ガンカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホーカー ハンターの機首にある、G-10 ガンカメラの撮影孔

ガンカメラ英語:gun camera)は、軍用機などに取り付けられ、偵察や攻撃の記録などを行うムービーカメラのこと。

概要[編集]

軍用機に装備されている武装(機銃)と連動し、引き金を引く(機銃が発砲される)と自動的にカメラも作動して録画が開始される仕組みになっていた[1]。主に戦闘機が敵を撃墜したことの記録のために使われたり、実射を伴わない訓練での命中判定に利用される。

ガンカメラが初めて用いられたのは、航空機というものが登場して初めて戦争に用いられた第一次世界大戦のことで、イギリス空軍が本格的に採用した。広く導入され始めたのは1920年代で、盛んに使われ始めたのは第二次世界大戦においてである。アメリカ軍機に取り付けられ、敵機や地上設備・鉄道車両といった目標を機銃掃射などで攻撃している様子を写したガンカメラの映像は、史料映像として現在でもよく目にする。

当初は操縦席に小型の手持ち式ムービーカメラが持ち込まれ、操縦者が直接手に持つか、カメラを操縦席の一部に固定して用いていたが、操縦士が操縦・戦闘を行いながらカメラを操作することは困難が多いため、翼や胴体に内蔵できるようにした専用のものが開発された。軍用機の固定武装と置き換える形で、機銃の搭載位置にそのまま装備でき、機銃と同じ寸法と外装を持つようにデザインされたものも登場した。日本軍においては、翼上につける訓練用のものが、「写真銃」として小西六によって製造された。

現代においては戦闘機や攻撃ヘリなどの火器管制装置(目標に照準を合わせて武装を操作するための装置)それ自体が暗視装置他と複合されたテレビカメラと同様の機能を持っており、別個に録画装置があるのではなく、装置自体に録画機能があることが一般的である。

ストライクカメラ[編集]

爆撃機に装備されたもので、爆弾投下装置を作動させると連動して作動し、投弾目標地点を中心に捉えて投下されていく爆弾を撮影するものがあり、これらは「ストライクカメラ」 (Strike camera) と呼ばれる。ストライクカメラはガンカメラ同様、爆弾投下の記録や効果判定に用いられた。これらは厳密には「ガン」カメラではないが、同様のものとして大量の記録映像が撮影された。

脚注[編集]

関連項目[編集]