ゴーストリコン フューチャーソルジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴーストリコンシリーズ > ゴーストリコン フューチャーソルジャー
Tom Clancy's
Ghost Recon Future Soldier
ゴーストリコン:フューチャーソルジャー
ジャンル タクティカルシューター
対応機種 Xbox 360PlayStation 3Windows
開発元 ユービーアイソフト
発売元 ユービーアイソフト
メディア Xbox 360DVD-ROM
PS3BD-ROM
ダウンロード
発売日 Xbox 360・PS3
アメリカ合衆国の旗 2012年5月22日
日本の旗 2012年7月5日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
売上本数 Xbox 360
日本の旗 7,348本[1]
PlayStation 3
日本の旗 50,632本[1]
テンプレートを表示

ゴーストリコン フューチャーソルジャー』(Ghost Recon: Future Soldier)は、ユービーアイソフトから発売されたトム・クランシー作、ゴーストリコンシリーズのゲームソフト。ジャンルは前作と同様に三人称視点のシューティングゲームである。前作からさらに時代が進み、西暦2024年の近未来が舞台となっている。拡張現実による情報の視覚化、ステルス装備の光学迷彩、偵察ドローンや4足歩行ロボットなどのハイテク兵器が登場する。なお、Xbox 360版はkinectの音声認識機能に対応。

なお、本作の前日談に当たる短編映画の『GHOST RECON ALPHA』についてもここに記載する。

ストーリー[編集]

2024年ニカラグア、ゴースト部隊プレデターチームはアメリカに向かう武器密輸トラックを襲撃する。しかしトラック内の捜索中に爆弾が爆発し、プレデターチームは全滅した。ゴースト部隊はこの事件の真相を探るために新たにハンターチームを編成。爆弾の出所を掴むためにボリビアへと向かった。

登場人物[編集]

「ゴーストリード」セドリック・ファーガソン大尉
ハンターチームの隊長。軍人の家系に生まれ、指揮官としての高い分析力、決断力、規則を持ち合わせている。
「ペッパー」ロバート・ボニファシオ曹長
ハンターチームの狙撃手。口数は少ないが、冷静で腕の立つスナイパーである。30Kに軽口を叩く一面もある。
「30K」ジミー・エリソン一等軍曹
ハンターチームの機関銃手。礼儀を気にせず率直に意見を言うためトラブルを起こしやすいが、無謀な性格ではない。
「コザック」ジョン・コザック二等軍曹
ハンターチームの戦闘工兵。シングルモードでのプレイヤーキャラクターとなる。ロシア系アメリカ人であり、ロシア語を流暢に話すことができる。
「オーバーロード」スコット・ミッチェル少佐
ゴースト部隊の司令官。前々作GR2、前作GRAWシリーズの主役である。
ジョー・ラミレス
プレデターチームの隊長。プロローグにのみ登場。GR2からミッチェルの部下として登場していた。

システム[編集]

ガンスミス[編集]

本作に登場する武器のほとんどはガンスミスモードにて自由にカスタムを行える。カスタマイズ箇所は照準器やアンダーバレル装備、サイドレール装備、バレル長、ガスシステム、弾薬、ペイント、ストック、銃口部、発射方式がある。同じ銃でもカービン型、狙撃銃型、機関銃型など性質の違うカスタマイズが可能である。

シンクショット[編集]

ステルス状態で敵にマークを付けることができ、部隊員はマークのついた敵をいつでも撃てるように待機する。自分の合図又は自身の別の目標を撃った際に同時に射撃をすることで一度に4人までの目標を無力化することができる。

チャレンジ[編集]

キャンペーンモードには各ステージにおけるチャレンジが設定されており、武器を新たに手に入れるための「武器チャレンジ」、カスタムパーツを手に入れるための「タクティカルチャレンジ」、武器カラーやその他武器を手に入れるための「エリートチャレンジ」、「ゴーストチャレンジ」が存在する。

ガジェット[編集]

コザックは2種類の選択可能なグレネードと、ミッションごとに設定されたUAV等固有のガジェットを使用できる。また、固定装備として光学迷彩、暗視装置を使用できる。

登場武器[編集]

アサルトライフル

軽機関銃

スナイパーライフル

PDR(カービン)

サブマシンガン

ショットガン

サイドアーム

『GHOST RECON ALPHA』[編集]

本作の前日談に当たる短編映画。ストーリーは戦争犯罪者のボリス・シェフチェンコとロシアの超国家主義者の大量破壊兵器の取引に関する情報を掴んだアメリカ政府当局より、「シェフチェンコを排除せよ」との命令を受けた、ゴースト部隊の4人、リーダー、ペッパー、チャック、30Kが取引が行われるロシアのチェリャビンスク州の軍事エリアに潜入し、取引される大量破壊兵器の正体が核弾頭であるのを突き止めた直後、シェフチェンコを狙撃で仕留め、これを取引相手のロシア陸軍のソコロフ将軍が裏切ったと思い込んだシェフチェンコの仲間がソコロフを射殺し、彼の部下の兵士達とも銃撃戦を展開する中、残るシェフチェンコの仲間を優先的に排除し、ソコロフの死で士気が低下した兵士達を投稿させた一同が安全装置が解除されていた核弾頭を無力化させようとするが、そこに光学迷彩を装備した謎の特殊部隊と戦闘用ロボットが現れ、ソコロフ配下の兵士にまで巻き添えに攻撃を仕掛ける彼らに応戦するも、核弾頭の無力化を行っていたチャックが戦死し、証拠隠滅のため彼の遺体を焼夷手榴弾で焼却処分した上で特殊部隊を全滅させ、戦闘用ロボットも撃破するが、無力化がまだ途中だった核弾頭を乗せたコンテナは突然現れたヘリコプターによって持ち去られてしまう。そして最後にロンドン市内の様子が出たところで画面に「TO BE CONTINUED」と現れることから、ゲーム本編内でロンドン上空に飛来して炸裂した核ミサイルの弾頭が、他でもない持ち去られた核弾頭そのものであることが示唆されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』 エンターブレイン2013年2016年7月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]