マルチロール機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルチロール機とは、戦闘機攻撃機両方の役目を同時に担える軍用航空機マルチローラー戦闘攻撃機)とも言う。電子戦装備や空中送油装備を搭載できる機体も在る。

従来においては特にマルチロールファイター多用途戦闘機多任務戦闘機)と呼ばれた。

詳細[編集]

戦闘爆撃機の登場[編集]

P-47

マルチローラーは第二次世界大戦時に主に活躍した戦闘爆撃機を先祖とする。この大戦の前期は多くの航空機のエンジン出力が1000馬力に届かなかった事もあり空対空戦闘を主任務とする戦闘機、特に単発機に爆弾を搭載して対地攻撃機能を持たせる事は困難であった。

しかし中期に入るとエンジンの性能が飛躍的に向上し後期には2000馬力以上の大出力エンジンを備える機体まで出現した。これまでは新型機の登場により機数が余剰となった上性能がやや劣る事となった戦闘機に爆弾及びロケット弾を搭載させて運用していたが、大出力エンジンの登場によって戦闘機として第一線級の機能を持ちながら純攻撃機と同等の対地攻撃機能をも備えたP-47などの戦闘爆撃機が現れた。これらがあとのマルチローラーに繋がって行く。

とは言え戦闘爆撃機は性能も程々の中途半端な軍用機に過ぎなかった。

戦闘爆撃機の大型化[編集]

やがてF-105F-111のように小型爆撃機を不要にするほどの爆撃機能をもった戦闘爆撃機が登場する。これらの機体の登場によってアメリカ空軍B-66のような小型爆撃機を廃止。爆撃機は大型の戦略爆撃機に一本化し戦術爆撃についてはこれら戦闘爆撃機に委ねる事となる。しかしこれら大型化した戦闘爆撃機は爆撃機としての性能を追求し過ぎた結果戦闘機としての性能がおざなりになり、F-111に至っては戦闘機としての使用が不可能になるという行き過ぎも生じてしまった。

F-4

だが技術の発達は徐々に戦闘機の性能を向上させ、戦闘機としても爆撃機としても双方の任務を十分にこなせるまでに発展していく。ベトナム戦争の時代に現れたアメリカ軍F-4は低翼面荷重の大型機でありながら戦闘機としての格闘戦機能も高く、同時に爆弾搭載機能も十分にあった。爆弾を搭載してなおミサイル4発の搭載も可能で、戦闘機としても爆撃機としても双方十分に使える機体であった。欠点は機銃を搭載できない事だが(後づけで機銃を搭載すると当然ながらその分爆弾も積めず機銃自体の命中精度にも影響を及ぼす)、それもF-4Eにおいて改善された。

が、優れた性能を持ち傑作機と評価されるF-4であるがアメリカ海軍においては戦闘爆撃機としての運用は限定された。航空母艦で運用する機体には数の制限がある為一機種で複数任務がこなせるのが理想だが、ただでさえ大きな機体に大量の爆弾を搭載した重量級の物を空母で運用するのは困難であった。その為A-6A-7と言った攻撃機を戦闘機とは別に運用する状況が続いた。

技術の向上と戦闘機のマルチロール化[編集]

F/A-18

1974年に初飛行したアメリカ空軍のF-16は格闘戦重視の軽戦闘機であるが、同時に十分な対地攻撃機能も持っていた。技術の進歩は小型機であってもかつての大型機並みの搭載機能を得るに至ったのである。

一方で一つの機体をベースにF-4の後継機F-18(対空戦闘主任務)とA-7の後継機A-18(対地攻撃主任務)の二機種の開発が進められたが、戦闘機と攻撃機の一本化がなされF/A-18の一機種が完成。空軍に遅れて海軍で運用される様になった。

また、F-15A/B/C/Dは純粋な戦闘機として運用される事が多いが、発展型のF-15Eは機体構造・地上マッピング機能が強化され優れた対地攻撃機能を獲得した。

これら、戦闘機としても攻撃機としても様々な任務をこなす事ができる機体はマルチローラーと分類される様になった。

マルチローラーの台頭[編集]

ソ連崩壊によって冷戦が終結すると、空対空戦闘のみを主任務とする純粋な制空戦闘機はその必要性が低下した。この影響を受けアメリカ海軍ではF/A-18に航空戦力が一本化される状況にある。A-6の改良やA-12の開発といった純攻撃機の計画が中止され、2013年現在アメリカ海軍はF/A-18C/Dと改良型であるF/A-18E/Fの二機種を主軸に航空打撃兵力を運用している。F/A-18は空中送油装備が搭載可能であり、さらにはEA-6Bの後継機として電子戦装備を搭載可能なEA-18Gが開発されておりF/A-18シリーズはいっそう多様な任務をこなす機体となることが予想される。なおF/A-18E/FはF-4を凌ぐ重量級の機体となったが空母の発達、つまりニミッツ級への統一がこの様なマルチローラーを空母で運用する事を可能とした。

純粋な艦上戦闘機であったF-14も末期には対地攻撃機能を向上させる改修が進められ、攻撃機としての運用も可能となった。しかし運用維持費の高さや、可変翼のためハードポイント増加が限られ対艦ミサイルを搭載出来なかったことからマルチロール化に失敗。F/A-18にその座を譲り退役を余儀なくされた。

F-35A

アメリカ空軍のF-22は当初制空戦闘機として開発されていた。しかしながらのちに対地攻撃機能が付与され、大型爆弾が搭載出来ないなどの制約はあるもののステルス性スーパークルーズ機能を備えている事は対地攻撃任務においても有用であると期待されている。

2013年現在アメリカ以外でも数カ国で空軍や海軍海兵隊への採用が決定している開発中のF-35シリーズもマルチローラーとして運用可能である。

フランスが独自に開発したラファールスウェーデンで開発されたグリペンは、予め多様な任務をこなす事を前提に作られたマルチローラーである。現在アメリカの様な軍事大国ではない国が独自の戦闘機を開発する場合、限られた予算と開発資源を有効に活用する観点からマルチロール化が促進される傾向にある。また、トーネードタイフーンの様に複数の国が共同開発した機体も各国の異なる要求仕様を一機種で満たす為にマルチロール化する傾向にある。

日本航空自衛隊の場合「専守防衛」の方針上攻撃機や爆撃機という名称の機体が制式採用しにくい情勢にあった。その為F-1支援戦闘機という名目で採用したが、実際には他国では攻撃機とされる性格の機体であり戦闘機としての能力は限定的であった。後継機のF-2は戦闘機・攻撃機双方の機能を両立させたマルチローラーとなった。平成17年度より航空自衛隊は支援戦闘機の区分を廃止し単に戦闘機としている。

主なマルチローラー[編集]

日本の旗 日本

フランスの旗 フランス

スウェーデンの旗 スウェーデン

イギリスの旗 イギリスドイツの旗 ドイツイタリアの旗 イタリア

イギリスの旗 イギリスドイツの旗 ドイツイタリアの旗 イタリアスペインの旗 スペイン

インドの旗 インド

台湾の旗 台湾

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ロシアの旗 ロシア

中華人民共和国の旗 中国

中華人民共和国の旗 中国パキスタンの旗 パキスタン

F-2A
F-15E