Su-24 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Su-24/Су-24

ロシア空軍のSu-24M

ロシア空軍のSu-24M

Su-24(スホーイ24、スホイ24;ロシア語Су-24スー・ドヴァーッツァチ・チトゥィーリェ)は、ソ連戦術爆撃機として使用されていたYak-28の後継として開発された大型の戦闘爆撃機。現在ロシアウクライナベラルーシなど旧ソ連諸国の主力攻撃機となっている。NATOコードネームフェンサー(英:Fencerフェンシングをする人・剣士の意)。

開発[編集]

1960年代になるとアメリカ合衆国F-111F-4ファントムIIなどといった戦闘爆撃機を登場させており、ソ連でも先進の器材を採用したこの種の戦闘爆撃機の開発が求められるようになっていた。そこで、Su-7戦闘爆撃機を設計し、同機を可変後退翼にすることでSTOL性能を向上させたSu-17を開発したスホーイ設計局にこの種の航空機の研究が指示された。

スホーイ設計局では通常の固定翼機と可変後退翼機の2つの機体案を検討した。固定翼機案ではまず尾翼付きのデルタ翼でエンジンが双発のS-6の設計案を作成し、この設計案を基に製作された固定翼試作機T6-1が1967年7月2日に初飛行した。T6-1は主翼の内翼部前縁の後退角が60度、主翼の外翼部の後退角がそれよりも浅くなる二重後退角付きのデルタ翼を採用しており、操縦席は並列複座、エンジンの空気取入れ口は胴体両側面に配置され、水平尾翼は全遊動式となっていた。1969年にはRD-36-35リフトエンジン4基を追加したSTOL型の飛行試験が行われたが、ソ連空軍が要求を変更したことにより形態が効率的ではないと判断されたため、量産にはならなかった。一方、可変後退翼機案でも最初は推進用エンジンとリフトエンジンの双方を搭載する計画であったが、機体に可変翼機構を取付けていることから機体重量が重くなり、リフトエンジンを搭載すると航続性能が低下することから、推進用エンジンのみ搭載することにした。リフトエンジン専用だったスペースを爆弾倉に変更し、燃料タンク容量を増加させた可変後退翼試作機T6-2Iが製作され、1970年1月17日に初飛行した。

その後、T6-2Iとは別の可変後退翼試作機T6-3Iが1970年末に初飛行し、1971年6月16日にはさらに別の可変後退翼試作機であるT6-4Iが初飛行している。可変後退翼試作機による飛行試験[2]が行われている中での1972年12月には、可変翼を採用した戦闘爆撃機の量産準備が開始されており、量産初号機は試作型T6の通算7号機を意味するT6-7と名付けられ、この機体がSu-24として量産化されることになった。ソ連空軍には1973年に引渡しが開始され、1975年に実戦配備が開始されており、2000年頃に生産を終了している。

性能と特徴[編集]

後部の形状(Su-24M)
主翼の外翼部を後退させた状態(Su-24M)
主翼の外翼部にある兵装パイロンとそれに取付けられたKh-25ミサイル

可変翼コックピットの並列複座の座席が特徴の機体である。主翼は69度の前縁後退角を持った固定翼部と固定翼部の先端に細長いテーパー翼を持つ外翼部があり、外翼部の可変角度は16-69度の間で後退角が変わるようになっており、その途中の35度と45度に停止位置がある[3]。これにより、低高度でも高速かつ安定した飛行ができるようになっている。外翼部には、前縁の全翼幅にスラットと後縁に2分割されたスロッテッドフラップを装備しており、フラップがある前の上面にはスポイラーが装備されており、機体のローリングの操縦の際に使用される。また、水平尾翼は全遊動式を採用している。胴体後部の上面には、胴体内にあるエンジン・コンパートメントの冷却に使用される冷却空気取入れ口を設けており[4]、垂直尾翼の先端部と前縁部には各種の無線アンテナが収容できる構造としている。垂直尾翼付け根の後部にはドラック・シュートを収容する膨らみが設けられており、操縦室後方から着陸装置の主脚の主脚室上方にかけての機器収容スペースには、電子機器や無線器材が搭載されている。胴体中央下に兵装類の搭載ステーションを設けており、試作機の胴体内にあった爆弾倉は量産型では燃料搭載スペースに変更されている。また、主翼の固定翼部と外翼部に各1つの兵装パイロンを装備しているが、外翼部の兵装パイロンはスウィベリング式であり、外翼部の後退角が変化しても常に進行方向を向く機構となっている。試験飛行の結果により、固定翼部の兵装パイロン取り付け部の主翼上面には、フェンスが取付けられたが、フェンス自体が取付られていない機体も存在している。また、給油ポッドを装備すれば空中給油機として運用することも可能である。燃料容量は11,700ℓを機内に搭載できるほか、2000ℓまたは3000ℓの燃料タンク2基を主翼の固定翼部の兵装パイロンに装着して使用することができる。

コックピットは並列複座で操縦座席にはK-36M射出座席が装備されている。並列複座機ならではの大型キャノピーがもたらす優れた視界や、工夫され行き届いたコックピット内の機材配置はパイロットにも好評で、「スーツケース」を意味する「チェマダーン」(чемодан)の愛称で呼ばれる。キャノピーは前方にある風防と分かれており、開く際には、後ろヒンジ式で左右に分かれて上方に開く構造となっている。

着陸装置は未舗装滑走路からの運用が可能な構造となっており、前輪式3脚で各脚とも2重車輪を装備しており油圧式で作動する。前脚は後方に上がり操縦席下部に収容され、主脚は前方に上がり中央胴体下部に収容される。また前輪には泥除けが取付けられている

エンジンはサトゥールン製のリューリカ AL-21F-3Aターボジェットエンジン(ドライ出力75.0kN、アフターバーナ時出力109.8kN)を2基搭載している。

兵装類の最大搭載量は8000kgであり、通常爆弾のほかに、Kh-23(AS-7 ケリー)、Kh-25ML/MR(AS-10 カレン)、Kh-25MP(AS-12 ケグラー)、Kh-31A/P(AS-17 クリプトン)、Kh-59(AS-13 キングボルト)などの各種ミサイルや核爆弾のTN-1000・TN-1200を搭載できるほか、自衛用にR-60(AA-8 エイフィド)空対空赤外線誘導ミサイル(AAM)を携行することができる。

西側に存在が知られたのは1974年だが、当初は誤って「Su-19」と呼ばれ、1981年に至るまで訂正されなかった。最初に確認された試作型のT6-7がフェンサーAと名付けられており、その後の1975年に実戦配備が開始された量産型がフェンサーBと名付けられている。1981年には電子機器を変更され、機首の周辺に複数のセンサーを取付けて、エンジン空気取入れ口部、固定翼部前縁、垂直尾翼上端の両側にレーダー警戒装置のアンテナが装備された三角形の張り出しが取付けられたタイプが確認されており、これがフェンサーCと名付けられている。1977年7月24日に初飛行した試作機T6-8Mを1978年に量産化して、1983年に実戦配備したタイプのSU-24MがフェンサーD、Su-24Mを基にして、1978年から開発に入り、1980年9月には試作機が初飛行して、その後に実戦配備した偵察型のSu-24MRをフェンサーEとそれぞれ名付けられている。Su-24MRと同時並行して開発され、その試作初号機であるT6M-25が1979年12月に初飛行して、その後に実戦配備したSu-24の電子戦型のSu-24MPがフェンサーFと名付けられいる。

アフガニスタン紛争で初めて実戦に投入され、主にムジャーヒディーンの陣地などの静止目標に対する攻撃に使用された。対空兵器による損害はなかったが、整備上の不具合によって何機かが失われている。1990年代から21世紀に入ってからも、第二次チェチェン紛争や、シリア内戦に介入したロシア空軍部隊によるISILへの攻撃などに投入されている。湾岸戦争では多くのイラク空軍機がイランに逃げ込み、イラン空軍に接収された。

ソ連空軍で運用されてから30年近くが経過して、旧式化が進んでおり、すでに後継機となるSu-34が登場しているが、この機体の開発・配備が大幅に遅れており、しばらくは爆撃機戦力の中核であり続けていかなければならなないため、Su-34に搭載されている一部の電子機器が導入されるほか、GPSの装備やヘルメット装着式照準器の導入により、新しい兵器の携行能力を持ち、そのほかにも、主翼の固定翼部にコンフォーマル型燃料タンクの装着や主翼グローブ部の前縁延長などの改修作業が行われる計画があり、それによりSu-24M2としてアップグレードが行われる予定であるため、今後も前線で運用される見込みである。

2015年11月24日、シリアトルコの国境付近において、ロシアのSu-24がトルコ軍のF-16に撃墜された[5]。(ロシア軍爆撃機撃墜事件

派生型[編集]

T6-1
搭載武装を前に並べたSu-24
S6
Su-7の機体仕様を活用し、固定後退翼を採用した初期設計案。制作されず。
T6-1
ダブルデルタ翼とリフトエンジンを採用した試作初号機。
T6-2I
T6-1に続く試作機。この型から可変翼を採用した。
Su-24(Су-24
前期量産型。細かな改良により3種類に分類されるが、試作型のT6-7がフェンサーA、本格的な量産型がフェンサーB、搭載されている電子機器を変更して、機首の周辺に複数のセンサーが取付けられ、エンジン空気取入れ口部、固定翼部前縁、垂直尾翼上端の両側にレーダー警戒装置のアンテナが装備された三角形の張り出しが取付けられたタイプをフェンサーCと区別される。
Su-24M(Су-24М
後期量産型。機首に装着された地形回避レーダーを地形追随レーダーに変更して、攻撃能力強化の器材変更により、前部胴体が750mm延長された。新たにPNS-24M航法/攻撃システムを搭載していおり、引き込み式の空中給油プローブも追加されている。なお、改良型は、固定翼部の兵装パイロン取り付け部の主翼上面のフェンスが大型化され、そこにチャフ/フレア・ディスペンサーを装着しており、垂直尾翼両脇の後部胴体上面にもそれが装備できるようになっている。また、胴体下面の中心線にUPAZ-Aバディ式給油用ポットの搭載が可能となっている。NATOコードネームはフェンサーD
Su-24MK(Су-24МК
Su-24Mの輸出型。
Su-24MR(Су-24МР
偵察機型。BKR-1側視レーダーを機首に搭載しており、操縦席下方の機首部胴体下面に電子偵察器材・ジマ赤外線監視器材・アイスト-M TVセンサーなどの偵察器材のほか、AFA A-100斜めカメラとAFA A-402Mパノラマミックカメラを装備可能であるほか、胴体下面の中心線にシュピル-2Mレーザー・ポット、主翼下面にタンガスELINT(電子情報)ポッドやエフィル-1M電磁輻射探知ポッドを搭載することで、昼夜や全天候での偵察活動を有している。また、機体の一部分においで電波透過材が使用されており、収集された偵察情報はデータリンクを介して地上に送ることができる。偵察型のため、機関砲や胴体下のハードポイントを外し、攻撃用の電子機器の一部は取り外されている。ロシアウクライナなどでは偵察機の主力となっており、ロシアでは、空軍で戦術偵察で使用され、海軍で海洋監視に使用される。NATOコードネームはフェンサーE
Su-24MP(Су-24МП
電子戦機型。機首下面に比較的大形のブレード・アンテナが装着されており、胴体左右空気取入れ口下面にホッケーで使用されるスティック状の通信妨害用のアンテナが装着されている。また、胴体下面の中心線にSP5-5ファソル電子戦ポットを搭載する。コックピットの副操縦席は電子戦システム搭乗員席に変更されている。Su-24MRと外形的に比較すると、自衛用の機関砲を装備しているほか、機体の一部分において使用されている電波透過材の使用部位が変更されている。NATOコードネームはフェンサーF
Su-24M2(Су-24М2
アップグレード型。改造内容の詳細は不明だが、Su-34に搭載されている一部の電子機器が導入されるほか、GPSの装備やヘルメット装着式照準器の導入により、新しい兵器の携行能力を持つことが可能となり、また、主翼の固定翼部にコンフォーマル型燃料タンクの装着や主翼グローブ部の前縁延長などの改修作業が行われる計画である。

運用国[編集]

2015年時点の配備国(青)と退役させた国(赤)

仕様(Su-24M)[編集]

SUKHOI Su-24 FENCER.png
寸法
  • 全長:24.59m
  • 全幅:17.64m
  • 全高:6.19m
  • 翼面積:51.02m²
重量
  • 空虚重量:22,300kg
  • 運用時重量:33,500kg
  • 最大離陸重量:39,700kg
動力
性能
  • 最大速度:1,700km/h
  • 航続距離:2,850km
  • 最大運用高度:11,000m
兵装

脚注[編集]

  1. ^ "Military aircraft prices." aeronautics.ru. Retrieved: 5 March 2011.
  2. ^ 飛行試験では低高度での自動飛行・爆撃時に使用される照準および航法装置・各種兵装の試験が行われおり、T6-2IやT6-3Iの飛行試験でもたらされた安定性・操縦性などの評価を加えて、量産型では多くの改修が行われるとともに製造工程での簡略化が図られた。
  3. ^ 16度は離着陸時、35度は巡航時、69度は超音速飛行や低空遷音速時に使用され、45度では主翼に効率的な揚抗比が得られるようになり、空戦機動が向上する
  4. ^ 試作型では胴体とエンジンの空気取入れ口の間の境界層制御のエア・ブリード・ランプと胴体中央部を通る多数の空気ダクトで冷却空気を取入れていたが、量産型ではこれをやめている、これにより胴体内の燃料搭載スペースが増大するとともに機体重量が軽くなっている。
  5. ^ トルコ軍、ロシアSu24機撃墜 シリア北部に墜落か - 朝日新聞2015年11月24日
  6. ^ Airplanes - Military Aircraft - Su-24 - Historical background”. Sukhoi Company (JSC). 2014年11月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]