ガンカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホーカー ハンターの機首にある、G-10 ガンカメラの撮影孔

ガンカメラ英語:gun camera)は、軍用機などに取り付けられ、偵察や攻撃の記録などを行うムービーカメラの一種である。銃器に模してあるもの(後述)は、日本語では「写真(寫眞)銃(しゃしんじゅう)」と称される。

※日本語で「マリー式写真銃」もしくは「マリー写真銃」と呼ばれる連続撮影式カメラについては「エティエンヌ=ジュール・マレー」および「en:Étienne-Jules Marey#Chronophotography」を参照のこと。

概要[編集]

軍用機に装備されている武装機銃[1])と連動し、引き金を引く(機銃が発砲される)と自動的にカメラも作動して録画が開始される仕組みになっている[2]。主に戦闘機が敵を撃墜したことの記録のために使われたり、実射を伴わない訓練での命中判定に利用される。

ガンカメラが初めて用いられたのは、航空機というものが登場して初めて戦争に用いられた第一次世界大戦のことで、イギリス空軍が本格的に採用した。広く導入され始めたのは1920年代で、盛んに使われたのは第二次世界大戦においてである。アメリカ軍機に取り付けられ、敵機や地上設備・鉄道車両といった目標を機銃掃射などで攻撃している様子を写したガンカメラの映像は、史料映像として現在でもよく目にする。

当初は操縦士あるいは銃手や航法士といった同乗者によって小型の手持ち式ムービーカメラが持ち込まれ、操縦士、もしくは同乗者が直接手に持つか、カメラを座席周辺に固定して用いていたが、操縦や戦闘を行いながらカメラを操作することは困難が多いため、翼や胴体に内蔵できるようにした専用のものが開発された。機銃と同じ寸法と外装を持つようにデザインされ、軍用機の固定武装と置き換える形で機銃の搭載位置にそのまま装備できるようにしたものも登場した。この方式のものでは、イギリスにおいて開発・製造された、ルイス軽機関銃の航空機搭載型を模したもの(Hythe MkIII Gun Camera)、ドイツにおいて製造された、LMG08/15航空機関銃を模したもの(Maschinengewehrkamera Ernemann)が著名である。

日本軍においては、同じく航空機搭載型機関銃を模した外観を持つ、翼上もしくは旋回銃架に装備する訓練用のものが「八九式活動寫眞銃」として六櫻社(後のコニカミノルタ)によって製造された。

現代においては戦闘機や攻撃ヘリなどの火器管制装置(目標に照準を合わせて武装を操作するための装置)自体が暗視装置などと複合されたテレビカメラと同様の機能を持っており、別個に録画装置があるのではなく、装置自体に録画機能があることが一般的である。

後に電子的な動画撮影装置(ビデオカメラ)が非常に小型、かつ高性能なものとなったため、発砲の正当性の証明や裁判での証拠とするために、警察をはじめとした法執行機関の装備する拳銃短機関銃自動小銃といった執行装備に、本来の用途を妨げることなくビデオカメラを装着する事が可能になり、銃の使用と発砲の正当性が問われることの多い警察組織を中心に、特に使用される機会の多い拳銃に装着する小型のビデオカメラの導入が模索されている[3]。これらの銃器装着型カメラも「ガンカメラ」と称される。

ストライクカメラ[編集]

爆撃機に装備されたもので、爆弾投下装置を作動させると連動して作動し、投弾目標地点を中心に捉えて投下されていく爆弾を撮影するものがあり、これらは「ストライクカメラ」(Strike camera)と呼ばれる。ストライクカメラはガンカメラ同様、爆弾投下の記録や効果判定に用いられる。これらは厳密には「ガン」カメラではないが、同様のものとして大量の記録映像が撮影された。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 第二次世界大戦になり航空機にロケット弾が搭載されるようになると、それらの発射と連動するようにもなった
  2. ^ 戦後70年 千の証言スペシャル 私の街も戦場だった TBSテレビ、2015年3月9日放送
  3. ^ “Police departments test gun-mounted cameras” (jp). PoliceOne. https://www.policeone.com/Officer-Safety/articles/257499006-Police-departments-test-gun-mounted-cameras/ 2017年8月23日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 中山 蛙/今井 今朝春:著 『軍用カメラ大図鑑』(ISBN 978-4766331929) 1996年
  • 中山 蛙/今井 今朝春:著 『軍用カメラ大図鑑〈Vol.2〉ドイツ軍用カメラ編』(ISBN 978-4766332063) 1997年
  • 安藤 嘉信:著 『クラシックカメラ博物館』(ISBN 978-4817920584) 日本カメラ社:刊 2003年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]