スカンクワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
U-2
SR-71B

スカンクワークス(Skunk works)は、アメリカ合衆国航空機メーカーであるロッキード・マーティン社の一部門「ロッキード・マーティン先進開発計画(Lockheed Martin's Advanced Development Programs)」の通称。転じて、航空宇宙企業内における軍事関連の秘密開発部門、警察の武器庫・銃火器管理調整・独自装備開発担当を指していたが、その後語義がさらに拡大し、企業内の極秘開発部門・選抜されたメンバーのみからなる特命チームなどをも指すようになった。

以下にはロッキード・マーティンのスカンクワークスについて記す。

概要[編集]

軍用機開発を主な任務とし、秘密、独立、迅速を軸に、数十名の設計者と百数名の技能職従業員によって構成されている。初代ボスは航空機設計家クラレンス・レオナルド・ジョンソン(Clarence Leonard Johnson)。

ナチス・ドイツMe 262戦闘機に対抗できる、XP-80戦闘機を開発する為に設立された[1]。当初、設計室として設置したテントが、プラスティック加工工場(牛皮加工工場との説もある)に面しており、室内が異臭に満ちていた。このため、電話をとった従業員が「はい、こちらスコンクワークス[2]と答えた。スコンクワークス(Skonk Works)とは、アルフレッド・ジェラルド・カプリン(Alfred Gerald Caplin)作の漫画であるインディアン・ジョー(テレビ番組説も存在する)に登場する怪しげな飲料を製造する蒸留所の名前である。部門長であるジョンソンはこれを聞いて激怒したが、従業員はジョンソンのいない間は「スコンクワークス」と電話に出続けたため、「ケリーのサーカス小屋」をロッキード本社側でも「スコンクワークス」と呼ぶ様になった。その後、カプリンの漫画を出版していた出版社(テレビ番組の制作会社とする説も存在する)に訴えられたため、発音や語義の似かよった「スカンクワークス (Skunk Works)」という名称で商標登録された。

U-2偵察機SR-71偵察機F-104戦闘機などを開発し世界に名を轟かせた一方で、XFV戦闘機のような過大な要求ゆえの失敗作[3]も存在した。

その後、1975年にジョンソンは引退してロッキード社から去ったが、スカンクワークスは存続し続けた。二代目ボスであるベンジャミン・ロバート・リッチ(Benjamin Robert Rich)によって引き継がれ、その後もステルス攻撃機であるF-117などを開発、アメリカの航空産業の最先端を担っている。

開発中のプロジェクト[編集]

2014年[編集]

  • 小型核融合炉(CFR: compact fusion reactor)[4]

2008年初頭[編集]

開発が進行中のもの
  • 船上発射-垂直離着陸先進型無人機システム(VARIOUS)
  • 監視任務用飛行船-統合センサー搭載偵察システム (ISIS)
  • マッハ10飛行-成層圏巡航攻撃/偵察機 (FALCON)
  • リフティングボディ&エアシップ ハイブリッド機
  • 超長距離超音速(RATTLRS)ミサイル
開発が進行途中で凍結されたもの
  • 潜水艦発射回収式多目的無人航空機(MPUAV)
  • 先進型統合空中戦闘システム(AJACS)
  • 長距離超音速無人攻撃プラットフォーム
  • 静粛型超音速輸送機(QSST)[5]
  • ポールキャット

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ベン・リッチ『ステルス戦闘機—スカンク・ワークスの秘密』増田興司講談社 1997年 ISBN 4062085445 p.160
  2. ^ ベン・リッチ『ステルス戦闘機—スカンク・ワークスの秘密』増田興司訳 講談社 1997年 ISBN 4062085445 p.161
  3. ^ ベン・リッチ『ステルス戦闘機—スカンク・ワークスの秘密』増田興司訳 講談社 1997年 ISBN 4062085445 p.162
  4. ^ Compact Fusion
  5. ^ 「Military News」(JDW誌) 軍事研究2008年2月号 p184

関連項目[編集]

外部リンク[編集]