回転翼機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

回転翼機(かいてんよくき; rotorcraft)とは、回転する回転翼)によって必要な揚力推力の全部あるいは一部を得て飛行する航空機のこと[1]。「回転翼航空機[1]」とも。

概説[編集]

回転翼機にはヘリコプター複合ヘリコプターオートジャイロなどが含まれる。 航空機の「軽航空機/重航空機」という大区分では、重航空機に分類される。 固定翼機に比べると着陸距離が短い。下向きの気流を直接発生させることにより低速で飛行できるが、そのかわりに高速での飛行はできず、最高速度は400 km/h程度である。

日本法の下での定義

日本法上は、航空法などにおいて「回転翼航空機」という用語が用いられるが、それ自体の定義はなされていない。

もっとも、航空法の下で定められた耐空性審査要領は、その第1部「定義」において、「回転翼航空機」を「ヘリコプタ、ジャイロプレンジャイロダイン等、その重要な揚力を1個以上の回転翼から得る重航空機をいう。」と定義している。ティルトローターなどが含まれるかは明らかではない。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ブリタニカ百科事典「回転翼航空機」

関連項目[編集]