F-16XL (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

F-16XL

ジェネラル・ダイナミクス F-16XL

ジェネラル・ダイナミクス F-16XL

F-16XLは、ジェネラル・ダイナミクスが開発した試作戦術戦闘機である。


概要[編集]

F-16 ファイティング・ファルコンを大幅に改造した試作機で、F-16の派生型である。第4.5世代ジェット戦闘機に分類され、クランクト・アロー・デルタ翼を有し、F-16以上の搭載量を誇る。アメリカ空軍の強化型戦術戦闘機(ETF:Enhanced Tactical Fighter)計画[1]に参加したが、ライバル機のマクドネル・ダグラス社のF-15E ストライクイーグルに敗れ、採用を逃した。選定終了後、残った試作機2機は、NASAに引き渡され、飛行研究に使用された。

経緯[編集]

ETF計画への参加[編集]

飛行するF-16XL

開発は、1970年代後半から始まった。当時アメリカ空軍で使用されていた大型戦闘爆撃機F-111の老朽化に伴い、アメリカ空軍はEnhanced Tactical Fighter(ETF:強化型戦術戦闘機)計画 を発表した。計画では、制空戦闘能力、対地攻撃能力、超音速巡航性などを必要性能とした。これに対しジェネラル・ダイナミクスも、「既存機の改修という形でも、超音速巡航は可能」と、F-16の改修プランを提案した。ところが、ETF計画はまとまらず中止となってしまった。

しかし、マクドネル・ダグラスがF-15の派生型F-15E ストライクイーグルのプロトタイプを1981年に初飛行させたことから計画が再開、ライバルのジェネラル・ダイナミクスも前述の改修プランを元にF-16を大幅に改造した派生型F-16XLを1982年7月3日に初飛行させた。元は超音速巡航性能を達成するためのものであるが、要求仕様の変更もあり、搭載量や航続距離の向上を図った機体となり、超音速巡航性能は切り捨てられた[2]

F-16XL 試作1号機はF-16 FSD(Full-Scale Development、全規模開発機) 5号機(75-0749、単座型)から改造された単座型、試作2号機はFSD 3号機(75-0747、単座型)から改造された複座型である。試作1号機と2号機の全長は同じである。

飛行テストは1984年2月に行われた。テストには、試作機の2機とも参加した。しかし、空戦能力、兵器搭載能力や被弾時の生存率、コスト(後述)など評価はF-15Eの方が高く、F-16XLは不採用となってしまった。

なお、F-16XLが採用されれば単座型にはF-16E、複座型にはF-16Fの名称が与えられる予定であった[3]

NASAの飛行研究への引き渡し[編集]

NASAの実験機として使用されるF-16XL

その後、F-16XLの2機の試作機はしばらく保管されていた。

しかし、1988年に、NASAがF-16XLの試作機2機を使用して飛行研究を行いたいとの申し出から、F-16XLは再び空を舞うこととなった。機体は、エドワーズ空軍基地からNASAに引き渡された。この際、エンジンは飛行研究のためゼネラル・エレクトリック社のF110に交換されている。

飛行研究では、飛行中の気流の動き、ソニックブームの特性、離陸性能、エンジンの騒音が主な課題となった。

NASAによる研究は1999年に終了し、両機はドライデン飛行試験センターに格納された。

ロッキード・マーティンでの飛行研究[編集]

2007年にはロッキード・マーティンの飛行研究に使用されることとなり、現在も研究は続いている。

特徴[編集]

基本構造[編集]

F-16XL(1982年)
F-16とF-16XL

機体は、F-16をベースとしたこともあり、似ている部分や流用されている部分も多くあるが、その姿はF-16とは大幅に変わっている。

主な改造点は主翼にあり、標準型のF-16の主翼より20%大きく、クランクト・アロー・デルタ翼を採用している。それにより水平尾翼は無くなった。主翼の素材には、複合材料の一種の炭素繊維合成物(いわゆるカーボン複合材)が使用されていることもあり、それほど重くはならなかったが、それでも標準型のF-16より2,800lb(1300kg)重くなっている。なお当時はカーボン材の技術が現在の様に発展しておらず、難加工性や製造コストの高さから量産時の機体コストがF-15E(こちらは機体全体にチタン合金を使っている)よりも大幅に掛かる事もネックとなった。

機体は1.4m延長され、2枚のベントラル・フィンは無くなり、尾翼部分は後ろにさらに3度傾けられた。このような改良によって、音速以下での低速飛行における安定性が向上させられた。元々F-16は運動性向上のため安定性を意図的に下げており(CCV技術)、戦闘機としての性能を一部妥協し、攻撃機・爆撃機としての性能を追求しているのがわかる。

兵装[編集]

固定武装としてM61 20mmバルカン砲を搭載する。空対空装備としてAIM-9AIM-120を運用し、対地攻撃用機材としてLANTIRNを搭載する。胴体下中央線に1箇所(Mk.82s用)、胴体下両端に4箇所(半埋め込み式、AIM-120用)、インテーク下に2箇所(LANTIRN用)、両翼端に2箇所(AIM-9用)、両翼下に16箇所(各340kgまで、Mk.82用)と2箇所(heavy/wet用)のハードポイントがある。両翼下に370gal燃料タンクを2本懸吊可能。

スペック[編集]

F-16XL 三面図
  • 最高速度 : マッハ2.0
  • 航続距離 : 4,590km

脚注[編集]

  1. ^ 後の複合任務戦闘機(DRF)計画
  2. ^ そのためのエンジンを搭載しない。
  3. ^ このE/F型の名前は、アラブ首長国連邦が採用しているF-16C/D Block 50/52の発展型のF-16E/F Block 60/62につけられている。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]