ジャック・ライアン (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャック・ライアン
別名 トム・クランシー/ CIA分析官 ジャック・ライアン
ジャンル
  • アクション
  • スリラー
  • ドラマ
製作者
原作 トム・クランシーの小説シリーズ
出演者
コンポーザー ラミン・ジャヴァディ
アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 1
話数 8
製作
製作総指揮
プロデューサー
  • Nazrin Choudhury
  • José Luis Ecolar
  • Robert Phillips
編集 John M. Valerio
撮影監督
  • Richard Rutkowski
  • Checco Varese
放送時間 43-65分
製作会社
  • Paramount Television
  • Skydance Media
  • Platinum Dunes
放送
放送局 Amazonビデオ
映像 4K (UHDTV)
音声 ドルビーアトモス
放送期間 2018年8月31日 (2018-08-31)
外部リンク
公式サイト

『ジャック・ライアン』、あるいは『トム・クランシー/ CIA分析官 ジャック・ライアン』(Tom Clancy’s Jack Ryan)はアメリカ合衆国のアクション・スリラー・テレビドラマシリーズであり、トム・クランシーの創作した小説シリーズのキャラクターであるジャック・ライアンに基づいている。

概要[編集]

シリーズはカールトン・キューズグラハム・ローランドによって創作された。二人はジョン・クラシンスキーマイケル・ベイメイス・ニューフェルドらとともに製作総指揮を務める。クラシンスキーはライアン役を務め、アレック・ボールドウィンハリソン・フォードベン・アフレッククリス・パインに続いて、この役を演じた5人目の俳優となった。

シーズン1は2018年8月31日よりAmazonビデオで配信された。2018年4月、シーズン1の配信の四か月前に、シーズン2の製作が発表された[1]

あらすじ[編集]

シーズン1のあらすじ[編集]

デスクワークについていたCIA分析官ジャック・ライアンはイスラムのテロリストの怪しい資金移動に気づき、新任の上司グリーアによって現場の仕事に投げ込まれる。中東に飛び容疑者を尋問するが、指導者のスレイマンには逃げられる。フランスでスレイマンの弟を見つけて殺すが、パリでのテロを防ぐことはできない。一方でスレイマンの妻ハニンは夫の行状に不安を抱いて逃亡する。ライアンはハニンを確保して情報を聞き出し、スレイマンを捕えようとする。スレイマンは生物兵器と放射性物質を使ってアメリカ合衆国にテロを仕掛ける。ライアンは恋人キャシーと大統領を守るためにスレイマンを阻止し、栄転したグリーアの後任となる。

登場人物[編集]

メイン[編集]

ジャック・ライアン
演-ジョン・クラシンスキー
CIA分析官、元海兵隊員で元投資会社勤務。経済学博士。
海兵隊時代に、中東で可愛がっていた少年のテロリストにヘリコプターを爆破されて墜落し、多数の死と自らの負傷を招いたトラウマに悩まされる
シーズン1ではテロリストの資金移動を追うデスクワークについている
キャシー・ミュラー
演-アビー・コーニッシュ
感染症専門の医者。ライアンの恋人。
ジェームズ・グリーア
演-ウェンデル・ピアース
CIAでのライアンの上司。前カラチ支局長。ムスリムの黒人。
ムーサ・ビン・スレイマン (S1)
演-アリ・スリマン
フランス育ちのイスラム・テロリスト。
かつて中東で家族を殺されて弟と二人だけ生き残り、フランスに移住して育つが差別に苦しんでイスラムのテロリストとなる。
ハニン (S1)
演-ダイナ・シハービ英語版
スレイマンの妻。息子と二人の娘がいる。

リカーリング[編集]

イブラヒム (S1)
演- Amir El-Masry
スレイマンの右腕。
ジョー・ミュラー
演-Victor Slezak
キャシーの父でライアンの投資会社時代の上司。
タレク・カッサー
演-メナ・マッスード英語版
ライアンの友人でCIAの同僚。
ネイサン・シンガー
演-ティモシー・ハットン
CIA長官代理。
マーカス・トレント
演- Al Sapienza
国防長官。
アメリカ大統領
演 - マイケル・ガストン

エピソード[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日 
11"パイロット"
"Pilot"
モルテン・ティルドゥムカールトン・キューズ & グラハム・ローランド2018年8月31日 (2018-08-31)
CIAでテロ関連の資金移動を追っていたジャック・ライアンは、イエメンでの多額の資金移動の影にスレイマンというテロリストの指導者がいることに気づき、カラチ支局長から左遷されたばかりの新任の上司ジェームズ・グリーアに報告する。イエメンで怪しい人物が拘束され、ライアンはグリーアに連れられて現地に飛び尋問する。だがテロリストが基地を襲撃し、スレイマンであるとわかった男を救出する。
22"フレンチ・コネクション"
"French Connection"
ダニエル・サックハイムカールトン・キューズ&グラハム・ローランド2018年8月31日 (2018-08-31)
ライアンは投資会社時代の上司の娘で感染症専門医のキャシー・ミュラーと会う。ライアンはスレイマンの携帯電話の暗号を解除し、通話先であるパリにグリーアとともに行くが、テロリストのアジトで戦闘になる。
33"ブラック 22"
"Black 22"
パトリシア・リギン英語版カールトン・キューズ&グラハム・ローランド2018年8月31日 (2018-08-31)
ラスベガスに住むドローンパイロットのビクターは任務の重圧に苦しむ。ライアンとグリーアとフランス治安総局は、アジトから逃げたスレイマンの弟アリを追う。スレイマンの妻ハニンは夫の行動に不安を感じ、息子を置いて娘たちと共に逃亡する。ビクターはハニンを襲ったスレイマンの手下をドローンで殺す。
44"狼"
"The Wolf"
ダニエル・サックハイムカールトン・キューズ&グラハム・ローランド2018年8月31日 (2018-08-31)
スレイマンはISILの組織を乗っ取る。ライアンはアリを追うが、同行したフランス当局員は殺され、ライアンは自衛のためアリを殺してしまいテロの情報は手に入らない。国に戻ったライアンはキャシーと親しくなるが、CIAで勤務していることは隠す。パリの教会でサリンによるテロが起きる。
55"栄誉の終り"
"End of Honor"
パトリシア・リギンStephen Kronish & Daria Polatin2018年8月31日 (2018-08-31)
パリのテロで300人以上が死に、スレイマンが犯行声明を出す。西洋人の人質とともにシリアのキャンプに移ったスレイマンは、フランスでの差別体験を思い出す。ハニンはトルコの難民キャンプに着いてパリのテロのことを知り、ヨーロッパに出国しようとしてアメリカ人当局者に夫の話をする。ライアンは、アリの死を隠してテロリスト仲間をおびき出そうとして失敗するが、ハニンが夫から逃げたことを確認する。ハニンと娘たちはキャンプから脱出する。誤情報で無実の男を殺してしまったビクターは思い悩む。
66"情報と手段"
"Sources and Methods"
カールトン・キューズPatrick Aison & Annie Jacobsen2018年8月31日 (2018-08-31)
ハニンは夫の放った追手から逃げて海岸にたどり着く。トルコに入ったグリーアとライアンは地元の犯罪者の助けでハニンを探し、追手を倒してハニンと娘たちを確保する。キャシーは、リベリアエボラ出血熱が再発生したことを知る。ビクターは休暇を取ってシリアに入り、自分が誤って殺した男の家族に謝罪する。
77"少年"
"The Boy"
パトリシア・リギンNazrin Choudhury & Nolan Dunbar2018年8月31日 (2018-08-31)
アメリカに入国させたハニンの情報に基づき、スレイマンの空襲が企画されるがライアンは地上戦を主張する。スレイマンとアリがエボラ出血熱の犠牲者の遺体をリベリアから運び出して生物兵器化を図ったことが疑われ、ライアンは会議でキャシーに出くわして正体がバレる。アメリカ大統領の知人を含む西洋人の人質がスレイマンとともにいることがわかり、救出作戦が決定される。ハニンの娘がゲームのチャットで父とともにいる弟サミルと連絡を取り、危機を察知したスレイマンは逃亡するが、人質は救出される。
88"インシャー・アッラー/すべてアラーの思し召し"
"Inshallah"
ダニエル・サックハイムカールトン・キューズ&グラハム・ローランド2018年8月31日 (2018-08-31)
アメリカに戻った人質はエボラ出血熱に感染しており、接触した大統領と閣僚はキャシーの勤務する病院で隔離される。サミルや部下たちとアメリカに入国したスレイマンは放射性物質によるテロを病院に仕掛けるが、ライアンが射殺して阻止する。ライアンはサミルをハニンのもとに戻して約束を守る。グリーアはモスクワ副支局長に栄転し、ライアンはグリーアの後任に昇進する。

出典[編集]

  1. ^ ‘Tom Clancy’s Jack Ryan’ Renewed For Season 2 By Amazon Ahead Of Premiere”. Deadline Hollywood (2018年4月24日). 2018年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]