F-19

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

F-19とは、アメリカ軍が極秘に開発したと噂されていた機体の開発コードであり、実際には存在しない航空機の形式番号である。

F-19までのアメリカ軍戦闘機命名例[編集]

1962年にアメリカ空海軍は軍用機の命名規則により、航空機識別ナンバーを統一することとなり、それまで空海軍で異なる基準だったのを、同一基準で通番で命名する事となった。命名規則はほぼ空軍のそれに依拠するものとなり、海軍の既存の戦闘機にF-1からF-4およびF-6からF-11の型番が新たに付与され、F-5は既存の機体ではなく海外供与向けに開発されたノースロップN-156Fに割り当てられた。以降の戦闘機はそれらに続く番号で命名される事となり、忌み数である13が飛ばされた[1]ものの、以後はF/A-18まで順に番号が割り当てられていった。

1980年代の初め、開発中のF-5Gに新しい番号を再付番することになった際、空軍は初めF-5Gに「F-19」を割り当てようとしたが、開発元のノースロップ社はF-19ではなく「F-20」を提案した[1]。当時、戦闘機輸出市場でF-5Gのライバルとなり得るソ連製の戦闘機(ミグ戦闘機)が使用していた型番は全て奇数だったため、ノースロップ社は型番を偶数にすることでF-5Gを目立たせようとした[1]。また、当時のF-14、F-15、F-16、F/A-18といった10番台の戦闘機(ティーンシリーズ)に対して20番台とすることで新しさを強調する意図もあったと推測された[1]。空軍はノースロップ社の提案を受け入れF-5GをF-20に改称した。

番号命名の経緯に関して必ずしも詳細が語られるとは限らず、F-19の場合も記者たちが空軍の報道担当官に欠番の理由を求めた際、担当官は「我が空軍にF-19という航空機は存在しない」という簡潔な返答しかしなかった[2]。これが後に様々な憶測を呼ぶ元となる。

“ステルス機”F-19[編集]

1980年代に入ると、「レーダーによって捉えることが困難な、特殊な機体形状を持つ航空機が開発されている」として、“ステルス機”(ステルス軍用機)の存在が注目されるようになった。公表された機体こそ存在していなかったものの、ステルス機の実在そのものは「公然の秘密」とも言えるものになっていたため、軍事関係書籍などでは多種類の想像図が発表されていた。

それらの中でも、「アメリカ軍はレーダーに映らない航空機を極秘に開発しており、そのナンバーがF-19である」との考察や推測がなされていた[3]。いずれの想像図でも「機体の各部が曲線で構成されている」「垂直尾翼が内側に向いている」「電波を吸収する特殊な材質による黒い塗装が施されている」などの特徴が共通しており、当時既に「レーダーに捕捉され難い」として知られていた、SR-71を小型化したようなデザインだった。また、SR-71からの連想で「仮に“ステルス戦闘機”を開発しているメーカーがあるとすればそれはロッキード社だろう」とも推測されていた。

これらの想像や推論は結果的にいくつかは正しかったが、当時確たる根拠を持って論を展開できた例は皆無だった。

F-117[編集]

F-117
存在が初めて公表された際の公式写真の一枚で、意図的に実際とは違った機体形状に見えるものとなっており、機体の前後方向の長さが詰まって感じられる。

1988年11月アメリカ国防総省は、極秘裏に開発を進めていたステルス機の存在を公表すると共に、名称がF-117である事を発表した[4]

この発表は19の欠番と相まって更なる謎を生んだ。現実的に考えれば、極秘としている戦闘機に対し、命名規則通りの「F-19」という名称をそのまま与えるはずもないという意見[5]もあったが、117という数字にも根拠が無い。1962年の軍用機の命名規則改正によって、空軍戦闘機の「F」ナンバーはF-111で終わっており、仮にそこからの連番としてもF-112 - F-116が欠番となっている。F-111から117に飛番となったことに対し、空軍の報道担当官は111を最終番号とする取り決めはないとしか回答しなかった[5]。この名称が与えられた理由は公表されていなかった[4]

これに関して、アメリカ空軍がソビエト製戦闘機を極秘裏に入手し、それらで編成されるテスト部隊(第4477試験評価飛行隊英語版)内での機体呼称には欠番となったF-112からF-114の各番が与えられているという説[6] [注 1] があり、あるカリフォルニア州エドワーズ空軍基地の元管制官はこの話をパイロットから聞いたと話している[4]。この他にも、F-117の開発元であるロッキード社が過去に開発した軍事兵器のWS(ウェポン・システム)のコード番号に117が用いられていたことに関連性を見出す推測もあった[5] [注 2]

プラモデルとイメージイラスト[編集]

F-19の名称が広く信じられていた原因の一つとして、アメリカ合衆国イリノイ州に本拠をおく模型メーカー、テスター(Testor)社が同社のデザイナーによって創作して模型化した[7]、「F-19」のプラスチック製スケールモデルキットの存在が挙げられる[8]

ステルス機に関する憶測が飛び交う中、「独自の情報源から得た図面をモデル化した」という触れ込みで発売されたこのプラモデルは、曲線で構成された機体、傾斜した垂直尾翼、機内搭載の兵装など、「当時想像されていたステルス機のデザイン」に則ったもので、アメリカを始めとした世界各国でベストセラー商品となった。

この形状についてマスコミはアメリカ国防総省にコメントを求めたが、同省報道官は航空知識を持つ者ならば想像できる範囲の形状だとしか回答せず、開発中の機体との関連性について明確な否定をしなかった。この回答はステルス機に対する関心が高まっていた当時の世相においては肯定的に受け止められ、格好の宣伝材料となった[8]。F-117の開発を行っていた時期にスカンクワークスの責任者だったベン・リッチは引退後、自著の中で「このインチキ模型と社内の内紛のせいで、ロッキード社の機密保持に問題があるとした公聴会に呼び出されそうになった」と記述している。なお、本人の出席は免れたものの、当時のロッキード社の社長が出席している。

上述の「F-19のプラモデル」は、テスター社の他に同社と提携関係にあったイタリアイタレリ社がイタリア国内で行っており、イタレリ社からも発売された。両社の製品はパッケージ以外は同一のものであり、イタレリ社のほうが世界的に見て販路が広かったため、このF-19のプラモデルは“イタレリの製品”として著名である。この他、宇宙開発技術企業で人工衛星の製造を手掛けるロラール[注 3]が広報用イラストに描いたものを基にしたプラスチックモデルキットもモノグラム社から発売されていた。日本ではアリイがテスター/イタレリ版とモノグラム版のデザインを基に独自のデザインとして商品化したものを発売しており、同社独自の「訓練用複座型」といったバリエーションモデルも発売された。アリイ版は基本的なデザインはテスター/イタレリのものに則っているが、カナード翼はロラール/モノグラム版に準じており、機首の形状なども異なる。

これらのプラモデルの他には、フライトシミュレーションゲームで一世を風靡したマイクロプローズがF-19ステルスファイター(en:F-19 Stealth Fighter)というゲームを製作しており、日本ではPC-9801に移植され同社の日本法人のマイクロプローズジャパンから発売された。ゲーム中では上記プラモデルと同様の形状の機体で、ウェポンベイを開くとレーダーに見つかりやすくなる、等の設定がなされている。

近年では日本フルタ製菓チョコエッグ世界の戦闘機シリーズ」に、イタレリ版F-19をラインナップに加えている。説明文には「極秘のステルス戦闘機」との一文がある。

なお、テスター/イタレリ社はF-19のプラモデルの大ヒットを受け、続いて「MiG-37B “ferret‐E”」と銘打った架空機のキットを発売した。F-117とYF-22及びYF-23、それにMiG-29やSu-27を足して割ったような形態をしていたこのモデルはある意味先進的ではあったが、F-19のようなヒット商品になることはなく、メディアで話題になることもなかった。

結論[編集]

これらの事象から解るように、F-19についての各種の推測において、実際のF-117のような直線構成の予想図はほとんど存在しなかった。最終的にF-117の公式発表によってその形状が明らかになると、F-19に関する考察は下火になったが、一部には「F-117は本来『F-19』と命名されるはずであったが、F-19についての推測報道が加熱したために、急遽『F-117』という命名規則外の制式番号に変更されたものである」との推察がなされたこともあった。

その他[編集]

なお、F-19と同様に、YF-24やF-121についても、存在が疑われ議論されることがある。YF-24は新世代のステルス戦闘機[9]、F-121は1986年に初飛行を行ったと噂された“センチネル”と呼ばれるマッハ3級の高速偵察機[10]である、というのが俗説である。

YF-24は、最終的に「F-35」と命名された機体が当初は「順番から言ってF-24と命名されるのではないか」と推測されていたことから来たもの[要出典]と考えられているが、F-24 - F-34の欠番は、元は「X-35」という型式番号で試作されていた機体を、番号をそのままでF-35としたために生じたものであると説明できる。

F-121についてもF-118 - F-120にも該当する機体が無いため、F-121という機体番号が突然に登場することには確たる理由がないものである。これに関しては、「極秘開発機に広く使われたFのプレフィックスに超音速偵察機A-121号機という数字を組み合わせたもの[10]」という説がある。他方、“アメリカ空軍はソビエト製戦闘機を極秘裏に入手し、それらには欠番となったF番号が与えられている”という説[6]から「冷戦後に入手した新たなソビエト(ロシア)製戦闘機には同じようにF-118[6]・F-119[要出典]・F-120[要出典]の番号が与えられた」という説もあるが、情報源が漠然としていて[6]定かではなく、アメリカ軍は冷戦後には旧東側諸国から入手したMi-24“ハインド”戦闘ヘリコプターをそのまま「Mi-24」の呼称で公然とテストを実施しており、この説には根拠が乏しい。

なお、これらの他にもF-104を大幅に発展させた機体としてF-204が存在するが、これはロッキードの自社開発機につけられた俗称であり、軍に制式採用された訳ではないので、正式な型番ではない[注 4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 英語版の記事内においては命名規則上試作機扱い(現状接頭記号Y)の上以下のように割り振られたとされている。
  2. ^ "MiDAS"ことMissile Defense Alarm Systemという、人工衛星などを利用するミサイル防衛警報システム(詳細は en:Missile Defense Alarm Systemを参照)に関係した、ウェポンシステム(en:Weapon system参照)のコード「WS-117L」のことと思われるが、同システムにはロッキードの関与もあるものの、航空やステルス技術との繋がりは薄い。
  3. ^ 「ローラル」と表記されている例もある。
  4. ^ 「実験機」としてアメリカ空軍によって与えられた公式名称は「X-27」である

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d Parsch, Andreas (2014年4月14日). “"Missing" USAF/DOD Aircraft Designations”. Designation-Systems.Net. 2016年2月25日閲覧。
  2. ^ ワールドフォトプレス(編)『ステルス (光文社文庫―ミリタリー・イラストレイテッド)』光文社、1991年、48頁。ISBN 978-4334713843
  3. ^ ワールドフォトプレス(編)『ステルス (光文社文庫―ミリタリー・イラストレイテッド)』光文社、1991年、44頁。ISBN 978-4334713843
  4. ^ a b c ワールドフォトプレス(編)『ステルス (光文社文庫―ミリタリー・イラストレイテッド)』光文社、1991年、49頁。ISBN 978-4334713843
  5. ^ a b c ワールドフォトプレス(編)『ステルス (光文社文庫―ミリタリー・イラストレイテッド)』光文社、1991年、50頁。ISBN 978-4334713843
  6. ^ a b c d Parsch, Andreas (2012年2月7日). “Cover Designations for Classified USAF Aircraft”. Designation-Systems.Net. 2012年2月18日閲覧。
  7. ^ Ciotti, Paul (1986年10月19日). “Tempest in a Toy Box : The Stealth Fighter Is So Secret the Pentagon Won't Admit It Exists. John Andrews Shocked Everyone by Building a Model of It. To Tell the Truth, He Says, It Wasn't All That Much Trouble.” (英語). Los Angeles Times. https://www.latimes.com/archives/la-xpm-1986-10-19-tm-5852-story.html 2020年4月1日閲覧。 
  8. ^ a b ワールドフォトプレス(編)『ステルス (光文社文庫―ミリタリー・イラストレイテッド)』光文社、1991年、51頁。ISBN 978-4334713843
  9. ^ Edwards AFB website”. Col. Joseph A. Lanni, USAF biography. 2005年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月18日閲覧。
  10. ^ a b Parsch, Andreas (2007年9月11日). “Secret U.S. Aircraft Projects at Groom Lake”. Dreamlandresort.com. 2012年2月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]