サーチャー (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

IAI サーチャー / IAI Searcher

IAI サーチャー Mk.II(スペイン陸軍)

IAI サーチャー Mk.II(スペイン陸軍

IAI サーチャー (IAI Searcher) は、1980年代後半にイスラエルイスラエル・エアクラフト・インダストリーズ (IAI)の無人機開発部門であるMAZLAT(現在はMALAT)によって開発され、1990年代よりイスラエル空軍および輸出先で運用されている軍用の多目的無人航空機 (UAV)である。1970年代末からイスラエル軍で運用されていた無人航空機であるタディラン マスティフおよびIAI スカウトが旧式化してきており、これらを約10年掛けて将来的に更新する目的で開発された。

尚、IAI サーチャーにはヘブライ語ではヤマウズラを意味する חוגלה (Hugla) という公式の愛称がつけられている他、非公式にアジサシの仲間を意味するמרומית (Meyromit) というニックネームも付けられている。


概要[編集]

IAI サーチャーは既に開発されていたIAI スカウトや、MAZLAT創設後に開発されたRQ-2 パイオニアとよく似た構造で、直方体のような形状の機体に長方形の直線翼を持ち、機首部分および機体下部には光学機材、機体の後部には推進用のプロペラを装備し(推進式)、尾翼はツインブームによって保持される(双胴機)構造となっている。ただし機体サイズは全幅・全長で約2倍、重量も約3倍程度の大きな機体となっている。これによりエンジン出力も強化されており、また飛行可能時間、到達高度も従来機を上回っている。

最初に開発されたサーチャー Mk.Iは1992年にイスラエル空軍の部隊に配備され[1]レバノン南部でのパトロール活動、治安維持活動に投入された[1]。この後IAIでは、1990年代中頃にハンター、およびヘロンといった機種の開発を行ったが、ハンターはアメリカ陸軍RQ-5として採用されたがイスラエル軍では採用されず、ヘロンがサーチャーの後継としてイスラエル軍に導入されたのは2005年以降になってからであった。

1998年になって、イスラエル軍はサーチャー Mk.Iの発展改修型として開発されていたサーチャー Mk.IIの導入を開始した[1]。サーチャーMk.IIは内部の電子機器類のアップグレードにとどまらず、機体寸法もやや巨大化されるなどされている[2]。サーチャーMk.IIの到達可能高度は6,000m、飛行時間は18時間に達し、地上管制システムとの通信距離は200kmで、悪天候でも飛行が可能である。また、万一地上管制システムとの通信が途絶した場合、自力で離陸地点に帰投する機能も持っている。サーチャーMk.IIはイスラエル軍に200機以上が導入されている他、インド軍が約100機を導入するなど、多数の国にも輸出されている。ロシアではサーチャーMk.IIを"フォルポスト" (Forpost)の名称でノックダウン生産している。

最新型のサーチャーMk.IIIは、サーチャーMk.IIを導入したスペイン陸軍の要求を元に改良されており、地上管制システムとの通信距離が250~300kmに延伸され、到達可能高度7,000m、飛行時間は20時間に達するとされている。サーチャーMk.IIIを導入しているのは2016年時点でスペイン陸軍のみである。

運用国[編集]

フォルポスト UAV
ロシアでのライセンス生産型
イスラエル空軍第200飛行隊英語版において1992年からサーチャーMk.I、1998年からサーチャーMk.IIを運用[3]。運用数は200機以上。第200飛行隊には2007年以降、IAI ヘロンも配備されている。
2012年にサーチャーMk.IIを5機導入[4]
2002年にサーチャーMk.IIを2機導入[5]
約100機のサーチャーMk.IIを運用しており、開発国イスラエルに次ぐ保有数である[2]。2002年6月7日にパキスタン空軍のF-16により1機が撃墜された。
スリランカ空軍第111飛行隊英語版がサーチャーMk.IIを運用。
2009年にサーチャーMk.IIを4機導入し、エクアドル海軍に配備された。2014年1月24日に1機が墜落した[6]
韓国空軍がサーチャーMk.IIを運用。
"フォルポスト" (Forpost)の名称でサーチャーMk.IIをノックダウン生産。2015年5月21日にロシア軍のフォルポスト 1機がウクライナ東部ドネツィク州アウディーイウカウクライナ政府側の部隊により撃墜された[7]
2017年1月よりフォルポストをベースにロシア製のコンポーネントのみを使用して近代化することが報じられており[8]、これはフォルポスト-Mと呼称される。フォルポスト-Mでは統一計器製造会社英語版製の情報記録装置、通信システム、ストラップ・ダウン慣性航法装置が装備され、数百km先より音声メッセージ、ナビゲーションデータ、画像、チャット形式のテキストダイアログを送信したり、同時に複数の通信チャネルを介してHD品質のビデオ画像を送信することが可能となる。また、地上の制御ステーションだけでなく、ヘリコプターを含む他の航空機や衛星などと直接通信することができ、センサーを使って集められた情報を評価し、リアルタイムにデータを地上または空中に中継することも可能とする。この改修機は2019年には完成する予定である[9][10]
シンガポール空軍がサーチャーMk.IIを運用[11]
スペイン陸軍が2007年に3機のサーチャーMk.II-Jおよび1機のサーチャーMk.IIIを導入し、アフガニスタンに派遣した[12]
タイ空軍がサーチャーMk.IIを運用[13]
トルコ空軍がサーチャーMk.IIを運用。

要目[編集]

サーチャー Mk.I[編集]

イスラエル空軍のサーチャーMk.I
テルノフ空軍基地での展示)

出典: [1]

諸元

性能

  • 最大速度: 198km/h
  • 最大上昇高度: 5,200 m


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

サーチャー Mk.II[編集]

シンガポール空軍のサーチャーMk.II

出典: [2]

諸元

性能

  • 最大速度: 200km/h
  • 最大上昇高度: 7,000 m


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]