合衆国崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
合衆国崩壊
Executive Orders
著者 トム・クランシー
訳者 田村源二
発行日 アメリカ合衆国の旗1997年8年1日[1]
日本の旗1997年11月1日[2]
発行元 アメリカ合衆国の旗Berkley
日本の旗 新潮文庫
ジャンル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 アメリカ合衆国の旗
日本の旗 文庫本
ページ数 アメリカ合衆国の旗1376
日本の旗1巻585+2巻572+3巻601+4巻529[2][3][4][5]
前作 日米開戦
次作 レインボーシックス
公式サイト https://tomclancy.com/product/executive-orders
コード

978-2-226-09510-7

OCLC 34878804
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

合衆国崩壊』(がっしゅうこくほうかい、原題: Executive Orders)は、アメリカ合衆国の小説家トム・クランシーの小説。ジャック・ライアンシリーズの第7作で『日米開戦』の続編である。原題Executive Ordersは「大統領令」を意味する。

あらすじ[編集]

日米開戦(前作)で親を失った日本の民間航空会社のパイロットは、復讐のためジャンボジェットアメリカ合衆国議会議事堂に突入させるカミカゼ攻撃を行う。このテロ事件でダーリング大統領は死亡し、継承順位により副大統領ジャック・ライアンが大統領に昇格する。

ライアン新大統領が弱腰と見た反米3か国(イランインド中国)は新たな陰謀に乗り出す。イランの最高指導者ダリアイはイラクの大統領を暗殺させ、イラクをイランに併合し「イスラム連合共和国」を設立した。さらにダリアイは周辺の旧ソ連圏イスラム諸国の吸収に乗り出し、サウジアラビアを次なるターゲットとする。

ダリアイはサウジアラビアに対するアメリカ軍の影響力を排除するため、ライアン大統領の暗殺、そしてアメリカ国内でエボラウィルスを使ったバイオテロを密かに計画した。また中国は台湾海峡有事を発生させ、インドは大規模演習を名目にペルシャ湾を封鎖しアメリカ海軍を牽制した。

一方、セックス・スキャンダルで失職したキールティ元副大統領は、政権への未練を捨てきれず、ライアンの大統領就任は無効であるとの訴訟を起こす。そんなとき、アメリカ国内でエボラウィルスが蔓延、異常な広がり方からバイオテロの疑いが強まる。ライアンたちは綿密な調査の結果、事件を新興国イスラム連合共和国の仕業と断定するが、国内ではアメリカ全軍にも感染が拡大するなど大混乱し合衆国崩壊の危機に陥る。

ダリアイはサウジアラビアに侵攻を開始した。ライアンはペルシャ湾にアメリカ艦隊を派遣する一方、首謀者ダリアイを暗殺する大統領令の法整備に着手する。さらにイスラエルに駐留するアメリカ軍と、国内で感染から逃れたナショナル・トレーニング・センターアメリカ陸軍を現地に派遣、ついに第二次湾岸戦争に突入する。

登場人物[編集]

アメリカ合衆国[編集]

  • ジャック・ライアン - アメリカ合衆国大統領。シリーズの主人公。CIA出身であったが、ダーリング大統領死去後に大統領となる。
  • ベンジャミン・グッドリー - 国家安全保障問題担当大統領補佐官代行。元CIAのオペレーション・センター(オプセンター)上級職員。
  • アレクザンダー・ピエール - ジョンズ・ホプキンズ大学病院感染症科准教授。アメリカ陸軍で20年間病原体を専門とする軍医として勤務していた。
  • ロジャー・ダーリング - 前作『日米開戦』の大統領で、ライアンを国家安全保障問題担当大統領補佐官に任命していた。カミカゼ攻撃で死去。
  • エドワード・キールティ - 前作『日米開戦』でダーリング政権の副大統領であったが、女性職員のレイプ疑惑により辞表を提出していた。ダーリング死去後、辞表を撤回し自身が大統領となるべくライアンの足を引っ張る。後作『国際テロ』にてライアン大統領の後任として念願の大統領に就任している。
CIA
FBI
  • ダニエル・マリー - FBI長官。通称"ダン"。シリーズお馴染みのFBI捜査官。同期のFBI長官ビルがカミカゼ攻撃で死去したため、ライアンにより長官代行から長官に任命された。ライアンとは『愛国者のゲーム』以来の仲。
アメリカ陸軍
  • マリオン・ディッグズ - 准将。アメリカ陸軍ナショナル・トレーニング・センター指揮官。第二次湾岸戦争で地上部隊の指揮をとる。『恐怖の総和』でイスラエル駐留第10装甲騎兵連隊長であった。
  • ショーン・マグルーダー - 大佐。イスラエル駐留第10装甲騎兵連隊長。ディッグズの後任で連隊長となり、クウェートに展開。
  • ハーバート・マスターマン - 中佐。イスラエル駐留第10装甲騎兵連隊第1ガイドン大隊長。通称"デューク"。
  • ニック・サートー - 中佐。イスラエル駐留第10装甲騎兵連隊第2バッグホーン大隊長。
  • アル・ハム - 大佐。ナショナル・トレーニング・センター第11装甲騎兵連隊(通称"ブラックホース")連隊長。ブラックホースはセンターの対抗部隊(OPFOR)

アラブ諸国[編集]

イスラム連合共和国[編集]

書誌情報[編集]

トム・クランシー『Executive Orders (A Jack Ryan Novel)』 Berkley マスマーケット

  1. Executive Orders (A Jack Ryan Novel) 1997年8月1日発売[1]ISBN 0425158632ISBN 978-0425158630

トム・クランシー『合衆国崩壊』新潮社〈新潮文庫〉全4巻

  1. 合衆国崩壊〈1〉1997年11月1日発売[2]ISBN 410247207XISBN 978-4102472071
  2. 合衆国崩壊〈2〉1997年11月1日発売[3]ISBN 410247207XISBN 978-4102472071
  3. 合衆国崩壊〈3〉1997年12月1日発売[4]ISBN 410247207XISBN 978-4102472071
  4. 合衆国崩壊〈4〉1997年12月1日発売[5]ISBN 410247207XISBN 978-4102472071

脚注[編集]

  1. ^ a b Executive Orders (A Jack Ryan Novel) - Amazon(2021年5月14日閲覧)
  2. ^ a b c 合衆国崩壊〈1〉 (新潮文庫) - Amazon(2021年5月14日閲覧)
  3. ^ a b 合衆国崩壊〈2〉 (新潮文庫) - Amazon(2021年5月14日閲覧)
  4. ^ a b 合衆国崩壊〈3〉 (新潮文庫) - Amazon(2021年5月14日閲覧)
  5. ^ a b 合衆国崩壊〈4〉 (新潮文庫) - Amazon(2021年5月14日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]