レッド・ストーム作戦発動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レッド・ストーム作戦発動(ライジング)』(原題 Red Storm Rising)は1986年に発表された、アメリカの作家トム・クランシーとラリー・ボンド(en:Larry Bond)の共著による軍事シミュレーション小説。

東西冷戦時代のヨーロッパ及び大西洋を主な舞台としたNATO軍とワルシャワ条約機構軍の全面戦争が描かれている。超音速爆撃機による空母機動部隊への空襲、潜水艦による巡航ミサイル攻撃、当時まだ存在が公開されていなかったステルス攻撃機による奇襲攻撃、F-15発射のASATによる衛星攻撃など、核兵器を除く多様なハイテク兵器による現代戦の様子が緻密に描かれている。

実際の軍事対決のシーンはラリー・ボンドがデザインした海戦シミュレーションゲーム「ハープーン」での綿密なシミュレーション結果に基づいて描かれている。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「ハープーン」ゲームデザイナーズ・ワークショップ/ホビージャパン 1987年のマーク・ミラーの前書きより