エリア51

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリア51
Area 51
Air Force Materiel Command.png
エリア51の衛星写真。左下に空軍施設、その北東に滑走路とグルーム乾燥湖が拡がる。
エリア51の衛星写真。左下に空軍施設、その北東に滑走路とグルーム乾燥湖が拡がる。
IATA: ? - ICAO: KXTA
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 ネバダ州レイチェル英語版
種類 軍用
運営者 Seal of the United States Department of the Air Force.svgアメリカ空軍
標高 1,341.1 m (4,400 ft)
座標 北緯37度14分00秒 西経115度48分30秒 / 北緯37.23333度 西経115.80833度 / 37.23333; -115.80833
地図
エリア51の位置
エリア51の位置
KXTA
エリア51の位置
エリア51の位置
KXTA
エリア51の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
14/32 3,657×45 アスファルト
09L/27R 3,470×53 乾湖
09R/27L 3,470×53 乾湖
03L/21R 3,048×32 乾湖
03R/21L 3,048×32 乾湖
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

エリア51: Area 51)は、ネバダ州レイチェル英語版に位置するアメリカ空軍ネリス試験訓練場内の一地区。ホーミー空港: Homey Airport)とも呼ばれる。

概要[編集]

2013年に米CIAが初めて公式に存在を認めた。アメリカ軍による航空機のテストを古くから行っていたとされ、近年では特に、ステルス機などの秘匿性の高い兵器の実験などを行っていると考えられている。また、「墜落したUFOが運び込まれているのではないか」、「ロズウェル事件と関係しているのではないか」さらに、「グレイと呼ばれる宇宙人が居るのではないか」などと、陰謀論の標的となっているが、軍事機密解除を受け、元職員が録音下で証言を行い否定されている。

いずれにしても、何らかの機密事項が基地内に存在することから、基地の敷地周辺の立ち入りはもちろん、撮影も一切禁止されており、これを無視して進み憲兵衛兵に見つかった場合は不法侵入者として逮捕され、処罰の対象となる。特に不審な場合は警告無しに発砲される場合もある。周辺空域も飛行禁止空域となっており、近くの空域を利用するレッドフラッグ演習では参加機がごく僅かでもエリア51の空域に侵入してしまうとすぐに帰投が命じられ、ペナルティとして翌日の作戦に参加できなくなることもある。

所在地[編集]

エリア51、NAFR、及びNTSの範囲

エリア51はラスベガスの北北西約200km、アメリカ合衆国ネバダ州リンカーン郡のおよそ60 sq. mi. / 155 km2の土地に設置されており、ネリス射撃場(Nellis Range Complex 略 NRC)の一部など、広大な土地に形成されている。この2つの山脈の間には直径約5kmのアルカリ性塩湖などが広がっており、巨大な空軍基地はこれらの湖の南西部に設置されている。2つのコンクリート製滑走路(うち1つは湖に突き出るように伸びている)があり、湖上には4つの未完成滑走路がある。


アメリカ合衆国エネルギー省核兵器の多くのテスト場所となっている、ネバダ核実験場(NTS)のユッカ平原地域 (Yucca Flats region) と境界線を接している。ユッカ山英語版核貯蔵施設はグルーム湖の南西おおよそ40マイル (64km) に置かれている。

この地域は北西のマーキュリー及びユッカ平原の西の両方の主要な舗装道路に加え、内部のNTS道路ネットワークに接続している。主要な湖から北東に、グルーム湖道路(幅広、未舗装状態)などの入り組んだ丘を通過して至る所へ走っている。グルーム湖道路は元々グルーム流域内で鉱山のためにトラックの輸送路として使用されていたものをそのまま使用している。

グルーム湖での活動[編集]

グルーム湖は通常の空軍基地のような運用はされておらず、通常の部隊は展開していない。むしろ新型飛行機向けの開発、テスト及び訓練に使用される。これまでに、U-2SR-71、及びF-117など偵察機やステルス機の試験飛行を行っている。一般的にそれらの航空機は一旦通常空軍基地へ移動され航空機を運用するアメリカ空軍によって受け取られる。また、冷戦時代以降において、イスラエル軍鹵獲品など、ソビエト製航空機の恒久的な分析などの本拠地としても運用されている。

Senior Trend / U-2 プログラム[編集]

1

Blackbird (OXCART / A-10 / A-11 / A-12 / SR-71) プログラム[編集]

Have Blue / F-117 プログラム[編集]

アメリカのステルス攻撃機、F-117に関する飛行試験のプログラム。エンジンに関するテスト終了後、機体は、真夜中に限定でネットをかぶされ、エリア51に移動され、各種飛行試験を行った。飛行試験は、1977年頃から1980年代近くまでかけて行われた。

テストはあくまでも極秘で行われたものの、周辺住民には、「ガのような飛行物体」(実際にはテスト中のF-117。ステルス性を発揮させるための独特な形状がこう表現されたものと思われる)がたびたび目撃されていた。周辺の住民はたびたび「UFOを目撃する」事から、テスト中のF-117もあくまでUFOとしてしか捉えられていなかった。F-117は1981年に初飛行、翌1982年にアメリカ空軍に配備され、1988年に公式に存在が明らかにされた。なお、UFOとはアメリカ空軍用語で未確認飛行物体を意味しており、F-117は秘密裏に研究開発され、その正体は長らく明かされていなかったので、周辺の住民にとってはまさしくUFOであった。

以後の活動[編集]

F-117が1983年に運用されて以降もグルーム湖周辺での運用は続けられている。1995年に連邦政府は今まで空軍基地を唯一見下ろせた近くの山を含む基地周辺の立ち入り禁止区域を拡張させた。その後、この地域を一望できるのはいくつかの遠い山の頂上、特に東へ26マイル (42 km) 、Tikaboo 山頂(北緯37度20分40秒 西経115度21分32秒 / 北緯37.34444度 西経115.35889度 / 37.34444; -115.35889)からのみとなった。

グルームでテストされたのでは無いかと取りざたされる航空機として、新型のUAV、小型のステルスVTOL兵員輸送航空機、ステルス巡航ミサイルなどがある。

「エリア51 コミューター」[編集]

EG&Gのボーイング737型機

国防契約社EG&G英語版(エドガートン、ゲルムシャウセン・アンド・グライヤー、現在はURSの一部門)はラスベガス市内のマッカラン国際空港に私有ターミナルを保有している。社名が塗装されていない多数のボーイング737をはじめとするジェット旅客機は、マッカラン国際空港からネバダ州南部の拡張された連邦運営地内でEG&G社によって運営されている場所までデイリー・シャトルサービスの運航を行っている。

それらの航空機は "Joint Air Network for Employee Transportation" または(あるいはジョーク) "Just Another Non-Existent Terminal" の頭文字だと言う、コールサイン (e.g., "JANET 6") はJANET ラジオを使用していると報道されている。経験豊富な航空会社パイロット向けの Las Vegas press の EG&G社の求人広告は政府身元保証のための適格者でなければならない。航空機はボーイング737型機及びいくつかの同種類のエグゼクティブ・ジェット機を含む、赤のストライプ に白で塗装されている 。

尾翼の数字はいくつかの通常の民間航空機リース会社が登録したものである。グルーム、トノパ試験場英語版、NAFR 及び NTS 内の他の場所、並びに報道によればチャイナ・レイク海軍航空兵器ステーション英語版へのシャトルだと言われている。出発及びマッカラン国際空港のEG&G社専用駐車場内の車を続けて観測している者は、毎日JANETで何千人単位で通勤していると見込んでいる。

バスはNTS境界を超えていくつかの小さな砂漠地帯コミュニティ内に暮らしている少数の従業員のためにチャーターされ、グルーム湖道路づたいにコミューターサービスとして運行されている(従業員がグルームまたはNTS 内の他の施設で働いているかさだかでない)。グルーム湖道路を走り、クリスタルスプリングス英語版アッシュスプリングス英語版アラモ英語版に停車する。

UFOとの関連[編集]

Little A'Le'Inn

「墜落したUFOを運び込み、宇宙人と共同研究をしている」という陰謀論が非常に有名で、実際基地周辺ではUFOらしき未確認飛行物体が頻繁に目撃されていると言われる。そのため、小説や映画等では格好のネタとして扱われることが多く、ハリウッド映画「インデペンデンス・デイ」やテレビドラマ「Xファイル」でも、侵略者に対するアメリカ政府の最終拠点・およびエイリアン研究施設として登場した。さらに「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」ではロズウェル事件の宇宙人の死体がこのエリア51に収容されているストーリーに仕上がっている。これらは1947年にニューメキシコで起きたロズウェル事件に対しての陰謀論者の様々な憶測が、ハリウッドの映画産業のアイデアとなり、最終的には基地の存在自体が世間一般にも認知されるに至り、アメリカ政府は基地の存在を認めざるを得なくなった。

ロッキード・マーティン社スカンク・ワークスの総責任者だったベン・リッチ(Ben Rich)はヒストリーチャンネルのインタビューで地球外生命体の存在自体を完全に否定している。しかし多くの陰謀論者は今日、有名になりすぎたエリア51への興味本位の見物客も多く、アメリカの歴史上の最高機密であるロズウェル事件のUFOの残骸と宇宙人の遺体は他の基地に移されたと考えている。

最近、Google社の提供するソフトウェア「Google Earth」を用いて基地周辺の衛星画像を閲覧すると、奇妙な幾何学模様が散見されることが好事家の間で話題になった。しかし、現在ではそのような奇妙な模様は見られなくなっている。近年の戦争における航空写真にはSAM陣地が同じような幾何学模様を描いて映っているものが多くあるため、これらもSAM陣地であると思われている。

なお、アメリカ軍や政府はこの様な疑問に対して肯定も否定もしていないが、軍事機密の解除を受け、インタビューに応じた元職員5名により「エリア51にUFOはない」とUFOの存在を全面的に否定する証言がなされた。

一方でロバート・ラザー英語版KLAS TVで「エリア51でUFOの推進原理を研究していた」と暴露している。

それによると、アメリカ軍の兵器化学研究所EG&G社から高度なテクノロジーに関する米海軍のプロジェクトに参加しないかと要請を受ける。彼は実際何のプロジェクトに関わるかは現場に行くまで分からなかったという。何度かの面接の後、EG&G社の飛行機でグルームレイクにあるアメリカ軍の兵器テスト地区エリア51へ連れて行かれる。そこからバスで15分ほど南へ進み、S4と呼ばれる研究所に到着。S4の建物は山に隠れるように建てられていて、奇妙な形をした建物がたくさんあったと言う。中では、トイレに行くときにも銃を持った兵士が付いてくるなど物々しい警戒ぶりだったという。研究所内では様々な報告書を読まされ、連れてこられて2日目に初めて宇宙人のUFOに関する報告書を見ることになる。小さな部屋で報告書を読んでると中から宇宙人のUFOから取り出された部品のスケッチやUFOの飛行実験の記録が次々と出てきたらしい。宇宙人の写真や解剖した写真などもあったという。本人は自分を試すテストだと思い、一応報告書の内容を頭に入れたという。

その翌日、いつもの研究所の前から入ろうとすると格納庫の前に連れて行かれ、格納庫のシャッターが開いた時初めて自分の目でUFOを見たという。高さおよそ5m、直径およそ10mのそのUFOは明らかに地球上にはない金属で覆われていた。目の前のUFOの影からまたさらに違う形のUFOが見え、格納庫一つに対して一機のUFOが格納されていて、普段完全にシャッターを閉じている格納庫の数から全部で9機のUFOがあることを知る。

ラザーは格納庫の一番右側のUFOを使って未来のテクノロジーの分析を調査することを命じられる。UFOは宇宙人から直接提供されただけでその機能を完全にはわかっていなかったという。本人が担当したUFOは大きく3層に別れていて、入り口から入るとまず2階に立つことになり、2階のフロアには中心に反重力リアクター(反物質反応炉)と呼ばれるものがあり、そこでUFOの動力源の重力波を作り出す装置。その周りにコントロールパネルがあり、1つは研究用かなにかで剥ぎ取られていた。1階は地下にあたり、3つの重力増幅器が均等に吊り下がっていた。

リアクターで作られたエネルギーは重力エネルギーに変換され、UFOの周りを粒子が覆い重力増幅器に集中されるという仕組みらしい。そして、増幅器を各方向に動かして複雑な飛行ができるようになると語っている。反重力リアクターの中にはまだ未発見であった「エレメント115」(系統名ウンウンペンチウム、現モスコビウム)という三角形の固体が入っており、223gで20 - 30年飛べる元素だということである。過去に墜落したUFOから取り出された物ではないかと言うことである。そのUFOは地上数十m上がって、右へ左へ動いた。地上の係官が無線でUFOの中の人物と交信しながら飛ばしていた。無線は通常の200メガヘルツ帯域で交信されていたが、不思議なことにUFOからの応答はなかったという。UFOは青いコロナ放電を放ち、高圧静電気に似た音を出していたと語った。

「Little A'Le'Inn」[編集]

この周辺にはあわよくばUFOを見ようと多くの観光客(や研究家)が集まってきており、彼らを目当てに飲食類やみやげ物を販売する者や店舗も多い。その中でも、「小さな異星人(Little Alien/リトル・エイリアン)」に掛けた名前のモーテル「Little A'Le'Inn(リトル・エイ・リ・イン)」は特に著名である。

政府の見解[編集]

エリア51の境界並びに警告看板「制限区域:ここから先立入禁止」 と書かれている

一般に販売されている地図や「Google Earth」にまで掲載されているのみならず、存在を隠すことができないほど広大であり、その存在が世界的に有名になってしまったにもかかわらず、長年アメリカ政府およびアメリカ軍はエリア51の存在をはっきりと認めず、公式に否定もしていなかった。なお、アメリカ政府の作成する地図にもエリア51は一切記載されていない。

一部ではジョークやホラー映画のネタにもなるような存在になっていながら、エリア51においてアメリカ政府およびアメリカ軍にとって重要かつ極秘にすべきことが行われていることは明白であり、実際に「無断侵入者は射撃される」「撮影禁止」などといった警告看板が周辺に数多く存在し、実際に近くをうろついたり撮影をしていると、直ぐに警備員が飛んで来て警告を発するほど厳重な立入禁止区域となっている。

2013年になって、情報公開請求に基づきアメリカ中央情報局(CIA)が資料を公開するという形で、エリア51の存在を公式に認めた。合わせてネバダ州内の所在地を記した地図も公表した。ただし宇宙人や宇宙船に関する記載はないとのこと[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度14分6秒 西経115度48分40秒 / 北緯37.23500度 西経115.81111度 / 37.23500; -115.81111