AC-130

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

AC-130

フレアを放出するAC-130H スペクター

フレアを放出するAC-130H スペクター

AC-130は、ロッキードC-130 ハーキュリーズ輸送機重火器を搭載できるように改造した対地専用攻撃機である。

概要[編集]

ガンシップ・プロジェクトIIに基づいてロッキードC-130 ハーキュリーズ武装を施した機体である。

初期型のAC-130AはAC-119同様M134 7.62mmミニガン4挺とM61 20mmバルカン4門を装備していたが、9K32(SA-7グレイル)やFIM-92スティンガーなどの携帯式地対空ミサイルの発達と普及に伴い、長射程大火力ボフォース L60 40mm機関砲M102 105mm榴弾砲が追加され、AC-47AC-119とは桁違いの重武装と大火力を有するようになった。 武装は機体左側面に装備され、目標を中心に左旋回しながら攻撃する。これは左側に座る機長が目標を視認しやすいためである。元となった機体が輸送機なので大量の弾薬を搭載でき、長時間に渡っての射撃が可能になっている。

制空権を獲得できるだけの航空兵力を有するアメリカのみ保有しており、敵の地上部隊やその支援部隊に対して強力かつ精密な攻撃をおこなう。味方の地上部隊から支援要請を受けて攻撃を実施するための通信機器、敵の正確な位置を把握するための赤外線センサーレーダー測距、そして、それらの情報をもとにして精密射撃をおこなうための火器管制コンピュータなどを搭載している。

同機は唯一現役のガンシップであり、空軍特殊作戦コマンドのみで運用されている。ベトナム戦争以外でも、グレナダ侵攻パナマ侵攻湾岸戦争ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争ソマリア内戦コソボ紛争アフガン侵攻イラク戦争にも投入されている。

アメリカ空軍では現存のAC-130Uの近代化改修案として、25mmガトリング砲と40mm機関砲を2門のブッシュマスターII30mmチェーンガンに、105mm榴弾砲を後装式の120mm迫撃砲に換装するほか、スタンドオフ攻撃能力を与えるためにAGM-114ヘルファイア対戦車ミサイルハイドラ70ロケット弾の運用能力を付与する計画が存在していたが、キャンセルされた。後に、精密な近接航空支援に特化した改修案「AC-130J」が発表され、前述のスタンドオフ攻撃能力として精密爆弾やミサイルを搭載し、代わりに固定武装をブッシュマスター30mm機関砲1門に削減している。

運用[編集]

 アメリカ空軍

仕様[編集]

AC-130U 三面図

AC-130 基本性能

武装[編集]

ボフォース 40mm機関砲弾を装填中の乗組員。右側に写る人物は退役軍人であり、俳優のR・リー・アーメイ
  • AC-130A サプライズパッケージ、ペイブ プロント、 AC-130E ペイブ スペクター
    • 7.62mmミニガン×2挺
    • 20mmバルカン×2門
    • 40mm機関砲×2門
  • AC-130E ペイブ イージス
  • AC-130H スペクター[4] (2000年頃)
    • 20mmバルカン×2門
    • 40mm機関砲×1門
    • 105mm榴弾砲×1門
  • AC-130H(現行)
    • 40mm機関砲×1門
    • 105mm榴弾砲×1門

登場作品[編集]

漫画
映画・アニメ
主要登場人物の1人、レノックス率いるアメリカ兵部隊の救援に登場。劇中ではA-10による断続的な反復攻撃と、本機による連続的な旋回攻撃が対比されている。
暴走したレイズナーを静止すべくエドワーズ基地にたまたま着陸しようとしていたAC-130が迎撃するがV-MAXを発動したレイズナーの前に全く歯が立たないまま機体各所を破壊され、墜落。そのまま基地施設に突っ込んで大破した。
リンチ大佐がAチームとモリソン将軍を抹殺するために送り込んだ。爆撃後の映像を見て「リアルな『コール・オブ・デューティー』だ」(吹き替えでは「まるでゲームだ」)と呟くシーンもある。
ゲーム
ガンカメラを使ったミッションがある。また、一部ミッションにて友軍機として登場する。
敵のユニットの一つとして登場。プレイヤーは操作できない。
敵のユニットの一つとして登場。プレイヤーは操作できない(一部ミッションにおいて、友軍機として登場する)。
プレイヤー機として登場。エースコンバットシリーズでは本作で初めてプレイヤーが本機の砲塔25mmガトリング40mm機関砲、120mm迫撃砲)のみ操作が可能になる。
FPS。ガンカメラを使ったミッションがある。
FPS。マルチプレイでガンナー役になれる。本編ではロシア軍の攻撃で墜落していくAC-130が見ることができる。
FPS。キャンペーン及びマルチプレイに登場。キャンペーンではプレイヤーの部隊を支援する為、パリへ出撃する。
FPS。ゲーム内通貨を消費して使用できるアクティブスキルで登場。一定時間上空を旋回し、相手プレイヤー1人の周辺に照準を重ね、その付近一帯を爆撃する。
湾岸戦争を題材としたMOD「Desert Combat Final」でアメリカ陣営に登場。多数の火器を備え、リスポーンポイントとしても機能する。MOABを投下できるタイプもある。
ダウンロードコンテンツ「Armerd Kill」にて追加されたマップにて登場。陣営は関係なく、特定の拠点を確保している場合に搭乗可能。パラシュート降下可能なリスポーンポイントとなる。
米軍以外の軍でも特定のマップで特定の拠点を確保すると「司令官」が出撃させることができる。兵士が搭乗して対地支援するほかパラシュート降下可能なリスポーンポイントとなる。
プレイヤーが航空支援としてPDAのショップから注文して使うことができる。レーザー測距装置を使い、指示された目標とその周辺に攻撃をする。

脚注[編集]

  1. ^ Shaft Horse Power 軸馬力
  2. ^ サービスシーリング
  3. ^ 搭載貨物の重量配分や搭載位置、搭載方法などを決定する選任担当士
  4. ^ AC-130H/U Gunship fact sheet. US Air Force, October 2007. (20 mm guns were removed)

外部リンク[編集]