第1世代ジェット戦闘機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界初の実用ジェット戦闘機であるMe 262

第1世代ジェット戦闘機(だい1せだいジェットせんとうき、英語:first generation jet fighter)とは、1940年代に登場した黎明期のジェット戦闘機の事をいう。1950年代までの亜音速(音速を突破出来ない)ジェット戦闘機がこれに分類され、超音速ジェット戦闘機は続く第2世代ジェット戦闘機以降に分類される。

代表的な第1世代ジェット戦闘機としては、アメリカ合衆国F-86 セイバーソビエト連邦MiG-15などが挙げられる。両者は朝鮮戦争での空中戦によって広く知られる事となる。

第1世代ジェット戦闘機[編集]

第二次世界大戦期 (-1945)[編集]

ミーティア
P-59

ナチス・ドイツの旗 ドイツ国

イギリスの旗 イギリス

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

大日本帝国の旗 大日本帝国


第二次世界大戦-朝鮮戦争間 (1945-1950)[編集]

F9F-2
F-86F
MiG-15

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

イギリスの旗 イギリス

フランスの旗 フランス

 スウェーデン

アルゼンチンの旗 アルゼンチン

朝鮮戦争以降 (1950-)[編集]

ハンター
MiG-17

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

イギリスの旗 イギリス

フランスの旗 フランス

カナダの旗 カナダ

アルゼンチンの旗 アルゼンチン

中華人民共和国の旗 中国

混合動力機[編集]

初期のエンジンは技術的限界により圧縮比が低く燃費が悪かったため、燃費の良いレシプロエンジンないしターボプロップエンジンと混合動力にして補う事が考案された。しかしジェットエンジンは高速域になれば効率が向上する性質があるのに対し、プロペラ機はプロペラの速度が音速に近づいたあたりから効率が低下するため、混合動力機は矛盾を抱えた性格の機体でもあった。そのためジェット戦闘機の急速な性能向上に混合動力機の性能ではついていく事ができず、ほとんどが実用化されなかった。

結局の所はジェット戦闘機の航続能力の延伸は燃料搭載量の増大や空中給油、そしてジェットエンジンの設計製造技術の発展による燃費の漸進的向上によってなされる事となる。

ジェットエンジンの燃費の大幅な改善はターボファンエンジンの実用化によって達成されるが、それは戦闘機においては第3世代ジェット戦闘機以降である。

XP-81

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

関連項目[編集]