SCALP-EG/ストーム・シャドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SCALP-EG/ストーム・シャドウ
StormShadow-Hendon 1.jpg
イギリス空軍博物館で展示されているストーム・シャドウ
種類 巡航ミサイル
製造 MBDA
性能諸元
ミサイル直径 16.6cm
ミサイル全長 5.1m
ミサイル重量 1,230kg
弾頭 タンデムHEAT弾頭
射程 250km以上
推進方式 固体燃料ロケット
誘導方式 中間:INSGPSTERPROM
終端:赤外線画像シーカー
飛翔速度 1,000km/h(マッハ0.8)
テンプレートを表示

SCALP-EG / ストーム・シャドウ(Storm Shadow)は、フランスイギリスの空中発射型巡航ミサイルMBDA社によって製造され、フランスとイギリス以外にイタリアも導入している。SCALP-EG(Emploi Général)は、フランスがつけた名称で、ストーム・シャドウはイギリスがつけた名称である。

概要[編集]

マトラ・デファンス社が開発したアパシュ対滑走路ミサイル(MBDA アパッチ) の射程を延伸させるためアパシュ Cの開発に発展し、それはSCALPへと名称を変更した。1996年6月25日フランス空軍がSCALP-EGの名称で採用した。1997年2月11日に開発と生産の契約が締結されるまでに、マトラ・デファンス社とブリティッシュ・エアロスペース社(BAe)のミサイル関係部門を合併させ、マトラ BAe ダイナミクス社を創設した。

1998年フランスは500発のSCALPを発注し、2000年にフランスのミラージュ 2000NがSCALPの試射を行った。翌年の5月5日にはイギリスのトーネードがストーム・シャドウの試射を行い、2002年にイギリスへ納入された。

初の実戦使用は2003年イラク戦争で、イギリス空軍第617飛行隊が使用した。

派生型[編集]

SCALP-Naval
SCALP-EGの水上発射型。アキテーヌ級フリゲートに搭載され、シルヴァーA70VLSで運用される予定。

採用国[編集]

イギリス空軍が900発発注
1998年フランス空軍が500発発注
イタリア空軍が200発発注
2000年ギリシャ空軍が90発発注
ブラック・シャヒーン(Black Shaheen)の名称で導入
ブラック・パール(Black Pearl)の名称で導入

外部リンク[編集]