チョコエッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チョコエッグは、フルタ製菓が発売した玩具付きチョコレート菓子食品玩具)である。

概要[編集]

中が空洞になった卵型のチョコレートの中に玩具が入っている。チョコレートはミルクチョコレート(外側)とホワイトチョコレート(内側)の2層構造になっており、長手方向に二つに分割出来る。発売当初は従来の食玩と同じ様な玩具(100種類以上)が入っていたが、1999年9月に登場した海洋堂所属松村しのぶ企画&原型の日本の動物シリーズ(後にペット動物が加わる)は、今までの食玩とは段違いの造型クオリティで食玩ブームの火付け役となった。2001年、日経優秀製品・サービス賞 日経MJ優秀賞を受賞。

中国で彩色されたフィギュアをカプセルに詰め、それをイタリアでチョコレートに詰めるという工程で商品が作られていた為、急な売り上げ増に対応出来ず全国的な商品不足を齎し人気を過熱させる元となった。商品リストに無い「シークレット」と呼ばれる希少フィギュアの混入を開始したのはチョコエッグが初めてであり、最盛期にはこれらを求めて多数の商品を購入する客も多かった。2002年、フルタが生産用原型や発売前のシークレットアイテムを流出させるなどし玩具の生産を請け負った海洋堂と決別した後には商品に含まれる説明書に「当たり」や「応募券」を付け、郵送により限定フィギュアやゲームソフトが貰えるという手法を用いている。また、海洋堂と決別後はシークレットの存在自体が予めリストに記載される様になった。フィギュアは組み立て式の数個の部品から構成されている嵌め込み式の組み立てモデルである(海洋堂#ノンキャラクターの模索〜チョコエッグの時代も参照)。

人気シリーズとしてディズニーシリーズもあったが、トミーより同様の食玩であるチョコパーティーとして引き継がれた。チョコエッグでは海洋堂と縁を切ったあとも動物フィギュアを出していたが、次第に車や飛行機、戦闘車両などメカのフィギュア路線へとシフトしていった。2007年には新たにマリオのキャラクターのものが、2010年には再びディズニーキャラクターのものが登場し、2016年末現在はキャラクター商品のみとなっている。中国の人件費高騰により動物フィギュアの製品は2009年を最後に出ていない。

尚、温度によって、チョコレートが融解する事があるため、チョコエッグは基本的に夏季には生産しておらず、秋以降、春までの商品となる。また、安全上の観点から発売当初4歳以上とされていた対象年齢が6歳、12歳と引き上げられ、2010年からは15歳以上となっている。(詳細はキンダーサプライズの項目にて解説。)発売当初から別150円の価格設定を貫いていたが、中国の人件費高騰や円安により2014年発売のポケットモンスターXY編から税別180円へ値上げされた。

玩具のラインナップ[編集]

  • 宇宙シリーズ
  • SL&ブルトレ
  • 新幹線&特急
  • 世界の戦闘機シリーズ(1〜6弾)
  • 動物シリーズ
  • 日本の動物コレクション
  • 阪神タイガース
  • ペットシリーズ
  • ペット動物コレクション
  • 車シリーズ(ホンダマツダ日産トヨタがラインナップされていた)

詳しくはチョコエッグ一覧を参照。

関連事項[編集]

  • 海洋堂
  • キンダーサプライズ -海外でチョコエッグ以前から販売されている同じ形式の食玩。一時期日本にも輸入販売されていた。2016年現在は販売されていない。
  • チョコQ -海洋堂がフルタと決別した後にタカラと組み発売した同じ形式の食玩。フィギュアのクオリティが向上している。2006年終了。

外部リンク[編集]