ディビジョン (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディビジョン
Tom Clancy's The Division
Tom Clancy’s The Division – Game logo.svg
ジャンル オンラインRPG
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Microsoft Windows 7/8.1/10
開発元 Massive Entertainment
発売元 ユービーアイソフト
人数 オンライン時1人-24人
メディア BD-ROM/ダウンロード
発売日 日本の旗 2016年3月10日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
売上本数 日本の旗13万6,233[1]
その他 オンライン専用
テンプレートを表示

ディビジョン』(原題:Tom Clancy's The Division) は、ユービーアイソフトより2016年3月10日に発売されたコンピュータゲーム。対応プラットフォームはPlayStation 4Xbox OneMicrosoft Windows7/8.1/10。

トム・クランシーシリーズ初のオープンワールドゲームかつ、オンラインRPG[2]

概要[編集]

ウイルステロによって荒廃したニューヨークを舞台にしたオンライン専用RPG。オンライン専用ゲームであり、協力プレイやダークゾーンへの侵入はPS4版ではPlayStation Plusへの加入が、Xbox One版ではXbox Liveのゴールドメンバーシップへの加入が必要となる。成長要素があるため「RPG」と銘打たれているが、サードパーソン・シューティングゲームの要素が強い[3]

舞台となる荒廃したニューヨークはオープンワールドでリアルに再現される。

オンラインでは基本的には1人から4人までの協力プレイだが、「ダークゾーン」と呼ばれる特に汚染された隔離地域では対人対戦が可能となっている。ここでは他のプレイヤーを攻撃し金品を奪えるが、「ローグ」(盗賊)に認定されてしまう。ローグに認定されると賞金が設定され、他のプレイヤーから狙われやすくなる。

シーズンパスが同梱された「ゴールドエディション」もダウンロード版限定で発売された。

2016年2月に行われたオープンベータテストでは全世界で640万人が参加し、新規IPでは最大規模だとユービーアイソフトの公式サイトで発表された。


映画化の制作が決定している。

ストーリー[編集]

ブラックフライデーに勃発した新型ウイルスによるバイオテロにより、ニューヨークは隔離され、秩序は崩壊した。水や食料も底を尽き、街は無法者が跋扈するようになった。秩序を取り戻すために政府・法執行機関と共に「ディビジョン」のエージェントが活動を開始する。

プレイヤーは特殊機関「ディビジョン」のエージェントとして、ウイルスによって崩壊したニューヨークの復興と事件の真相解明を目指す。

組織[編集]

ディビジョン
プレイヤーが所属する組織。正式には Strategic Homeland Division で頭文字を取ったSHDや、そのままディビジョンと呼ばれることが多い。
構成員は市民から選ばれて訓練され、平時は一般市民に紛れて暮らしているスリーパー・エージェントがほとんどである。問題が起こった時に大統領令により活性化・招集され治安を維持する。プレイヤーは途中で通信が途絶えた第一波のエージェントたちに続く第二波として派遣される。ディビジョン・エージェントの行動はある程度自由が与えられているようで、NYでの任務を遂行するために何をどうするかは現場での各自の判断に任されている。
ディビジョン・エージェントにはSHDテックと呼ばれる一連の装備としてSHDウォッチ/スマートウォッチ、通信機器、ISAC(アイザック)という行動支援AI、HUD機能を内蔵したコンタクトレンズ、基本的な銃火器などが支給されているようだ。
なお、ディビジョンの設定は「ニューヨークに細菌テロが起きた場合、最悪の場合90%の人命が失われる」という軍事シミュレーションOperation Dark Winterに対応するために発令されたDirective 51(即応部隊の設立)という現実世界で起きた事象が生かされている。
JTF(ジョイントタスクフォース)
統合任務部隊。ニューヨークの街の治安維持や物資の輸送、医療や仮設住居の提供など、様々な活動をしている。ディビジョンエージェントと協力関係にある。
ニューヨークに展開しているJTFメンバーは警察、医療関係者、州軍などから構成されており、黄緑色のジャケットを目印としている。
クリーナーズ
ニューヨークの清掃局員の生き残りによって組織された集団。ウイルスを浄化するためと称して火炎放射器を手に全てを焼き払おうとする。βテスト時には消防士の生き残りという設定であった。
ライカーズ
ライカーズ島に収容されていた重犯罪者によって組織された集団。ララエ・バレットが彼らをまとめ上げ、反権威主義の下、略奪や不法占拠、JTFやディビジョンエージェントらの惨殺を繰り返す。自らの居場所を求めている。
LMB(ラスト・マン・バタリオン)
元米国軍人チャールズ・ブリス率いる民間軍事会社。元はウォール街の証券会社を守るためにマンハッタンに送り込まれた部隊だったが、暴徒相手に歯が立たないJTFの惨状に失望。LMBの支配による治安回復を名目に蜂起した。

評価[編集]

週刊ファミ通のクロスレビューでは、10点、9点、8点、9点の合計36点(40点満点)でプラチナ殿堂入りした[要ページ番号]

関連書籍[編集]

Tom Clancy's The Division New York Collapse
作中に登場する書籍「New York Collapse 」を実際に出版したもの。著者はアレックス・アーヴァイン

出典[編集]

外部リンク[編集]