MiG-29K (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of Russia.svg MiG-29K / МиГ-29К

MiG-29K «9.41»(インド海軍)

MiG-29K «9.41»(インド海軍

MiG-29K (ミグ29K;ロシア語: МиГ-29К ミーグ・ドヴァーッツァヂ・ヂェーヴャチ・カー) は、RSK「MiG」によって設計された艦載型マルチロール機で、MiG-29の発展型である。

本項では1980年代に完成した«9.31»規格、2010年からインド海軍で運用されている«9.41»規格両方について記述する。なお、この項では各型について«○.○○»という記述の仕方をすることがあるが、これはMiGが用いる製品番号であり、単にMiG-29Kなどと述べただけでは重複する機種があるのためである。

概要[編集]

MiG-29K «9.31»ソビエト連邦海軍による艦載戦闘機選定のために開発されSu-27K(のちのSu-33)、MiG-27の艦上機型(フックを装備した改造機による陸上テストのみ)と競合したが、Su-27Kが採用されたために試作機が2機完成されるにとどまった[1]

ソ連崩壊によって1992年からは設計局も不況に煽られたが、その後もMiG-29Kの開発研究を独自に続行し、90年代後半になるとインド海軍が艦載機購入を計画、そこへ売り込みをかけるためにMiG-29K開発は再び熱を盛り返すことになった。そうして完成したのがMiG-29K «9.41»であり、2009年からインド海軍への引き渡しが開始している。[2]

開発[編集]

MiG-29M «9.15»。当機を艦載機に発展させたのがMiG-29K «9.31»である。
MiG-29KVP
MiG-29K «9.31» 312号機

1980年代初頭、ソビエト連邦海軍による超音速艦上戦闘機開発の要求に従い、MiG-29K «9.31»の開発は行われた。これに対しミコヤン設計局はMiG-29を基にしてこの要求に答える戦闘機を開発することを決定した。航空母艦上で運用するにあたって、設計局はまず尾部全体を強化しアレスティング・フックを装備した短距離離着陸用の試験機、MiG-29KVPを製作[3] 、1982年8月21日に初飛行させ、艦載化にはエンジンパワーの増強と主翼面積の拡大が必要であることを明らかにした[4]。この結果をもとに設計局は既に開発済みであったMiG-29M «9.15»をベースに発展させ、主翼面積の拡大及び折り畳み機構の付加等艦載機化を行ったMiG-29K «9.31»を完成させた。MiG-29K «9.31»は1991年に完成され、MiG-29M «9.15»同様、MiG-29 «9.12»など既存の量産型に性能面で大きく差をつけていた。

MiG-29K «9.31»の初飛行は1988年7月23日、ウクライナサキにてトクター・アウバキロフをテストパイロットに行われた。さらに1989年11月1日、アウバキロフは重航空巡洋艦「トビリシ」(現「アドミラル・クズネツォフ」)での初着艦、初発艦に成功した。Su-27Kも同日にテストを行っている。1989~91年までの間MiG-29K «9.31»は多くのテスト項目を実行したが、ソ連の崩壊により計画は完了されないまま立ち消えとなり、開発も進まなくなり計画は放置されてしまった。

計画の再開[編集]

MAKS-2009にて展示されるインド海軍のMiG-29K «9.41»

インド海軍は、ロシアから購入した「アドミラル・ゴルシコフ」を改修して「ヴィクラマーディティヤ」として配備するにあたって、ロシアとの契約からその搭載機をMiG-29Kに決定していた。空母のサイズの関係上、マルチロール性能を有し、艦上仕様で、STOBAR方式の発着艦が可能な機となるとMiG-29Kをおいて他にはなかったからである。

これに向けてRSK-MiGはMiG-29K «9.41»を開発することになるが、これはMiG-29K «9.31»から直接発展したものではなく、MiG-29M (前述したMiG-29M «9.15»とは別の機体で、区別のためにMiG-29M1とも呼称される) を改良したものである。MiG-29K «9.31»のベースになったMiG-29M «9.15»は不採用に終わり、複座練習機型のMiG-29UBM «9.25»も計画のみで生産されなかったが、のちにここから発展した複座のMiG-29M2が開発され、さらに艦載機化したMiG-29KUB «9.47»が開発された。MiG-29M2に対応する単座型がMiG-29M (MiG-29M1) であり、これがMiG-29K «9.41»のベースとなっている。なお、MiG-29M2は他にもMiG-35の母体にもなっている。またMiG-29K «9.41»にはMiG-29K «9.31»のノウハウも濃くフィードバックされている。

2004年1月20日、「アドミラル・ゴルシコフ」のインドへの引き渡しと改修作業について、ロシアとインドが16億ドルで契約したと発表された。これによれば、契約額の半額が空母の改修に充てられ、残りの半分で搭載機のMiG-29K «9.41»とKa-31対潜ヘリコプターを製造するということである。空母「ヴィクラマーディティヤ」にはそれぞれ16機、10機が搭載可能であるとされているが、装備される1飛行隊は12機のMiG-29K «9.41»で構成されるという。なお、インドは「ヴィクラント」など、将来新たに空母を調達するが、これらの搭載機についてもMiG-29K «9.41»が選定される可能性は高い。

2007年1月22日、ロシアのジューコフスキー飛行場でインド海軍向けに開発されたMiG-29KUB «9.47»が初飛行した。

インド海軍は、空母を「ひとつの基地」として運用するにあたって重い問題を抱えていた。それは、艦上機があっても空母から運用できる固定翼の早期警戒機(AEW)を保有していないという点である。早期警戒ヘリは有るものの固定翼機に比べると速度や滞空時間などの性能で劣る。そこでMiG-29KUB «9.47»をベースに強力なデータリンクシステムを備えた機体を開発・配備し、AEW機と同じような機能を持たせる計画がある。また、EA-18Gのような電子戦機の開発も検討されている[5]

設計[編集]

機体[編集]

主翼の折り畳み部分
MiG-29K «9.31»

MiG-29M «9.15»から発展しているため、基本的なレイアウトはこれに準ずる。

MiG-29M «9.15»からMiG-29K «9.31»へは、脚機構の強化、アレスティングフックの追加、主翼折り畳み機構の付加、フラップの拡大及びヒンジの強化などが行われた。主翼は面積比42m2:38m2で折り畳まれるようである。

MiG-29K «9.41»/MiG-29KUB «9.47»

MiG-29M1及びMiG-29M2から発展したため、外観はMiG-29K «9.31»と大きく異ならず、艦上機への改造についてもノウハウが活かされている。敵レーダーによる捕捉を避けるため、ステルス性向上への策も取られており、機体には電波吸収材がコーティングされレーダー反射断面積は普通のMiG-29の4~5分の1程度になっているとされる。材料も進歩しており、機体の約15%に複合材料を使用している。

航続距離[編集]

空中給油プローブ

MiG-29K «9.41»/MiG-29KUB «9.47»の作戦行動半径は増槽無しで850km (531 mi)、増槽1本で1,050km、増槽3本で1,300kmであり、増槽を3本装備した時のフェリー距離は3,000km(1,860 mi)である。最大機内燃料搭載量は5,200kgに増加した。1,500L増槽は1本、1,150L増槽は2本まで装備できる。原型のMiG-29がソ連の要求によって前線戦闘機として開発されたため、制限のある行動範囲を受け継いでしまっている。しかし、機首左には給油用引き込み式プローブが装備されているので、必要に応じて空中給油を行い航続距離を伸ばすことは可能である。

アビオニクス[編集]

MiG-29K «9.31»

基本的にMiG-29M «9.15»と同様である。

MiG-29K «9.41»/MiG-29KUB «9.47»

基本的にMiG-29M «9.31»と同様であるが、フランス製の「シグマ-95」GPS航法装置及び「TopOwl-F」HMD(ラファールのために開発されたのと同じもの)、イスラエル製のECMシステム、インド製通信装置を搭載する。

このコックピットは2002年、1機のMiG-29SMTをテストベッドに改造して、まずはロシア空軍でテストが行われた。その後ロシアにてインド空軍もテストに参加した。これによって特に恩恵を受けたのが航法装置である。衛星からの情報をインストールすることなどにより、その性能は格段に向上した。

搭載する多重チャンネル式のOLS-UE赤外線捜索追尾システムは、320x256ピクセルの赤外線センサ、640×480ピクセルのテレビカメラレーザー測距儀を統合しており、上方60度、下方15度、左右45度ずつを捜索できる[6][7]。探知距離は航空目標に対し、ヘッドオンで15km、追尾する状況だと45km[8]程度で(エンジンの排気ノズルから、より多量の赤外線を放射するため)、20kmの距離で目標との距離評定及びレーザー誘導兵器の照準を行える。

兵装[編集]

PAZ-1MKを装備したMiG-29K

固定兵装として左LERX部の付け根に「GSh-30-1」30mm機関砲を1門を装備し、装弾数は100発である。MiG-29 «9.12»の150発と比較して減少しているが、設計局はこれでも十分な量であるとしている。しかし大口径の通常方式機関砲であることを差し引いてもこの装弾数は少ないと思われる。ハードポイントは8か所あり、機体中心下の一か所、翼下内側各一か所、計3か所には増槽が搭載できる。機体中心下のハードポイントは増槽にのみ対応している。ペイロードは9か所全体で4,500kgである。MiG-29K «9.31» とMiG-29K «9.41»/MiG-29KUB «9.47»で運用できる兵装に特に違いは無い。MiG-29Mの場合、全ての兵装はMiG-29SMTと互換性があるとされている。また、増槽の代わりに「PAZ-1MK」給油ユニットを装備することで「バディ給油」能力を持たせることができる。

型式[編集]

MiG-29K «9.12»

1978年に計画されたMiG-29Kの初期案。カタパルト発艦前提の設計となっている。機体上面の補助インテークが残されているのが特徴である。

MiG-29K «9.31»

1988年に初飛行した単座型艦上戦闘機。機体番号「311」と「312」が試作されている。

MiG-29KU «9.62»

MiG-29K «9.31»に合わせて計画された複座型。MiG-29UBなどとは異なり、MiG-25PU、MiG-25RUのように前後席でキャノピーが分離している。計画、モックアップ作成のみ[9]

MiG-29K «9.41»

単座型艦上マルチロール機。

MiG-29KUB «9.47»

2007年に初飛行した複座型。

配備[編集]

ロシアの旗 ロシア[編集]

政府がMiG-29Kの購入を視野に入れていると明らかになったのは2009年2月で、セルゲイ・イワノフ副首相が、多額の負債を抱えるMiGへの支援の一環としてMiG-29KUBを購入すると表明した[10] 。発注数はMiG-29K «9.41»20機、MiG-29KUB «9.47»4機である。防衛相の側近によれば、海軍は現状でSu-33を19機保有しているが運用期限が2015年に迫っており、戦力を維持するためにはSu-33新たに新造、つまり生産ラインを一から再始動する必要があり、余計な費用が掛かりかねない。しかしMiG-29K «9.41»の場合、既にインド空軍が発注を受け継続して生産を行っているのでこの点融通が利く。インド海軍は開発とMiG-29K «9.41»16機の引き渡しまでに7億3,000万ドルを費やしたが、ロシア海軍が追加で24機を購入する場合では約10億ドルの出費で済むとされる[11]

2010年1月、ロシア海軍航空隊は2010年からMiG-29Kの配備を開始するとノーボスチ通信が報じた[12] 。2014年11月25日に、最初のMiG-29KとMiG-29KUB各2機が引き渡され[13]、2015年末までに納入を完了する予定[14]。一方Su-33は2025年まで延命されるようである[15]

インドの旗 インド[編集]

インドはMiG-29K «9.41»とMiG-29KUB «9.47»の配備を進めている。2004年に12機のMiG-29K «9.41»と4機のMiG-29KUB «9.47»を発注したのが最初で[16] 、2009年12月から納入が開始され、2012年には全ての納入が完了する[17] 。さらに2010年、インドとロシアは12億ドル相当の契約を結び、29機のMiG-29K «9.41»が追加購入されることになった[18] 。また、運用開始は2010年2月からである。

事故[編集]

2014年12月4日、MiG-29KUBの204号機が墜落した[19]

仕様[編集]

MiG-29K «9.41»[編集]

データはMiG公式サイトなどより。兵装類の弾数は記述がある物のみ。

  • 乗員:1名
  • 全長:17.3m
  • 全幅:11.99m
  • 全高:4.40m
  • 翼面積:43m2
  • 全備重量:18,550kg
  • 最大離陸重量:24,500kg
  • 発動機:RD-33MKターボファンエンジン (A/B:9000kgf)×2
  • 最高速度:
    • M2+(2,200km/h)(高空)
    • M1,2(1,400km/h)(低空)
  • 航続距離:
    • 2,000km
    • 3,000km(フェリー、増槽×3)
    • 5,500km(増槽×3,空中給油1回)
  • Gリミット:8G
  • 実用上昇限度:17,500m
  • 上昇率:19,812m/min(海面),6,540m/min(0~6000m平均)
  • 翼面荷重:442kg/m2
  • 推力重量比:0.97

兵装[編集]

  • GSh-30-1 30mm機関砲×1 装弾数100発
  • ハードポイント9か所。内3ヶ所に増槽懸架可能。

空対空

  • R-77 アクティブレーダー誘導中距離ミサイル×6
  • R-27 セミアクティブレーダー誘導中距離ミサイル
  • R-73 赤外線誘導短距離ミサイル×8

空対地

  • Kh-25ML セミアクティブレーザー誘導ミサイル
  • Kh-29T TV誘導ミサイル
  • Kh-35U アクティブレーダー長距離ミサイル

対レーダー

  • Kh-25MP パッシブレーダーシーカーミサイル
  • Kh-31P パッシブレーダーシーカーミサイル×4

対艦

  • Kh-31A 中距離シースキミングミサイル×4
  • Kh-35 長距離アクティブレーダー誘導ミサイル×4

爆弾

  • RBK-250 クラスター爆弾
  • RBK-500
  • RBK-750
  • FAB-500-M62 汎用爆弾
  • FAB-1000
  • KAB-500KR英語版×4

その他


脚注[編集]

  1. ^ Donald, David; Daniel J. March (2001). Carrier Aviation Air Power Directory
  2. ^ "Russia delivers 4 MiG-29 fighters to India". RIA Novosti, 12 February 2009
  3. ^ Belyakov and Marmain 1994, pp. 446-449.
  4. ^ Belyakov and Marmain 1994, p. 449.
  5. ^ Fighter Mig-29 Fulcrum
  6. ^ OLS-UEM
  7. ^ Piotr Butowski New sensors of MiG-35Nowa Technika Wojskowa 03/2007
  8. ^ 60kmとの情報もある
  9. ^ Модификации МиГ-29К
  10. ^ РФ закупит у "МиГа" истребители для ВМФ с целью господдержки - Иванов РИА Новости
  11. ^ Russian Navy will probably buy 24 MiG-29K fighters designed for India
  12. ^ ВМФ РФ начинает в 2010 году закупку палубных истребителей МиГ-29К
  13. ^ 「海外艦艇ニュース 露MiG-29K艦上戦闘機の引き渡し」『世界の艦船』第792集(2014年2月号) 海人社
  14. ^ ロシア海軍航空隊への艦上戦闘機MiG-29Kの補充は2015年に完了する
  15. ^ ロシア海軍航空隊の艦上戦闘機Su-33は2025年まで現役に留まる
  16. ^ global security
  17. ^ "Indian MiGs enter service". AirForces Monthly, 19 February 2010.
  18. ^ India, Russia to ink $1.2 bn deal for 29 more MiG-29Ks. Times of India
  19. ^ モスクワ近郊で艦上戦闘機MiG-29KUB試作2号機は墜落した

参考文献[編集]

  • Belyakov, R.A. and Marmain, J. MiG: Fifty Years of Secret Aircraft Design. Shrewsbury, UK:Airlife, 1994. ISBN 1-85310-488-4.
  • Day, Jerry. "Hot Hot Hot!" Air Classics, Volume 45, Issue 4, April 2009.
  • Gordon, Yefim and Peter Davison. Mikoyan Gurevich MiG-29 Fulcrum. Specialty Press, 2005. ISBN 1-58007-085-X.
  • Lake, Jon. Jane's How to Fly and Fight in the Mikoyan MiG-29. New York: HarperCollins, 1997. ISBN 0-00472144-6.

外部リンク[編集]