MiG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
公共株式会社「ロシア航空機製作会社『MiG』」
Публичное акционерное общество «Российская самолётостроительная корпорация „МиГ“»
種類 公共株式会社
略称 RSK MiG
MiG
本社所在地 ロシアの旗 ロシア
モスクワ
設立 1939年
業種 輸送用機器
事業内容 戦闘機
主要株主 統一航空機製造会社
関係する人物 アルチョーム・ミコヤーン
ミハイル・グレーヴィチ
外部リンク http://www.migavia.ru/
テンプレートを表示

公共株式会社「ロシア航空機製作会社『MiG』」ロシア語: Публичное акционерное общество «Российская самолётостроительная корпорация „МиГ“» ラスィーイスカヤ・サマリョタストライーチェリナヤ・カルパラーツィヤ・ミーグ)は、ロシア連邦航空機設計企業公開会社)である。略称RSK "MiG"РСК „МиГ“)。旧称は公開株式会社「ロシア航空機製作会社『MiG』」ロシア語: Открытое акционерное общество «Российская самолётостроительная корпорация „МиГ“»)で、2014年の法改正[1]を受けて公開株式会社から公共株式会社に移行し、現在の名称になっている。

ソ連時代のA・I・ミコヤーンとM・I・グレーヴィチ記念設計局 (ОКБ и.м. А.И.Микояна и М.И.Гуревича) が母体となっており、一般に「ミグ」と略称される。日本語表記としては「ミグ」「MiG」「ミコヤン」「ミコヤン・グレヴィッチ」「ミコヤン・グレビッチ」などが使われる。このページでは「ミグ」に統一している。

歴史[編集]

ミグ設計局は、アルメニア人アルチョーム・イヴァーノヴィチ・ミコヤーンАртём Иванович Микоян)とユダヤ系ロシア人ミハイール・ヨーシフォヴィチ・グレーヴィチМихаил Иосифович Гуревич)によって、1939年モスクワに開局された。第二次世界大戦以降、戦闘機の設計を中心に数多くの航空機を生み出してきた。

また1946年からはミサイルの研究開発も行っていたが、この部門は1957年3月に分離され、2014年現在ではラドゥガ国家機械製造設計局となっている。

1996年から民営化され、ロシア航空機会社ミグ (RAC MiG) となったが、名称はたびたび変更され、現在はロシア航空機製作会社『MiG』 (Российская Самолетостороительная Корпорация)、略称RSK-MiG (РСК «МиГ») となっている。

2016年4月にはソコル航空機工場ロシア語版がMiGの傘下に入る予定である[2]

アルチョーム・イヴァーノヴィチ・ミコヤーンの兄はソ連の副首相や最高会議幹部会議長国家元首)も務めたアナスタース・イヴァーノヴィチ・ミコヤーン

製品[編集]

引用符で囲まれている軍用機名称は北大西洋条約機構(NATO)が識別用に付けたNATOコードネーム

開発・計画中[編集]

主な試作機[編集]

ミグ設計局が試作機に用いた記号は時期によって異なり、一定数使われたプレフィックスとしては「戦闘機(ロシア語: Истребитель イストレビーチェリ)」を意味する頭文字「IИ)」、「実験(ロシア語: Експериментальный イェクスペリメンタルヌィ)」を意味する頭文字「YeЕ)」などがある[3]。中にはMiG-29の原型機「9」のように記号を持たない試作機もあるが、これらの数字は設計局内で使われる「製品番号」に基づいており、「製品 9 (Изделие 9)」「計画 9 (Проект 9)」と呼ばれる事もある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 連邦法2014年5月5日付№99-FZ (Федеральный закон от 5 мая 2014 г. N 99-ФЗ) (ロシア語)
  2. ^ Слияние нижегородского авиазавода "Сокол" с корпорацией "МиГ" произойдет в апреле
  3. ^ エフィーム・ゴードン、ビル・スィートマン 『ソビエトXプレーン』 松代守弘 監修、桂令夫 訳、光栄、2001年、8頁。ISBN 978-4877198541

外部リンク[編集]