開し、敵の攻撃を一定時間防ぐ。
回復キット
ライフゲージが回復する。回復する量は色によって、緑(小)、銀(中)、金(大)と異なる。

バトル専用[編集]

ステルススーツ
一定時間姿を消すことができる。
ミサイルランチャー
撃つとミサイル視点に切り替わり、ミサイルの軌道を操作できる。発射ボタンを押すか、一定時間経つと爆発する。
ハナビ
床に設置すると花火を打ち上げ、その後落下して周辺を爆風に巻き込む。ブラスター等で破壊した場合は、グレネードが辺り一面ばら撒かれる。
ブースターパック
ジャンプボタンで一定時間空を飛べるようになる。
センサーロケット
床に設置し、相手がセンサーにひっかかるとその相手の戦闘機に反応して追尾する。
クラスターボム
アーウィン、ウルフェン専用。スマートボムのように発射して起爆させれば、地上に無数のグレネードをばら撒くことができる。
デビルスナイパー
メカを一撃で破壊できるスナイパーライフル。
デビルランチャー
相手をロックオンして追尾する逆転武器。

ゲームシステム[編集]

ステージ[編集]

SFC版、64版とは異なり、ルート分岐が無くステージは一本道。そのため、従来に比べてステージ数が減少している。シリーズ伝統のスクロールステージの数も少なめ。

  • 惑星フォーチュナー宙域〜惑星フォーチュナー
  • 惑星カタリナ
  • サルガッソー
  • 惑星フィチナ
  • アステロイドベルト
  • 惑星サウリア
  • 惑星コーネリア
  • オービタルゲート周域
  • アパロイド本星
  • アパロイド本星中枢

ボーナスゲーム[編集]

ある条件をクリアすると、ナムコが過去に発売した以下のシューティングゲームをプレイすることができる。

※アサルト本編はプログレッシブモードでプレイ可能だが、これらのボーナスゲームはインターレースモードでしかプレイすることができない(プログレッシブに設定していた場合は強制的にインターレースに変更される)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c VG Chartz” (英語). 2011年2月14日閲覧。
  2. ^ スターフォックス アサルト 開発スタッフインタビュー”. 2015年11月22日閲覧。
  3. ^ a b ニンテンドードリーム2005年3月21日号の開発スタッフインタビューより。

関連項目[編集]

※いずれも、ナムコが開発に関わった作品である。

外部リンク[編集]