M102 105mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノースカロライナ州フォート・ブラッグ駐屯地に展示されている、M102榴弾砲。

M102 105mm榴弾砲M102 105mm Howitzer)は、アメリカ製の榴弾砲である。

概要[編集]

M102榴弾砲は、第二次世界大戦および朝鮮戦争において広く使用されていたM101榴弾砲の後継として開発され、1964年にアメリカ陸軍に制式採用された。

砲撃準備中のM102榴弾砲。
ターンテーブルの穴に合わせて地面に杭を打ち込み、砲を固定する。

M102榴弾砲の砲架はアルミニウム合金製であり、砲全体の重量は約1.3t程度に抑えられている。これは前任のM101榴弾砲(約2.2t)や後任のM119榴弾砲(2.0t)よりも1t近く軽量であり、同時期にイギリスおよびイギリス連邦各国が採用したイタリアオート・メラーラ製のM56(L5)パックハウザー(約1.2t)にも匹敵する。ただし、M56パックハウザーは元々イタリア陸軍の山岳部隊「アルピーニ」向けに設計されているため、分解したうえでの駄載や車両・ヘリコプターへの搭載も可能である。

ベトナム戦争中、川に設置された砲台に配備されたM102榴弾砲。砲架後端部の車輪の形状がよく確認できる。

M102榴弾砲は砲撃態勢に入る際に、まず車輪を持ち上げて砲架下部のターンテーブルを接地させる。その後、ターンテーブルの穴に合わせて地面に専用の杭を打ち込むことによって、砲を固定する。 一般的な火砲では砲撃時の反動による砲の後退を抑える駐鋤が装着されている砲架の脚の先端部には、横向きにギヤ型の補助輪が取り付けられている。これは砲架左側の水平射撃角調整ハンドルの回転に連動して転がることにより、360°全周囲への水平射撃を容易なものとしている。

ベトナム戦争時にはヘリコプターによる前線付近への展開が容易な点を活かして、ベトコン北ベトナム軍と交戦するアメリカ軍ヘリボーン部隊にとって貴重な支援火力を提供した。また陸上の移動においても、M35トラックM561 Gama Goatを始めとする2トン級トラックやハンヴィーなどの軽多目的車両よる牽引が容易であった。さらにパラシュートを利用した輸送機からの空中投下も容易なものであったため、空挺部隊や軽歩兵部隊においても広く重宝された。

このため、ベトナム戦争後もグレナダ侵攻パナマ侵攻湾岸戦争で実戦投入された。しかし射程距離は標準榴弾で11㎞程度と、M101榴弾砲からほとんど進歩していなかった[1]ため、1987年からはイギリス製L118榴弾砲ライセンス生産したM119榴弾砲への更新が決定され、1989年から更新が始められた。

Camp Tajiに配備された、第1/206野戦砲兵大隊A中隊のM102榴弾砲。(2004年5月29日撮影)
画面奥に、第2/82野戦砲兵大隊(第82野戦砲兵連隊 第2大隊)のM109A6パラディン自走榴弾砲が映っている。

M102榴弾砲はアメリカ陸軍の第一線部隊からはほぼ姿を消し、各州の陸軍州兵に移管されたが、2001年からのアフガニスタンへの出兵と2003年からのイラク戦争においては、多くの州兵部隊がアフガニスタンやイラクに派遣されるようになった。このため装備の更新が遅れていた州兵部隊の中には、派遣先にM102榴弾砲を持ち込んだ事例もある。一例として、アーカンソー陸軍州兵第39歩兵旅団戦闘団が2004年にイラクのCamp Tajiに派遣された際、同旅団所属の第1/206野戦砲兵大隊(第206野戦砲兵連隊 第1大隊)が、17門のM102榴弾砲をイラクに持ち込んだ。 しかし近年では陸軍州兵においてもM119榴弾砲への更新が進められており、上記の第1/206野戦砲兵大隊も2010年にはM119榴弾砲を受領し、習熟訓練を行っている。

アメリカ空軍においては、AC-130ガンシップの火力強化のため、AC-130Eから機体貨物室左側の後部ランプ付近に1門搭載されるようになった。AC-130Uの近代化改修計画の際に後装式の120mm迫撃砲に換装する案が出されていたが、改修計画自体がキャンセルされたため当面は運用が続行されるものと推定される。

諸元・性能[編集]

諸元

  • 重量: 1,326kg
  • 全長: 5.2m
  • 全幅: 2m
  • 砲員数: 8名

作動機構

性能

  • 俯仰角: -5°~+75°
  • 旋回角: 360°
  • 有効射程: 11,500m
  • 最大射程: 15,100m(RAP弾使用時)
  • 発射速度: 10発/分(最大)、3発/分(連続射撃時)

砲弾・装薬

  • 弾薬: 半完全弾薬筒(105×372mmR)



ギャラリー[編集]

採用国[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ほぼ同時期の1963年に、第二次世界大戦中のソ連赤軍の主力軽榴弾砲M-30榴弾砲の更新を目的として開発されたD-30(2A18)榴弾砲は、射程距離の延伸を重視して設計された。このため射程距離はM-30榴弾砲の12kmからD-30榴弾砲では15kmにまで延伸されているが、砲重量もM-30榴弾砲の2.4tに対してD-30榴弾砲では3.2tに増加している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]