Mk 44 ブッシュマスター II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mk 44 ブッシュマスター II
CV9030 turret.jpg
CV 9030歩兵戦闘車に搭載されたMk 44
種類 機関砲
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1972年–現在
配備先 ベルギー陸軍チェコ陸軍フィンランド陸軍アイルランド陸軍ニュージーランド陸軍/海軍ノルウェー陸軍ポーランド陸軍ポルトガル陸軍シンガポール陸軍スイス軍イギリス海軍アメリカ海軍/海兵隊海上保安庁
開発史
製造業者 アライアント・テックシステムズ
(現・オービタルATK
諸元
重量 160kg(344lb)

口径 30x173mm
銃砲身 3,405mm(134.05インチ
作動方式 チェーンガン方式
発射速度 200発/分
初速 HEI-T弾使用時 1,080m/s(3,500ft/s)
有効射程
  • 車載仕様 3,000m(9,800ft)
    *艦載仕様 5,100m(17,000ft)

Mk 44 ブッシュマスター II(Mk 44 Bushmaster II)は、かつてハネウェルの軍需部門であったアライアント・テックシステムズが製造している30mm チェーンガン

M242 ブッシュマスター 25mm機関砲の派生型。構成部品の約70%はM242と共通とした上で口径サイズの20%増しにより50%の火力強化を果たした。砲身には、耐用期間を延長するためクロムメッキを施している。

採用[編集]

アメリカ[編集]

アメリカ空軍は、この砲を2007年AC-130U ガンシップ搭載のGAU-12 25mmボフォース 40mmの代替として検討し、改良型のAC-130Jとして実現した。2012年より新型のMk 44をGAU-23/Aと分類して、AC-130WやAC-130Jに搭載している[1]

アメリカ海兵隊EFV両用遠征戦闘車はこの砲の搭載を予定していたが開発中止となった。

アメリカ海軍では、サン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦のような若干数の艦艇に自衛用のために搭載している。 米海軍向けは、Mk 46 Mod 1 ウェポン・ステーションと呼ばれる砲塔システムに収められる。EFV両用遠征戦闘車の砲塔Mk 46 Mod 0装甲化されているのに対し、Mk 46 Mod 1の砲塔は装甲化されておらず、素早く発射用意への状態に移れる。合わせてペリスコープやハッチを省略した替わりに低光量テレビを追加し、洋上の標的捕捉能力を高めている。

アメリカ国外[編集]

車両搭載型[編集]

アメリカ以外にもフィンランドノルウェースイスで運用されるStrf 90シンガポール陸軍バイオニクスポーランドKTO ロソマクなどに標準的な主武装として搭載されている。

また、イスラエルラファエル社によって開発された遠隔操作式砲塔ユニットである、サムソン RCWS-30に組み込まれ、チェコパンデュールIIなどに搭載されている。

艦載型[編集]

2007年イギリス海軍23型フリゲートに搭載する30 mm DS30M マーク 2 ASCGシステムで採用されている[2]他、海上保安庁はてるま型巡視船いわみ型巡視船に搭載している。

XM813[編集]

Mk 44を元にして、M1126 ストライカー装甲車M2ブラッドレー歩兵戦闘車のアップグレードやGCV歩兵戦闘車英語版の主武装として、XM813 ブッシュマスターの開発が進められている。砲身が1インチ延長され、統合型砲架により第一斉射の命中率を最大10%向上するとともに、命中精度を高め将来の高温発射薬にも対応できるデュアルリコイルシステムを備えるなどの改良が施されている。さらに、リンクレス給弾システムの導入も可能である。また、遮蔽物に隠れた敵を攻撃できるMk 310 プログラマブル・エアバースト弾も使用できる。加えて、5個のパーツを交換するだけで口径を40mmに拡大できる。安全性の向上や砲架の統合は主にアメリカ陸軍研究・開発・技術コマンド英語版が担当している。

2013年11月の時点で、アバディーン性能試験場での試験においてXM813は3ヶ月以上・平均故障間隔4万発の長期信頼性が確認されている。長期的にはブッシュマスターIII 35 mm 機関砲とともに装架することが検討されている[3][4]

2014年9月10日にはARDEC英語版のディジタル多目的試験複合施設でXM813のデモンストレーションが行われた。XM813は、M2歩兵戦闘車に装架され、最大1,500メートル先の標的に向けて発砲された。火器管制システムの改良により、長射程でも少ない斉射数で有効弾が得られ、時には従来10斉射必要だったところが2、3斉射で済むこともあった。XM813 30mm機関砲は、M242 ブッシュマスター 25mm機関砲を代替するものと考えられており、M2歩兵戦闘車以外の車両にも搭載される可能性がある。ただし、リンクレス給弾と曳火攻撃能力についてはデモンストレーションが行われなかった。曳火攻撃は、火炎でしか制圧できない掩体に潜む敵と遭遇した際に極めて有効な手段である[5]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]