スプリンターセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スプリンターセルシリーズ > スプリンターセル
スプリンターセル
Tom Clancy's:Splinter Cell
ジャンル ステルスアクション
対応機種 XboxWindowsプレイステーション2プレイステーション3ニンテンドーゲームキューブゲームボーイアドバンスN-GageMac OS
開発元 UBIモントリオール(Xbox、Windows版)
UBI上海(PS2、GC版)
発売元 ユービーアイソフト
人数 1人
メディア DVD-ROM
発売日 2003年11月27日
テンプレートを表示

スプリンターセル (Splinter Cell)は、フランスコンピューターゲーム開発・販売会社であるユービーアイソフトから発売されている、スプリンターセルシリーズの第一作である。日本ではWindows版が、日本語マニュアル付きで2003年2月22日に、完全日本語版が同年5月30日に発売された。その後、2003年11月27日Xbox版とPS2版が発売された。Xbox版のみ音声が日本語で吹き替えられている。

スプリンターセル (Splinter Cell)とは、「目に見えないほど小さな破片」という意味。

概要[編集]

レッドオクトーバーを追え』や『トータル・フィアーズ』などで知られる、著名な作家トム・クランシーが監修を行っている作品。 プレイヤーは、主人公サム・フィッシャーとして極秘任務を遂行していく。

登場人物[編集]

カッコ内の声優はXbox版の吹き替え担当者を記載。

サム・フィッシャー(Sam Fisher)(玄田哲章
このシリーズの主人公。彼はアメリカ国家安全保障局内の秘密組織「サード・エシュロン」に所属する秘密工作員(スプリンターセル)であり、高い敏捷性を持ち、単独で潜入任務を行い、人知れずアメリカを、ひいては世界を危機から救う。アメリカ特殊作戦海軍Navy SEALs出身。どんな状況でもジョークを口に出来、且つ正確に状況を把握できる冷静沈着な人物だが、娘のサラには甘く、彼女が危険に巻き込まれたと知るや否や任務よりもサラの安否の確認を優先しようとするなど、娘に関しては冷静さを失い易い。また、仲間が命を落とせばその死を悼むなど、決して無感情な人物ではない。
アーヴィング・ランバート(Irving Lambert)(池田勝
サード・エシュロン局長。研究員、ハッカー、指揮官からなるサードエシュロンチームと実際に潜伏活動を行うエージェントの間を取り持つ人物。
アンナ・グリムスドッティア(Anna Grimsdottir)(田中敦子
サード・エシュロンのリードプログラマー。作戦本部からサムを技術面、暗号面、データ面からサポートする。通称「グリム」。
ヴァーノン・ウィルキスJr(Vernon Wilkes, Jr.)
サード・エシュロンの一員且つ、NSAのエリートであり、警備、輸送の面でサムの任務を現地で補佐するサポート要員。しかし物語途中でサムを援護しようとして銃撃を受けてしまい、サムに看取られながら息を引き取る。
コンバイン・ニコラーゼ(Kombayn Nikoladze)
クーデターによりグルジアの新大統領に就任した人物。元々は製造業で富を得た「グルジアの産業王」と称されるカリスマ的な資産家で、大統領就任後も優れた政治的手腕でグルジア経済に奇跡を起こした事で国内外から高い評価を受けている。しかしその本性は強い反米感情を持つ策謀家であり、就任当初は西欧諸国と友好的な関係を築いていくと公言していたが、やがて己が野望を実現する為に行動を起こす。
モリス・オデル(Morris O'dell)
各ミッション開始前のニュース「FNW(First News Wire)」のアナウンサー。目まぐるしく動く世界情勢を伝える。
サラ・フィッシャー(Sarah Fisher)(白石涼子
サムの愛娘。極秘任務に赴く父を孤独に負けず気遣う思いやりのある娘。

ストーリー(XBOX)[編集]

プロローグ
2003年、アメリカ合衆国に脅威となる第三者のデジタル暗号化システム対策および機密漏洩防止のために、最新鋭の監視・戦闘技術を駆使し、敵のデータを盗み出しもしくは破壊する特殊部隊サードエシュロンが創設された。
2004年4月、グルジア共和国でアブハジアの分離独立主義者による同国大統領への自爆テロが発生。これにより、政界・軍部の後押しを受けてグルジアの産業王コンバイン・ニコラーゼが無血クーデターによりグルジア新大統領に就任した。
同年10月、CIAはグルジア政界の内偵としてエージェントのアリス・マディソンを潜入させていたが、その彼女が突如行方不明になり、捜索に派遣されたエージェントのウィリアム・R・ブラウスタインまでもがその数日後に消息を絶った。エージェント2人の捜索任務が下されたサードエシュロンは、「スプリンターセル」と呼ばれる百戦錬磨のエージェントであるサム・フィッシャーを招集する。
アメリカ/訓練(Training)
招集されたサムは、この危険な一連の任務にあたる特殊工作員として適任か否かを示すべく、現地に向かう前にバージニア州のCIA訓練施設を訪れる。
グルジア/警察署(Police Station)
能力を示したサムはエージェント2人の捜索の為、グルジア・トビリシの旧市街地に降り立った。まずブラウスタインの活動範囲を知るべく、地元の情報提供者トーマス・グルゲニッツェと落ち合う事になっていたが、彼のいるホテルは炎に包まれていた。
グルジア/国防省(Defense Ministry)
トビリシの警察分署に安置されていたマディソンとブラウスタインの遺体から追跡用皮下インプラントが取り除かれており、ヴァイシェスラブ・グリンコというロシア人傭兵により、グルジア国防省に持ち去られた事が判明した。グリンコはニコラーゼ大統領と深く関係しており、2人は国防省で会うという。サムはニコラーゼの秘密を探るべく国防省に潜入する。
カスピ海/油田施設(Oil Rig)
国防省より入手した記録により、グルジアが情報操作で世界を欺き、石油資源を掌握するべく隣国アゼルバイジャンへ軍事侵攻していたことが発覚。これによりNATOコーカサス地方への介入を開始し、グルジア軍はほぼ全てがアゼルバイジャンから撤退させられた。しかしニコラーゼは最高軍事顧問と共に姿を消し、またグルジア特殊部隊は巧妙に姿を隠し活動を続けており、その死守する拠点の一つがカスピ海の油田基地であるという。この基地は暗号化されたネットワークを用いてグルジアの大統領官邸と通信を行っているらしく、サムはそのデータを入手する為に油田基地に向かった。
アメリカ/CIA本部(CIA HQ)
油田基地から回収したデータにより、ニコラーゼのアメリカに対する攻撃計画を突き止める。それはCIAから機密が漏洩している事を示す証拠でもあった。しかしそれから間もなくニコラーゼはアメリカへの報復として大規模なサイバーテロを仕掛け、アメリカ全土は大混乱に陥る。サードエシュロンは内通者を突き止め、ニコラーゼの居場所を炙り出すべくCIAの本部へ潜入を試みる事に。
アメリカ/カリナテック社(Kalinatek)
内通者を尋問した結果、情報はCIA本部に近いカリナテック社に流れ、更にそこからニコラーゼに流れている事が判明。既に敵にもこちらの動きが気付かれており、ロシアの傭兵部隊が証拠隠滅の為にカリナテック社を襲撃した。破壊される前に情報を手に入れるべく、サムはカリナテック社に潜入する。建物の中に隠れているイワンという技術者が暗号キーを持っているらしいが…。
ミャンマー/中国大使館(Chinese Embassy)
多国籍軍の必死の捜索にも関わらずニコラーゼとグルジア特殊部隊の居場所を掴めない中、サムが手に入れたイワンの暗号キーにより、ニコラーゼはミャンマーにある中国大使館に逃げ込んでいた事が分かった。しかしそれにより中国のニコラーゼへの支援が疑われた事でアメリカ・中国間の関係は危機的状況に陥ってしまう。サードエシュロンは、中国とニコラーゼの関係について裏付ける証拠を手に入れるべく、ミャンマーのヤンゴンに向かう。
ミャンマー/ムーク・ツォ・ボー食肉店(Abottoir)
ニコラーゼの情報テロを巡ってアメリカと中国の外交は悪化の一途を辿っていた。大使館で入手した情報から、ニコラーゼは中国人民解放軍で強い影響力を持つコン・フェイロン将軍と繋がりがある事を突き止めるも、同じ頃、ニコラーゼはネット中継によって捕虜のアメリカ兵の公開処刑を予告するという暴挙に出た。処刑は数時間後にムーク・ツォ・ボー食肉店で実行される予定だ。もしそうなれば、第三次世界大戦は免れない。サードエシュロンはアメリカ兵処刑の阻止と救出の為、ムーク・ツォ・ボー食肉店に急いだ。
ミャンマー/中国大使館2(Chinese Embassy)
アメリカ兵と中国高官の救出によりアメリカと中国の関係は当面の危機を脱した。だが、まだ戦争勃発の危機が去った訳ではない。救出した中国高官によると、フェイロンは人民解放軍内の一部の過激派を率いており。その活動を中国政府は認知していないとの事だった。そして当のフェイロンは完成間近な核兵器とともに大使館から逃げ出そうとしている。戦争回避の為にはフェイロンが中国政府と関係無く独自に動いていた証拠を入手し、ニコラーゼと中国の関係を否定しなければならない。サムは再び中国大使館に向かう。
グルジア/大統領官邸(Presidential Palace)
ニコラーゼの支援はフェイロンの独断であった事が明らかになり、アメリカと中国の関係は修復された。同時にニコラーゼのサイバーテロ部隊は排除され、グルジア情報危機は収束に向かっていたものの、首謀者であるニコラーゼの居場所は依然として掴めていなかった。中国大使館で得た情報によると、ニコラーゼはグルジアの大統領官邸に「アーク」と呼ばれる謎の兵器の鍵を残してきたという。そして追い詰められたニコラーゼは危険を冒してまで「アーク」回収の為に大統領官邸に戻ってくるとの事。そこまでして回収を図る「アーク」とは何なのか。サムはニコラーゼと「アーク」を排除し、この事件に真の決着を付ける為、大統領官邸に潜入する。

Xbox、Windows版ではこの他に追加ステージとしてコラ半島(日本未配信)、造船所潜水艦が配信されていた。また、PS2版のみカリナテック社と中国大使館の間に原子力発電所のステージが挿入される。

登場武器・装備[編集]

5.72mm SCピストル

サイレンサー付きの拳銃。

SC-20K

サイレンサー付きでスコープを備えたアサルトライフル。通常の弾以外に、専用のガジェット(下記参照)を発射することも可能。

  ガジェット  

スティッキーショッカー:一発で敵を気絶させることが可能。
リングエアホイール:ヘッドショットした場合は一発で、それ以外は二発以上で、敵を気絶させることが可能。
スティッキーカメラ:撃ったところに設置されるカメラで、その周りの様子を確認することができる。カメラ機能のみ持つものと、音を出す・催眠ガスを噴射するといった機能を持つものとで二種類ある。
ガスグレネード:催眠ガスを噴出するグレネード。

ピックロック

ピッキングツール。鍵のかかったドアを開けることが可能。

ケーブルカメラ

ドアの下から、ドアの向こうの様子を窺うことができる。

フレア・グロースティック

投げると光る。敵の注意をそらすことが可能。

ナイトヴィジョン・ゴーグル

光を増幅し、暗闇を見やすくするゴーグル。

サーマルヴィジョン・ゴーグル

熱を視覚化するゴーグル。温度によって色が変化する。これで押した直後のキーパッドを見ると、押した順番がわかる。

外部リンク[編集]