レア (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レア(Rare Ltd.)は、イギリスゲームソフトウェア開発会社。日本では「スーパードンキーコングシリーズ」などの開発を手がけたことで名が知られている。

歴史[編集]

1982年Ultimate Play The Gameの社名で設立。1985年、U.S.Goldに売却された。古くは『ZX Spectrum』、『コモドール64』などのパソコンゲーム、そしてスーパーファミコン向けのゲームを製作していた。1994年、緻密にレンダリングされた3DCGをスーパーファミコンに描写させる技術を任天堂に買われて、セカンドパーティーとして、『スーパードンキーコング』を開発して高い評価を受ける。その後も同シリーズの続編でヒットを飛ばしてNINTENDO64時代は『バンジョーとカズーイの大冒険』、『ゴールデンアイ 007』などの大ヒット作を次々に生み出して、任天堂に匹敵する開発力を見せた。

2000年頃から主要スタッフの離脱や開発の遅れが目立つようになる。2002年9月、任天堂は保有しているレア株をマイクロソフトへと売却。マイクロソフトはXboxのタイトルを強化する狙いがあった。マイクロソフトのゲームパブリッシング部門担当副社長を務めていたエド・フリーズの証言によれば、売却額は3億7500万ドルであり、アクティビジョンとの競合の末の買収であった。任天堂の売却理由には諸所の説が囁かれた。任天堂の広報は「近年、レア社のソフト開発本数が減っていたことが大きな理由。ゲームキューブの立ち上げ時にもソフトが揃わなかった」とコメントしている[1]。レアを退社したスタッフが設立した会社にはZoonami英語版Free Radical Design英語版Playtonic Games英語版などがある。なお、マイクロソフト傘下になった後もゲームボーイアドバンスニンテンドーDSといった携帯型ゲーム機に限り、任天堂プラットフォームでの開発を継続している。

開発作品[編集]

ゲームではないがXbox Liveアバター機能はレアが開発している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]